【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. プラハの散歩道
  4. ドイツ風の街並みが広がるヘプ

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
プラハの散歩道 海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

ドイツ風の街並みが広がるヘプ

2010年8月30日

 チェコの西端にヘプという街があります。ドイツとの国境に近いこともあり、街の中心部にはドイツ風の建物が軒を連ねています。実際、もともとはドイツ系住民が多く住む街で、エーガーと呼ばれていました。

czech_20100823_2.jpg 旧市街の中心にはイジホ・ズ・ホデェブラッド王広場という細長い広場があります。市庁舎など見応えのある建物はこの広場の周辺に集まっています。

 なかでも「シュパリーチェク」と呼ばれるゴシック様式の建物群は美しいです。真ん中に細い路地が通じた二つの建物群からなり、13世紀にさかのぼります。一時期はユダヤ人の商店があったとも伝わりますが、現在はカフェなどが入っています。

 聖ミクラーシュ教会の尖塔は、プラハのティーン教会の尖塔にどことなく似ています。生活感のある路地の散策もおもしろく、ドイツからプラハに行く際、ぶらり途中下車をしてみてもよいかもしれません。プラハからは電車で3時間ほどです。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ