【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From京都 一見さん大歓迎!!京都
  4. 京都水族館がオープン!

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

ブログ 観光地ブログ

旅ブログ 観光地ブログ
From京都 一見さん大歓迎!!京都 観光地ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

京都水族館がオープン!

2012年3月28日

京都といえば何を思い浮かべますか?

お寺に仏像、歴史、シルエットのすてきな五重塔?

京都市は自然も豊かですが、まわりを山に囲まれた盆地にあるので、

もちろん海はありません。

(府の北部の京丹後市に行けば、きれいな日本海を見られますよ!)

そんな内陸のまち・京都に...なんと...

1-1.JPG水族館がオープンしました!

 オープン日は314日というできたてホヤホヤ施設で、

毎日多くの人が訪れています。

わたしもオープンに合わせて早速行ってきました!

京都で海の生き物に出合えるなんて...!というワクワク感はもちろん、

京都駅から徒歩15分というアクセスの便利さも魅力ですね。

五重塔が有名な東寺も近いですよ!

2.jpg中は京の川ゾーン、かいじゅうゾーン、大水槽など9つのゾーンに分かれ、
ペンギンやイルカといった海のスターたちもスタンバイ。

3.jpg▲こちらは京都を流れる鴨川と由良川ふたつの川を
モチーフにした「京の川ゾーン」の水槽。

「生きた化石」ともよばれるオオサンショウウオにご注目!

4.jpg▲▼つづいては、オットセイやアザラシなど、

子どもたちに大人気な海のアイドルが集まる「かいじゅうゾーン」。

5.jpgチューブ型の水槽内を行ったりきたりする
ゴマフアザラシがなんともキュートです。


6.jpg▲こちらは「ペンギンゾーン」!

アフリカ大陸の南に住むケープペンギンが

泳いだり陸地でのんびりしたりする様子をじっくり見られます。

7.jpg▲▼エイやウミガメをはじめ、日本の海の魚たちがゆうゆうと泳ぐ

巨大な「大水槽」(1階・2階どちらからも見ることができます!)
を過ぎると、
工夫を凝らした4つの水槽がある「海洋ゾーンへ」。
熱帯魚とサンゴの組み合わせがきれいな「さんごの海」や

クラゲがふわふわと泳ぐ幻想的な水槽など、見どころたっぷりです。

8.jpg 9.jpg普段なかなか見られない不思議な生き物がいっぱいです!

▼そして絶対に見逃せないのが、

開放的なイルカスタジアムで行われるイルカショー!

11.jpg
20
分ほどのショー(1日に4から5回)の中で

かわいいハンドウイルカがすいすい泳いだりジャンプしたり。

東寺の五重塔(写真の左上にご注目!)とイルカジャンプのコラボが京都ならではですね。

飼育員さんが生き物にえさをやるシーンなど

水族館の裏側を見学できるバックヤードツアーや、

チャームが作れるワークショップなども充実しています。
家族みんなで、友達とわいわい、デートで...

みなさんもぜひ行ってみてくださいね!

 

【京都水族館】

下京区観喜寺町35-1(梅小路公園内)

営業/900から1700

入場料/大人2000円、高校生1500円、中・小学生1000円、幼児600

営業日/年中無休

http://www.kyoto-aquarium.com/

 

 

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

賀茂 ナス子

京都生まれ、京都育ち。
中学は吹奏楽部、高校は茶道部に所属、そして大学時代はアメフト部のマネージャーを経験。
やりたいことは何でもやってみるのがモットーだ。
念願だった京都の編集プロダクションに入社し、京都のフリーマガジン[news]や京都に関する旅行誌などの編集・ライターを担当している。
友達に舞妓さんがいるのがちょっとした自慢。
愛犬は柴犬。二条城のまわりを散歩するのが日課だ。
好物は京都[第一旭]のラーメン。
おやつは[出町ふたば]の豆もち。
最近名古屋がわりと近いことを知った。
京都はうす味の料理が多いので、みそカツをはじめて食べたときごはんを3杯食べた経験を持つ。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ