【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. プラハの散歩道
  4. 城を守るためにつくられた橋塔

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
プラハの散歩道 海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

城を守るためにつくられた橋塔

2007年11月 5日

 カレル橋の両端にはそれぞれ塔がたっています。

 

tower.jpg 旧市街(スタレー・ムニェスト)側にあるゴシック様式の橋塔は1380年ころに完成しました。当時カレル橋はプラハのヴルタヴァ川にかかる唯一の橋で、ここをわたらないとプラハ城に行くことはできませんでした。

 

 このため、防衛上の理由から、カレル4世は門を閉じ、橋の通行ができないようにする塔の建築を命じたのでした。いまは門そのものは残ってはいません。

 

 塔の正面にはいくつかの彫刻で飾られています。上部にあるのは聖アルベルト像(左)と聖ジグムント像(右)、中央は聖カレル像(左)、聖ヴィート像(中)、聖ヴァーツラフ像(右)です。その下にはボヘミア王国の所領の紋章が並んでいます。

 

 これらの像は最近、修復されましたが、像だけ真っ白になって、ちょっと不評です。こうした像が黒ずむのは酸性雨の影響が強いのだそうです。

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ