【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. プラハの散歩道
  4. ピルスナーの生まれ故郷

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
プラハの散歩道 海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

ピルスナーの生まれ故郷

2010年7月26日

 普段飲まれている黄金色のビールのことをピルスナーといいます。キリンもアサヒもサッポロも、銘柄はちがってもこのピルスナータイプが基本です。このビールの生まれ故郷がチェコのピルゼン(プルゼニュ)です。

czech_20100726.jpg ピルスナー・ウルケルはチェコを代表するビールであり、「元祖ピルスナー」です。ピルスナー・ウルケルは「ピルゼンの源泉」を意味しています。深いコクときれのよさは元祖なだけはあります。

 本場のピルスナーをぜひ味わいたいという観光客が世界中からピルスナー・ウルケルの工場を詣でます。工場のガイドツアーをおこない、ビールづくりの秘密を見てみたいという愛好家の思いに応えています。

 このガイドツアーの目玉は、地下室でむかしながらの手法でつくられるビールのテイスティングです。木樽から直接グラスに注がれるビールは、身体にしみいるようなおいしさ。思わず一気に飲み干し、つい「もう一杯!」とグラスを差し出してしまうことでしょう。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメント(6)

参ったな?

我がT市は、全国を「最高気温」で連日賑わしています。

で、ピルスナー記事!

まったく、この文章、ビールの旨そうなこと!!

いわなやまめ | 2010年7月27日 06:55

日本はずいぶん暑そうですね。工場ツアーで飲むビールはほんとうにおいしいですよ!

増田 幸弘 | 2010年7月27日 13:32

チェコが、黄金色のビールのふるさとなのですね。
以前、銀座に「ピルゼン」というビアホールがあったでしょう?
てっきりドイツの地名かと思っていました。
チェコだったのですね。

それにしても、カワイイ工場。童話に出てくる工場のようです。
この紹介を読んだら、工場見学をして、なんとしても、そのビールが飲みたくなりました。

チャンス | 2010年7月27日 15:08

ピルゼンという地名はこの街のドイツ名で、チェコ名はプルゼニュといいます。かなり大きな工場で、ここで飲むビールは実においしく、20年ほど前、はじめていったとき、一気に飲み干し、すかさずおかわりをして、大笑いされたのを覚えています:)

増田 幸弘 | 2010年7月27日 16:11

できたてのビールおいしいんでしょうね。ぜひ、現地工場で飲んでみたいものです。羨ましい限りです。ここ火の国では連日猛暑が続いております。

かつ | 2010年7月29日 22:20

当地も今年の夏はとても暑い日々が続いていましたが、ようやく一段落しました。工場で飲むビールは本当においしいですよ!

増田 幸弘 | 2010年7月29日 22:55

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ