【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. Fromグアム I AM GU〜AM!
  4. 第3弾☆ラッテストーンを探せ!

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

  • ブラチスラヴァ便り
  • Fromグアム I AM GU〜AM!
  • 韓国・釜山パラム

旅ブログ 海外ブログ
Fromグアム I AM GU〜AM!海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

第3弾☆ラッテストーンを探せ!

2016年6月 8日

このブログでも何度か取り上げている、グアムのシンボル「ラッテストーン」。これはキノコのような形状の石柱で、先住民族チャモロの高床式住宅の柱として使われていたというのが有力な説です。ハガニア地区のスペイン広場のすぐ近くに「ラッテストーン公園」があります。園内にはラッテストーンの遺跡が残され、間近に見ることができます。ふだん、グアムを歩いていると、ラッテストーンを象ったオブジェや商品が目に入ります。キュートだったり、ユニークだったりで、思わず写真を撮ってしまいます。みなさんも島内で「隠れ?ラッテストーン」を探してみませんか。

kinoko.jpg

☆まずはラッテストーン公園で実物のラッテストーンを見学

kanbantate.JPG

☆PICホテルの水牛の看板台にもさりげなくラッテストーンが使われています

bokinmbakp.JPG

☆太平洋戦争 国立歴史公園博物館内の募金箱のデザインもラッテストーン

latrtwolovers.JPG

☆恋人岬の幸せの愛の鐘(伊豆の土肥町寄贈)の案内板にも!

miyagelate.JPG

☆ラッテストーンの工芸品、日本まで持ち帰っては?

sizennnolatre.JPG

☆南部の路肩のオブジェもラッテストーンを意識して?

 

 

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

桃井智子

元ツアーコンダクター。
2009年12月、思いがけずグアムへ移住することに。
以来、島でのスローな生活を楽しみつつ、ときおり、リゾート地ならではのおしゃれなレストランやバーの雰囲気も満喫。自宅ではマクロビオテック料理を作っている。
趣味は料理、ボタニカルアート、ヨーガ、マラソン、絵画鑑賞。
アクティブシニアをターゲットに、「スロートラベル」がコンセプトのコンドミニアムを開くのが夢。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人編集部 @buratto_tabi