【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From札幌 広々ビックリ北海道だ!!
  4. 伝統と個性が生きた絶妙日本料理の店

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

ブログ 観光地ブログ

旅ブログ 観光地ブログ
From札幌 広々ビックリ北海道だ!! 観光地ブログ

← 前へ 一覧

伝統と個性が生きた絶妙日本料理の店

2021年4月19日

ようやく春が来た北海道。とはいっても朝はまだまだ寒い。

世の中ではまだまだ新型コロナが猛威をふるっているが、

それでも春が来るのは北海道の冬が長いだけにうれしいもので、

桜の開花を待ちわびる人も少なくないのだ。

そんな桜もまだ咲いていない北海道とは関係なく、

ミシュラン北海道2018で好成績を取った店を取材する仕事があり、

リストアップされた店に食事に行った。

もちろんどの店も素敵な料理とサービスで有名な店なのだが初めておじゃまする店もある。

そんな一店が日本料理の古今山久だ。

白い壁に木製の家具、日本料理店らしくないモダンさを兼ね備えた店内。

2014年にオープンした古今山久は、日本料理の伝統を守りながらも絶妙なバランス感覚で

オリジナリティあふれるメニューを提供している。

この日食べたのは、あんきも大根を先付にした10品のコースメニュー。

2.jpg

3.jpg

にしんのつみれとソイの吸い物から食事は鯛めし・赤だし・香の物。

デザートはクレーム・ブリュレ・伊予柑と苺・食後の飲み物が提供され、大満足の10品となった。

18.jpg

14.jpg

20.jpg

店主の山根さんの料理のおいしさと、店内の雰囲気や優しいサービスが

全てバランス良く客を迎え入れてくれる。

ミシュラン北海道2018の紹介文には「決して枠を超え過ぎない良さがある」とあったが、

まさにそんな超絶なバランスの良さを感じる料理に敬服した。

お店は札幌都心、札幌市中央区南3条西8丁目大洋ビル2階 電話011-596-7233

札幌のおいしい店が集まっているエリアでもある。

メニューはおまかせコースの2種のみ。

2人でお酒も少し飲みながら2500030000円くらいの予算で楽しめる。

← 前へ 一覧

取材担当プロフィール

浅井 精一

いつのまにかすっかりオヤジになってしまったことに気がついた昭和34年生まれの男。函館出身で母校の函館西高の大先輩が北島三郎、一年後輩が辻人成(といっても面識は無い)。札幌の大学を卒業後、タウン誌編集や10年以上ホテルマンを経験するなどして、現在は編集プロダクション(株)カルチャーランド(札幌・社員24人)代表。手塚治虫マニアであること、昭和40年代のプロレスファンであることで、ごく一部に有名。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ