【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From札幌 広々ビックリ北海道だ!!
  4. 日本で一番寒い町の道の駅に寄ったのだ

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

ブログ 観光地ブログ

旅ブログ 観光地ブログ
From札幌 広々ビックリ北海道だ!! 観光地ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

日本で一番寒い町の道の駅に寄ったのだ

2021年1月25日

北海道東部のほぼ中央にある小さな町・陸別町。マイナス30度にもなる日本で一番寒い町として、

よくTVニュースで見かけることがある。

濡れたタオルが一瞬のうちにつらら状態になってしまうシーンは極寒の日の定番になっている。

1226日、石北峠のホワイトアウト状態を抜け、北見市に到着。

北見はカーリングのロコ・ソラーレでも知られるようになった町だ。

翌日27日は東京オリンピックのメダルケース制作を担当することになった

北見市から車で30分ほどにある津別町の木工会社を取材。

その後によったのが、国道242号沿いにあり旧ふるさと銀河線の駅と道の駅を兼ねた、

道の駅「オーロラタウン93りくべつ」だ。

IMG_2379.JPG

前日の猛吹雪に比べると良い天気とはいえ、この寒い中、意外なほど地元の人たちが来ていて驚いた。

ここには知る人ぞ知る、映画「幸せの黄色いハンカチ」の映画カンバンや写真などが展示されていて、

同映画ロケ地の一つだった陸別町のメモリアルスペースになっている。

IMG_2374.JPG

IMG_2375.JPG

 ここで初めて知ったのが、関寛斎資料館というスペースがあり、

北海道開拓に尽力した関寛斎の歴史を伝えている。

IMG_2381.JPG

もともと関寛斎は徳島県に招かれて侍医になり、戊辰の役では奥羽出張病院頭取として活躍し徳島医学校の創設に力を注ぎ、

海軍病院や山梨県立病院を経て徳島に戻り開業。

その後、日本の産業発展に必要な地として注目されていた北海道開拓に70歳で挑戦したというすごい方だったようだ。

そして道の駅の横には、ふるさと銀河線りくべつ鉄道の観光列車がある(大人300円、乗車時間は15分程度)。

IMG_2371.JPG

この列車に描かれているのがオヤジ世代には懐かしい漫画「銀河鉄道999」のメーテルと鉄郎なのだ。

IMG_2372.JPG

小さいながらも、いろいろ楽しめそうな道の駅「オーロラタウン93りくべつ」。

冬の寒さも楽しめそうな道の駅だ。

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

浅井 精一

いつのまにかすっかりオヤジになってしまったことに気がついた昭和34年生まれの男。函館出身で母校の函館西高の大先輩が北島三郎、一年後輩が辻人成(といっても面識は無い)。札幌の大学を卒業後、タウン誌編集や10年以上ホテルマンを経験するなどして、現在は編集プロダクション(株)カルチャーランド(札幌・社員24人)代表。手塚治虫マニアであること、昭和40年代のプロレスファンであることで、ごく一部に有名。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ