【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. Fromグアム I AM GU〜AM!
  4. 美味!グアム産エビ

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
Fromグアム I AM GU〜AM!海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

美味!グアム産エビ

2020年5月22日

2001年より、グアム大学では政府とタイアップして養殖研究を行なっているそうです。将来的には大きなビジネスにもなるとの期待もあるエビの養殖ですが、ハガニアのFishmans Coopで、運が良いとこのグアム産のエビが購入できます。海水で育つとシュリンプ、淡水で育つとプラウンと名が変わるエビですが、こちらグアム産は海水での養殖がメインの様でシュリンプ表示です。キッチン付きのコンドミニアム以外はツーリストの方には難しいかもしれませんが、ホテルや有名レストランでも取り扱いがあるので、シェフに確認してグアム産であれば、ぜひ味わっていただきたい逸品です。

IMG_1435.jpg
☆ハガニアのチャモロビレッジのすぐそば。新鮮な魚がウリのFishmans Coop

IMG_1438.jpg
☆Fishmans Coopに貼られるポスター。ジーゴ東海岸のファディアン養殖場からの抗生物質や薬剤を使わないジャンボシュリンプです

IMG_1455.jpg
☆1ポンド購入して、9尾で17ドルでした。自宅で広げるとまだ生きていました!

IMG_1465.jpg
☆シンプルに蒸したりグリルして、ソルト&ペッパーでいただきました!

IMG_6945.jpg
☆グアム大学海洋学部マリンラボラトリーでは様々な研究が行なわれ、魚やエビの養殖にも力を入れて取り組んでいるそうです。ちなみにエビや魚の養殖場はジーゴ北部に、農業試験場はイナラハン南部にあります












← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

桃井智子

元ツアーコンダクター。
2009年12月、思いがけずグアムへ移住することに。
以来、島でのスローな生活を楽しみつつ、ときおり、リゾート地ならではのおしゃれなレストランやバーの雰囲気も満喫。自宅ではマクロビオテック料理を作っている。
趣味は料理、ボタニカルアート、ヨーガ、マラソン、絵画鑑賞。
アクティブシニアをターゲットに、「スロートラベル」がコンセプトのコンドミニアムを開くのが夢。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ