【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From札幌 広々ビックリ北海道だ!!
  4. 美唄は美唄焼鳥とアルテピアッツァ

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

ブログ 観光地ブログ

旅ブログ 観光地ブログ
From札幌 広々ビックリ北海道だ!! 観光地ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

美唄は美唄焼鳥とアルテピアッツァ

2015年9月23日

札幌から車で約60分。かつては日本有数の炭鉱都市だった美唄(びばい)に来た。美唄といえばまず頭に浮かぶのは、美唄焼鳥。炭鉱夫やその家族を含め約10万人もの人が生活していた美唄。

bi1.jpg

当時の炭鉱夫たちが塩味の効いた焼鳥を好んで食べていたことから、本場美唄だけではなく、札幌はもちろん、道内の地方都市などで美唄焼鳥の名店が、ちょっとしょっぱいっしょ!といいたげに、ビールにしっくり合う美唄焼鳥を販売している。

bi2.jpg

たいていの場合、1本、2本ではなく、5本、10本とオーダーしているケースが多い。確かにこの塩味は、ジャンキーでクセになり、思わず大量に食べてしまうのだ。

bi5.jpg

そんな美唄焼鳥の街・美唄市にある野外彫刻公園がアルテピアッツァ美唄だ。美唄出身のイタリア在住彫刻家、安田侃(やすだ・かん)氏の大理石やブロンズ作品約40点が展示されている。

bi3.jpg

木造2階建ての古い小学校校舎があり、ギャラリーと一部幼稚園として利用されている。この校舎でかつて過ごした人々が、故郷を懐かしみ、遠くから訪れることも少なくない。

bi7.jpg

1950年に開校した美唄市立栄小学校では、ピーク時には1250人の児童が学び、閉山による生徒減少のために閉校。今は思い出を伝え、アートを感じさせるスペースになっている。ぜひ足を運んでほしい懐かしさを感じさせる空間なのだ。

bi6.jpg

アルテピアッツァ美唄 美唄市落合町栄町 TEL&FAX 0126‐63‐3137
 

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

浅井 精一

いつのまにかすっかりオヤジになってしまったことに気がついた昭和34年生まれの男。函館出身で母校の函館西高の大先輩が北島三郎、一年後輩が辻人成(といっても面識は無い)。札幌の大学を卒業後、タウン誌編集や10年以上ホテルマンを経験するなどして、現在は編集プロダクション(株)カルチャーランド(札幌・社員24人)代表。手塚治虫マニアであること、昭和40年代のプロレスファンであることで、ごく一部に有名。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ