【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. Fromグアム I AM GU〜AM!
  4. グアムの水牛カラバオ(第4弾)

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
Fromグアム I AM GU〜AM!海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

グアムの水牛カラバオ(第4弾)

2020年3月 7日

何度も何度も当ブログでも紹介している、グアムの水牛カラバオ。新規で可愛い!?カラバオの写真がたまったので、第4弾でお伝えします。先住民族チャモロの高床式住宅の石柱として使われたといわれる「ラテストーン」同様、グアムのキャラクターのひとつになっているカラバオ。その名はフィリピンのタガログ語からのもので、スペイン植民地時代には農耕用として使われ、現在も南部で活躍。だんだん数も減ってきているようなので、グアム南部で見かけたら、ぜひ、フォトストップしてください。 もちろん、街の中でもカラバオキャラクターと対面できます。

caravap  ap wall.jpg
☆グアム到着時、入国審査場に向かう前に壁に掲げられたカラバオがお出迎え

calabao airport.JPG
☆グアム空港の出発ロビーでは、勇ましく優しい目のカラバオがお見送り

hilton caravao.jpg
☆ヒルトンホテル前のカラバオ。庭の中に自然な姿で置かれています

karava dia.jpg
☆DFS Tギャラリアの顧客専用ラウンジ(ダイアモンド会員専用)のカラバオ。美しい!

noukou PIC.jpg
☆スペイン植民地時代、農耕目的で連れてきたカラバオの様子

village calabao.jpg
☆Yona vil.の中心に置かれている巨大なカラバオ。なかなかの迫力!
IMG_0808.jpg
☆カラバオを日本までお持ち帰りも可能です!(恋人岬売店にて発見)








.







← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

桃井智子

元ツアーコンダクター。
2009年12月、思いがけずグアムへ移住することに。
以来、島でのスローな生活を楽しみつつ、ときおり、リゾート地ならではのおしゃれなレストランやバーの雰囲気も満喫。自宅ではマクロビオテック料理を作っている。
趣味は料理、ボタニカルアート、ヨーガ、マラソン、絵画鑑賞。
アクティブシニアをターゲットに、「スロートラベル」がコンセプトのコンドミニアムを開くのが夢。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ