【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. Fromグアム I AM GU〜AM!
  4. グアムでイタロアメリカ―ノ

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
Fromグアム I AM GU〜AM!海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

グアムでイタロアメリカ―ノ

2021年1月 8日

移民の国アメリカ合衆国。総人口の6%を超えるイタリア系移民(イタロアメリカ―ノ)は、南北戦争時代からの歴史があります。とくに初期の南イタリアからの移民は食品関係の職からスタートしているため、アメリカでのイタリアンレストランやイタリア食材(おもに調味料)の充実ぶりは、イタリアをよく知る私を喜ばせてくれます。グアムでも本土から食材が届くスーパーマーケットでは、そんなイタロアメリカ―ノが手掛ける食材が充実。イタリア本国と比べると味も質も劣るとはいえ、品ぞろえは驚くべきものです。
ちなみに真珠湾攻撃後、多くの日系人が強制収容所に入れられ、日独伊同盟のイタリア系アメリカ人は一部を除き収容所に送られなかったようです。ただ、イタリア系2世の男子が軍隊に志願した場合、日系2世兵同様に最前線へ送られたとも聞きます。アメリカに住み、移民の歴史に興味を持った私にとって、イタリアでの旅は歴史や文化、宗教、食やファッションなど、それ以上に2世兵が米国への忠誠を示すために最前線で戦った史実に惹かれるようになりました。
今日もグアムでイタリアを思い、自宅でイタロアメリカ―ノを味わいます。

chhees.jpg
☆本場にはかなわぬ味でも3〜6ドルで、イタロアメリカーノのフロマッジョが入手できます

salami.jpg
☆サラミやプロシュートはイタロアメリカ―ノ式で大量生産の品が並んでいます

garlic.jpg
☆ニンニクは約500gで$5.49。イタリア料理に欠かせないので助かります

balsamico.jpg
☆本場モデナから輸入のバルサミコ。$43.99の品は眺めるだけですが手ごろな品も美味

passaaa.jpg
☆パスタコーナーは圧巻の品ぞろえ。いつもあれこれ迷います

oil.jpg
☆オリーブオイルもDOCG制度のあるイタリア。グアムで扱いはなくイタロアメリカーノが並びます

harb.jpg
☆家庭で作るイタリア料理に、こういったハーブ類が役立ちます

pesttoo.jpg
☆カリフォルニア産のペーストソース。州の銘産アーモンドで作られています。$4でした

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

桃井智子

元ツアーコンダクター。
2009年12月、思いがけずグアムへ移住することに。
以来、島でのスローな生活を楽しみつつ、ときおり、リゾート地ならではのおしゃれなレストランやバーの雰囲気も満喫。自宅ではマクロビオテック料理を作っている。
趣味は料理、ボタニカルアート、ヨーガ、マラソン、絵画鑑賞。
アクティブシニアをターゲットに、「スロートラベル」がコンセプトのコンドミニアムを開くのが夢。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ