【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. Fromグアム I AM GU〜AM!
  4. グアムで一番おいしい魚の食べ方

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
Fromグアム I AM GU〜AM!海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

グアムで一番おいしい魚の食べ方

2020年3月14日

海に囲まれたグアムでは、南国ながらも「シーフードを食べたい!」というツーリストが目立ちます。実際にはタモンやタムニングのレストランでは、獲れたての新鮮な地魚を出すところはほとんどありません。地元の人が利用するフィッシュマーケットで魚介類を購入し、コンドミニアムで調理というのもツーリストには不便なので、奥の手をご紹介します。新鮮な魚をアガニアやアガットの水産市場で入手し、アガットのマリーナグリルに持参すると、25ドルでシェフがお好みのスタイルに調理してくれます(一皿につき25ドル。たとえば、フィッシュパスタを注文すれば、魚以外の材料もこの価格に含まれます。グリルなら付け合わせの野菜が含まれます)。レンタカーがあれば、ぜひ、アガットへ。「自身で魚を選び、それを堪能する」という経験は、グアムの旅をより充実させてくれるはずです。

entrance.jpg
☆1号線を南下してアガットの町に入ると、左側に小さなフィッシュマーケットがあります

sale.jpg
☆素朴な青い看板が目印です

shoping.jpg
☆地元の人が釣れた魚を売りに来たり、買いに来たりしています

fishs.jpg
☆新鮮な地魚がずらり。内蔵処理なども無料でしてくれます

fish.jpg
魚は1ポンド(453グラム)が6.99〜7.49ドルの量り売りです

smoke.jpg
☆店の裏のスモーカーで作る自家製の燻製も販売!おみやげにもおすすめ

grill.jpg
☆アガットマリーナにあるマリーナグリル。11:00〜21:00(土日は9:00〜)、☎︎671-564-0215

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

桃井智子

元ツアーコンダクター。
2009年12月、思いがけずグアムへ移住することに。
以来、島でのスローな生活を楽しみつつ、ときおり、リゾート地ならではのおしゃれなレストランやバーの雰囲気も満喫。自宅ではマクロビオテック料理を作っている。
趣味は料理、ボタニカルアート、ヨーガ、マラソン、絵画鑑賞。
アクティブシニアをターゲットに、「スロートラベル」がコンセプトのコンドミニアムを開くのが夢。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ