【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From京都 一見さん大歓迎!!京都
  4. 人気観光地の魅力を分析!(二年坂~産寧坂編)

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

ブログ 観光地ブログ

旅ブログ 観光地ブログ
From京都 一見さん大歓迎!!京都 観光地ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

人気観光地の魅力を分析!(二年坂~産寧坂編)

2009年2月 2日

気がつけば2009年も1/12が過ぎてしまいました。

時間が過ぎるのは本当に早いですね。

一日一日を大切に、今年はいろんな場所へ出かけようと考えている賀茂ナス子です。

さて突然ですがみなさんは京都へ来たらどこに出かけますか?

清水寺?金閣寺?嵐山?京都は観光地がたっっっっっくさんありますよね。

編集の仕事を始めてから取材でそういった観光地にも足を運ぶ機会が増えましたが、

やっぱり人気のある場所ってすてきなお店も多くて楽しいですよね。

今回は、観光地の大定番・二年坂~産寧坂をご紹介します。

行ったことがあるという方も多いのではないでしょうか。

いちねんざか.jpgのサムネール画像まずは二年坂からスタート!といきたいところですが、

実は二年坂の手前に一年坂が存在するのってご存知でした?

こんな石畳のすてきな道なのですが、

歩いている人もあまり知らないようですね。

今度行く機会があれば、ちょっと注意して探してみてくださいね。

 

 まずは二年坂を歩いてみましょう。ここからはお店もにぎやかさもぐっと増します。

おせんべいのお店や、竹細工のお店などなど、見ているだけで楽しいですね。

かさぎ屋.jpg有名なお店もあるんですよ。

甘味処【かさぎ屋】は、画家・竹久夢二も通ったそうな。

名物のぜんざいやおはぎは、

ほっと懐かしい気持ちになりますよ。

 

 

 

【かさぎ屋】のそばの階段を上ると、そこからは産寧坂です。

この坂は京都ブランドが目白押しですね。

青龍苑.jpg特に集中しているのは、

坂の中ほどにある【青龍苑】という複合施設です。

ここは、お香の【松栄堂】や、

あぶらとり紙でおなじみの【よーじや】などが入っています。

 

 

 

よーじや.jpgこの顔、一度は見たことありますよね。

ほかには、

京都のコーヒーの代名詞ともいえる【イノダコーヒ】も、

支店がこちらに。

お買い物で疲れたときには休憩にどうぞ。

 

 

そして産寧坂を歩いていると、きっと誰もが気になるお店がここ。

 

ひょうたん.jpgのサムネール画像ずらりと並んでいるもの、なんだと思います?

・・なんとこれ、ひょうたんなんです!

実は産寧坂には、「坂で転ぶと三年以内に死ぬ」という噂があり、

もしも転んだときには

ひょうたんをお守りにすれば大丈夫なのだそう!

 

三年坂.jpgのサムネール画像まだ、転んで死んだという話を聞いたことはありませんが、

産寧坂って意外と急な坂なので、

転ばないように気をつけてくださいね。

 

 

 

 

 

階段を上ると、清水寺へ向かう清水坂につながります。

清水坂は名前の通り(?)、清水焼のお店がたくさんありますよ。

高級なものも多いですが、お手頃なコップとかお茶碗もありますので、

お気に入りを探してみるのも楽しいかもしれませんね。

さてさて、お買い物もいいですが、やっぱり「腹が減っては買い物ができぬ」

というわけで、ごはんにしたいところですが、

みなさんは京都に来られたら何を食べますか?

 

奥丹.jpgやっぱり湯豆腐!と

いう方におすすめしたいのは、

産寧坂にある【奥丹】。

370年以上の歴史を持つ老舗です。

湯豆腐に天ぷらやごま豆腐のついたセット

で、京都の味を満喫しちゃいましょう。

お座敷からは庭園を眺めることもできるの

で、雰囲気もしっかり味わってくださいね。

 

そしてちょっとかわった京都名物がいいなぁという方はこちら!

小松.jpg二年坂からさらに路地の奥に進んだところにある

【味の小松】というお店です。

 

 

 

 

小松路地.jpgのサムネール画像

小松看板.jpgのサムネール画像こんな細い路地の奥にあるので、

この看板を目印にしてくださいね。

 

 

 

 

 

ここはうどんやおそばのお店なのですが、一番人気はなんと中華そば。

長く続いているお店で、一度は閉店されたそうなんですが、

「やめないで」というファンの声が多く、昨年9月に再オープンされたとのこと。

愛されているお店だということは、ご主人や奥さんの笑顔から伝わってきますよ。

ラーメン.JPG肝心の中華そばですが、

メニュー表にも書かれてあったとおり、

「あっさりだけどコクのある」、

飽きの来ないまろやかな味です。

麺はもちっと食べ応えがあり、

チャーシューはやわらかくジューシー。

ラーメンのスープによくあるしつこさは全くなく、

上品だけど旨みはしっかり。

もう一口、もう一口と、思わずスープを飲み干してしまいますよ。

お好みのお店でお腹いっぱいになったら、締めはデザートですね!

二年坂や産寧坂には、京都らしいソフトクリームがいっぱい。

ソフト.jpg

黒豆ソフト.jpg豆乳ソフトはあっさりヘルシーが

うれしいですよね。

ちょっとめずらしい黒豆ソフト

なんてのもいかがですか?

おいしいものはたくさんありますが、

くれぐれも食べすぎにはご注意を。

 

 

さてさて、かいつまんで一気に紹介してしまいましたが、

二年坂・産寧坂の魅力が伝わりましたでしょうか?

あと2ヶ月もすれば桜も咲き始めるので、清水寺はライトアップも行われますよ。

その時期は観光客も多くなるので、人混みが苦手という人は今のうちにぜひ!

2月の京都はまだまだ寒いですが、人も少なくておすすめですよ。

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

賀茂 ナス子

京都生まれ、京都育ち。
中学は吹奏楽部、高校は茶道部に所属、そして大学時代はアメフト部のマネージャーを経験。
やりたいことは何でもやってみるのがモットーだ。
念願だった京都の編集プロダクションに入社し、京都のフリーマガジン[news]や京都に関する旅行誌などの編集・ライターを担当している。
友達に舞妓さんがいるのがちょっとした自慢。
愛犬は柴犬。二条城のまわりを散歩するのが日課だ。
好物は京都[第一旭]のラーメン。
おやつは[出町ふたば]の豆もち。
最近名古屋がわりと近いことを知った。
京都はうす味の料理が多いので、みそカツをはじめて食べたときごはんを3杯食べた経験を持つ。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ