【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. Fromグアム I AM GU〜AM!
  4. 小さな旅☆グアム南部を訪ねる

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
Fromグアム I AM GU〜AM!海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

小さな旅☆グアム南部を訪ねる

2012年6月 1日

 

淡路島ほどの大きさのグアム島。観光客の多い中心部タモンより車で40〜50分ほど南下すると、グアム最高峰ラムラム山(406m)をはじめ、赤土の山々が連なります。海も空気もきれいで田舎の雰囲気が味わえ、道路沿いの木々の種類も一変。メリッソのあたりには、中心部とはまったく違う速度で時が流れています。300年以上にわたるカソリック大国スペイン支配の名残りからか、マゼラン寄港以降、多くの宣教師達がこの島にも布教のために立ち寄り、現在でもカソリック信者が多く暮らします。そのため、島のいたるところに人々の精神のよりどころとなる教会堂が立ち並びます。グアム首都のアガニャ大聖堂にはグアムの守護聖人「聖母マリア・カマリン」が祀られていますが、そのカマリン像はグアム南部のメリッソ海岸でカニの背中に乗って流されているところを漁師が発見したと、言い伝えられています。このメリッソはスペイン風の民家やグアム最古の僧院など、見どころも多い村です。

そして、グアム南西部のメリッソ村から、さらに車を進めると南東部のイナラハン村に到着します。このイナラハン村にも、聖ヨセフ教会やそのほか、スペイン時代を彷彿させる古民家が残っています。火山活動や荒波の浸食によって、サンゴや岩が囲い込むように海水をせき止めできた天然プールもあります。サンゴや岩の向こうに広がる太平洋の荒波と対照的な静けさをたたえる天然プールは、イナラハンでしか見られないステキな風景です。

 

マリア像_300.jpg

 

★カマリン像が発見されたといわれる海岸地区の公園

 

 修道院ななめ_300.jpg

 ★1856年創建、グアム最古の僧院「エル・コンベント」

 

 

メリッソベルタワー_300.jpg

 

★メリッソ村には 1917年建造の趣きある鐘楼も

 

 

イナラハン_300.jpg

 

 

 

★自然の造形美が魅力のイナラハンの海
 
天然のプール_300.jpg

 

 

 

 

 

★潮騒が心地よい天然プールもイナラハンの名所
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 


 

 
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

桃井智子

元ツアーコンダクター。
2009年12月、思いがけずグアムへ移住することに。
以来、島でのスローな生活を楽しみつつ、ときおり、リゾート地ならではのおしゃれなレストランやバーの雰囲気も満喫。自宅ではマクロビオテック料理を作っている。
趣味は料理、ボタニカルアート、ヨーガ、マラソン、絵画鑑賞。
アクティブシニアをターゲットに、「スロートラベル」がコンセプトのコンドミニアムを開くのが夢。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ