【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. 韓国・釜山パラム
  4. チュカハムニダ☆釜山での祝いごと

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

韓国・釜山パラム

旅ブログ 海外ブログ
韓国・釜山パラム海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

チュカハムニダ☆釜山での祝いごと

2019年3月24日

長年、釜山に通っていると、釜山で結婚式やトルジャンチ(満一歳の誕生日)などの祝いごとに招待される機会も多いです。その大半が祝いごとの1〜2週間前、突然、カカオトークなどで電子招待状が届きます。お知らせがギリギリなのと電子招待状ということに、韓国らしさを感じます。ところが、2月のある日、釜山ドンセン(妹のような存在)が海雲台の私のホテルまで、封書を持ってやってきました。なんと彼女の結婚式の招待状。 韓国文化を現代的にデザインした美しい招待状と結婚の報告に、私も幸せな気分になりました。あらかじめ紙の招待状でというのも、初めての経験です。以前、釜山オンニ(姉のような存在)の娘さんの結婚式のときは、前夜に電話で知らされ、慌てて結婚式に参列しました。結婚式場での挙式の場合、式に参列し、各自、好きなタイミングで館内のレストラン(ビュッフェ)で食事をして帰るのが一般的。そのため、日本の披露宴のように事前に席を決める必要がないので、招待に対しての返答も不要です。結婚式場の受付には祝儀袋も用意されているので、当日、慌てて駆けつけてもOK。受付でお祝いを渡して記帳し、お返しにレストランの食事券(食事の時間がない場合、商品券)を受け取る形です。お祝いだけ置いて帰る人の姿も見かけます。色々な面で自由で合理的、韓国ならではのおおらかさを実感しています。

IMG_7543.jpg
☆うっとりするほど、すてきな招待状。大切に取っておきます

IMG_8143.JPG
☆ミヒャン、おめでとう〜!お幸せに♡

IMG_0514.jpg
☆婚礼用品をそろえるなら、釜山鎮市場とその界隈が定番です
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

桃井のりこ

桃井のりこ

プロデューサー・編集者。
2009年より「勝手に釜山PR大使」として活動を開始、2010年秋には釜山広域市より表彰を受ける。
フリーペーパー「釜山びより」「大邱びより」発行人。
小牧生まれの札幌育ち、東京在住。現在は東京と釜山を行ったり来たりの生活で、そして、マッコリが大好き。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ