【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. プラハの散歩道
  4. 橋塔のたもとの小さな店

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
プラハの散歩道 海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

橋塔のたもとの小さな店

2007年11月12日

 城下町(マラー・ストラナ)側には二つの橋塔があります。低いほうはカレル橋の前身にあたるユディタ橋の橋塔でした。高いほうは1464年の建立です。

 

doradora3.jpg この橋塔のたもとのあたりにドラ・ドラというガラス・ファイルで人気の店があります。ガラス・ファイルとはガラス製の爪研ぎのこと。チェコの特産品であるガラスを使った爪研ぎは、爪を痛めずに手入れができることから人気を集めています。プラハを訪れる日本人観光客にも、人気のおみやげアイテムです。

 

 店を営むモニカさん、もともとは会社勤めをしていたそうですが、35歳のときに「わたしは絵を描かなくては」と突然思い立ち、ガラス・ファイルに絵を描いたり、ビーズで飾り付けをしたりしはじめました。

 

 棚の一角に「KOBAYASHI」という名のちょっと変わった絵が描かれたガラス・ファイルが並んでいました。日本語で唯一知っている「KOBAYASHI」という言葉をこの特別なセレクションの名にしたといいますが、それが人の名前であることは知らなかったそうです。

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメント(4)

ガラスの爪とぎですか?ガラス細工はすきなのですが、爪とぎは知らなかったですね。
 画像が小さくてよく分かりませんがなかなか素敵な絵ですね。

 お土産にいいかもしれませんが、これは429ユーロですか?

シロヤギ | 2007年12月 6日 18:47

コメントありがとうございます。ガラスの爪研ぎはチェコならではのもので、おみやげとしておすすめです。チェコの通貨の単位はコロナといいまして、現在6円くらいです。

増田幸弘 | 2007年12月 6日 19:38

1コロナが6円ぐらいだとすると、3000円弱ぐらい。

かなりお買い得ですね。 お土産に最適。

シロヤギ | 2007年12月16日 17:53

ちょっと前までは5円だったのですが、コロナがいまとても強いです。
ガラスの爪研ぎはおみやげとしておすすめで、
女性に人気が高いようです。

増田幸弘 | 2007年12月16日 18:09

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ