【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. Fromグアム I AM GU〜AM!
  4. グアムのアデラップ岬へ

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
Fromグアム I AM GU〜AM!海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

グアムのアデラップ岬へ

2012年7月17日

グアムの景勝地として知られるアデラップ岬。ここにはたくさんの見どころがそろっています。まずは、アメリカ合衆国準州であるグアムにて、公選で選ばれた知事が内政執行にあたっている知事邸(ガバナーズハウス)。ここは1975〜1979年就任のグアム知事にちなみ、リカルド・J・オダリオ・ガバナーズコンプレックスとも呼ばれています。アデラップ岬に面し、見晴らしも雰囲気も抜群です。観光地となっているので気軽に敷地内に入り、平日に行なわれる国旗と自治領旗の掲揚を見物できます。また、高台には大砲が並び、太平洋戦争時の激戦の様子を伝えています。そして、ラッテストーン(グアムや北マリアナ諸島先住民族チャモロが作った、建物の土台説や墓石説がある謎の遺跡)をかたどった、約15mの高さの展望台もおすすめです。これは建国200年を記念して1976年に作られたもので、グアム定番の観光スポット恋人岬やウルナオ岬を見渡せます。そのほか、チャモロ文化センターなどもあります。

 

 

ガバナーズルーム_300.jpg

 

 

★手彫りの装飾が施された知事執務室の扉

 

 

 

大砲_300.jpg

 

★美しいグアムの海を見下ろす、高台の大砲

 

 ラテストンの展望台_300.jpg

 ★ユニークな形状が印象的。ラッテストーンの展望台

 

 

 

 

ここグアムでは、国家元首アメリカ大統領の下、立法院のみの一院制の議会を形成しています。その議員選が9月に行なわれるため、最近、いたるところで選挙の看板が目に付くようになりました。先日も、少々気の早い候補者が大型ショッピングモールの交差点で、手を振っていました。

 

かんばん_300.jpg


 

★町中に増えてきた選挙用看板

 

 

 
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

桃井智子

元ツアーコンダクター。
2009年12月、思いがけずグアムへ移住することに。
以来、島でのスローな生活を楽しみつつ、ときおり、リゾート地ならではのおしゃれなレストランやバーの雰囲気も満喫。自宅ではマクロビオテック料理を作っている。
趣味は料理、ボタニカルアート、ヨーガ、マラソン、絵画鑑賞。
アクティブシニアをターゲットに、「スロートラベル」がコンセプトのコンドミニアムを開くのが夢。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ