【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. プラハの散歩道
  4. ミュシャのステンドグラス

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
プラハの散歩道 海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

ミュシャのステンドグラス

2010年5月24日

 プラハ城は数多くの建物から構成される複合建築です。大統領府であるとともに、世界中からおおぜいの観光客が集まるプラハでいちばんの観光スポットでもあることがそれを物語っていると思います。

czech_20100524.jpg.jpg プラハ城のなかでもひときわ高くそびえ、街のランドマークともなっているのが聖ヴィート大聖堂です。10世紀に建てられた教会がもとになり、14世紀に皇帝カレル4世によってゴシック様式に建て替えられました。

 この大聖堂を一目見ようと、毎日のように観光客が行列をなしています。時間帯によっては、かなり並ぶことになります。中に入ると石造りの建物ならではのひんやりとした空気に包まれ、荘厳な雰囲気に満ちあふれています。

 ステンドグラスから射し込んだ光が落とす色づいた影にはなんとも美しいものがあります。聖ヴィート大聖堂の数あるステンドグラスのなかでもひときわ異彩 を放ち、一度見たら忘れることができないほど強いインパクトをもっているのがアルフォンス・ミュシャが作成したものです。

 ミュシャはパリでアール・ヌーヴォー様式のポスター作家として大きな成功をつかんだあと、プラハに戻り、チェコの歴史をテーマにした作品づくりに没頭し ます。このステンドグラスのテーマはた聖ツイリルと聖メトディウスです。この聖人はチェコにキリスト教をもたらしたことで知られています。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメント(8)

写真でも、見事なのだから、実物はすごいだろうな。

深いブルーに惹かれます。

いわなやまめ | 2010年5月24日 12:50

世界中の数あるステンドグラスのなかでも、とくに印象的な作品だと思います。

増田 幸弘 | 2010年5月24日 14:37

本当に素敵な作品ですよね。
私は、この空間に流れる雰囲気も好きでした。
淡い明かりが緊張感とリラックスとが共存して
いるしている気がしました。

とも | 2010年5月28日 22:01

こんにちは。ぼくははじめて見たときから目に焼きついて離れないのですよ。つい見に行きたくなります。

増田 幸弘 | 2010年5月29日 03:57

はじめまして
土曜日からプラハ入りします。
現在異常気象でとても寒いと聞いたのですが、
どのような格好をしたらいいか教えていただけませんか?
よろしくお願い致します。

こちらのステンドグラスは絶対に観に行こうと思っています!

ようこ | 2010年6月 3日 12:47

こんにちは。たしかに寒く、雨ばかり降っています。かといってセーターが必要なほどではなく、少し厚手のジャンパーを用意して、必要に応じて脱ぐぐらいがよいのではないでしょうか。よい旅になることを!

増田 幸弘 | 2010年6月 3日 13:55

お返事ありがとうございます!
いよいよ明日からです。※定時に仕事が無事終わりますよ?に…

来週もお天気があまりよろしく無いようで、晴れ女パワーでなんとかならんものかと思っています。
石畳に雨が光るのも素敵ですが、やはりあのオレンジの町並には青空があって欲しい…

ようこ | 2010年6月 4日 12:41

今日から快晴になりました。予報によると日曜日まではもつようで、いらっしゃるときには晴れ間も楽しめるかもしれません。“晴れ女パワー”がとどいたのかもしれませんね:)

増田 幸弘 | 2010年6月 4日 13:36

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ