【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From札幌 広々ビックリ北海道だ!!
  4. 中国菜家 季璃香

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

ブログ 観光地ブログ

旅ブログ 観光地ブログ
From札幌 広々ビックリ北海道だ!! 観光地ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

中国菜家 季璃香

2010年11月 4日

sasuke01.jpg

10月24日、ザ・グレートサスケさんよりメールあり、プロレス団体「ノア」の札幌での試合にゲスト参加するということで早速観戦。若きマスクマン、剣舞(けんばいと読むそう)くんとのタッグで「第4回日テレ杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦」に参戦するサスケさんは、前にお会いした時より体重を10キロ絞り、よりスピーディーな試合を見せてくれた。

 

sasuke02.jpgsasuke03.jpg

 

 

試合後、サスケさん、剣舞くんを誘い、友人たちとともに札幌は裏参道にあるプロレス好きな店主、よっちゃんのいるお寿司やさん「鮨和」へ向かう。よっちゃんは学生時代、柔道部から野球部(キャッチャー)へ転身した、マンガの「ドカベン」そのもののような人。ボクとよくプロレスの話をしつつ、お互い腰痛というウィークポイントを抱え、それでいていつか日本武道館で勝負しようとほざくプロレスフリークなのだ。さすがプロレスラー2人を含む5人のグループだけあり、店のシャリを全て食べ尽くして、ススキノの居酒屋へさらになだれ込むのだった。

 

 

sasuke04.jpg

さて、札幌都心部で今最も話題を集めているのが、大通公園に面したカドに新しく誕生したビル、「大通ビッセ」だ。もともとは、かつての北海道拓殖銀行本店のビルがあった、札幌人にとって最も記憶に残る場所で、現在は1Fに北洋銀行、2Fに大和証券、3F、4Fにはテナントが数軒入っており、ランチタイムには周囲のビジネスマンなどで飲食店には行列ができることも珍しくない。

 

 

sasuke05.jpgsasuke06.jpgsasuke07.jpg

 

 

なかでも4F中国菜家「季璃香(きりか)」は1時間待ちと札幌では珍しい超行列状態になる。「そんなんだったら、いつになったら食べられるんだよ―!」とグルメ本などの著作もあるFM北海道食通パーソナリティー水本香里さんにメールし、ディナータイムに予約を入れていただいた。

 

 

sasuke08.jpgsasuke09.jpgsasuke10.jpg

 

 

5500円(税込)のコースの前菜はカルトメニューにもある「九龍(クーロン)前菜」。オーナーシェフ石井登さんのコレクションでもある器に合わせ、9種類の前菜が並ぶように受け皿をオーダー。このつかみともいえる前菜に始まり、あとは石井さん独特のオリジナリティーあふれる料理の世界に突入。誰もが石井ワールドのとりこになってしまうのだ。もちろん景色も最高、札幌へ来る時は、まず予約してみるのがいいかも。

 

 

sasuke11.jpgsasuke12.jpg

 

 

中国菜家 季璃香
札幌市中央区大通西3丁目7番地大通ビッセ4F
TEL:011-219-2180
URL:www.kirica.jp

 

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

浅井 精一

いつのまにかすっかりオヤジになってしまったことに気がついた昭和34年生まれの男。函館出身で母校の函館西高の大先輩が北島三郎、一年後輩が辻人成(といっても面識は無い)。札幌の大学を卒業後、タウン誌編集や10年以上ホテルマンを経験するなどして、現在は編集プロダクション(株)カルチャーランド(札幌・社員24人)代表。手塚治虫マニアであること、昭和40年代のプロレスファンであることで、ごく一部に有名。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ