【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. Fromグアム I AM GU〜AM!
  4. グアムの洞窟壁画

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
Fromグアム I AM GU〜AM!海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

グアムの洞窟壁画

2021年4月11日

添乗員時代、実物を見ることはできませんでしたが、旧石器時代末期のクロマニョン人によって描かれたスペインのアルタミラ洞窟壁画、フランスのラスコー洞窟壁画のバイソンや鹿やイノシシなどの動物の図柄モチーフが好きで、古代ロマンへ思いを馳せていました。
先日、グアム南部のイナラハンに3000年近く前に描かれたという洞窟壁画が残っていると聞き、さっそく出かけてみました。旧石器時代末期の洞窟壁画と比べると、まだまだ新しいとはいえ、3000年近く前に描かれた壁画を間近で見られることはとても魅力的です。先住民族チャモロの人々によって伝承された伝説はいくつもありますが、イナラハンの洞窟壁画にイナラハンのガダオ酋長の伝説が残されています。(北のマラグアナ酋長と南のガダオ酋長で、最強の男を競う力較べを行ない、最終的に平和に勇敢に共栄した)
長い年月荒波にさらされ削られた岩場を進み幅3m、高2m、深さ6mの洞窟内に入ると大小さまざまな20以上の絵や幾何学的な文様を見ることができます。白い珊瑚石灰と樹液の混合物でエッチングされ、洞窟内に奇跡的に残っています。
この様な遺跡は、今も島北部などにも数カ所残っていますが、「かっては、あらゆる場所に描かれていたのだろうなぁ」と、いにしえのロマンの世界に浸り、しばしガダオ洞窟の中に佇みました。
難易度の高いハイキングではないので、ツーリストの方にも、ぜひ訪れていただきたいです。

michi.jpg
☆静かなジャングル内を森林浴しながら海へと進みます

fuuka.jpg
☆ハイキングを続けると、潮騒の音と凝灰珊瑚石灰岩が迫ってきます

cave.jpg
☆美しい海を横目に、岩肌を露出した岸壁を伝い歩きしながら前方の洞窟へと進みます

cave in.jpg
☆身をかがめて洞窟内に入ると...

gyao.jpg
☆棒状の二人の人間は伝説のイナラハンの酋長ガダオと北のマラグアナ酋長とも考えられています。そのほか、幾何学的模様や動物のような模様も見られます

wow.jpg
☆一番右端は私には、亀のモチーフの様にも感じられました

statue.jpg
☆北の酋長との勝負の伝説で、一隻のカヌーで互いに反対方向に船を漕ぎ、真二つに割れ、勇敢にそのまま漕ぎ続けるガダオ酋長の様子を現す銅像。イナラハンの村の入り口にあります
























← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

桃井智子

元ツアーコンダクター。
2009年12月、思いがけずグアムへ移住することに。
以来、島でのスローな生活を楽しみつつ、ときおり、リゾート地ならではのおしゃれなレストランやバーの雰囲気も満喫。自宅ではマクロビオテック料理を作っている。
趣味は料理、ボタニカルアート、ヨーガ、マラソン、絵画鑑賞。
アクティブシニアをターゲットに、「スロートラベル」がコンセプトのコンドミニアムを開くのが夢。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ