【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. プラハの散歩道
  4. ジョン・レノンの壁

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
プラハの散歩道 海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

ジョン・レノンの壁

2008年11月17日

 チェコの日本大使館からナ・カンピェと呼ばれるブルタヴァ(モルダウ)川にある中洲にかけてのエリアは、マラ・ストラナと呼ばれています。

czech_20081117.jpg このあたりにはしっとりとした、プラハならではのたたずまいが広がっています。古い街並みがそのまま残っているため、映画のロケが街中でおこなわれたりもしています。

 そんな静かな一角を散歩していると、突然、落書きだらけの壁が現れます。この壁は「ジョン・レノンの壁」と呼ばれていて、ジョンの肖像やピースマークなどが壁一面に描かれています。

 この壁の歴史は意外に古く、1980年代にまでさかのぼります。ジョンを平和のシンボルと感じた若者たちが、共産体制下、非合法だったビートルズの世界を絵に託し、自由を夢見ました。

 絵は消しても消しても、次の日には絵で一杯になったといいます。こうした伝統はいまでも受け継がれ、自由にメッセージが落書きできることになっています。

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメント(2)

すばらしいね??

傍によって、見てみたい!

色んなメッセージや、思いが重なっていそうじゃないの?

いわなやまめ | 2008年11月19日 11:14

そうですね。世界中の言葉で書き込みがなされていますよ。

増田 幸弘 | 2008年11月19日 12:24

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ