【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From福岡 これぞ九州ばい!!
  4. 福岡観光スポット 第2弾

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

ブログ 観光地ブログ

  • 札幌
  • 東京
  • 京都
  • 那覇

旅ブログ 観光地ブログ
From福岡 これぞ九州ばい!!観光地ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

福岡観光スポット 第2弾

2008年10月10日

 今回も、前回に続いて「福岡観光スポット」の第2弾です。福岡は美味しい食べ物も多いのでたっぷりご紹介しましょう。

福岡観光スポット 第2弾 01 福岡市の天神地区は九州でも有数のショッピングゾーンです。三越と大丸百貨店はじめ、専門店、飲食店、ホテルが立ち並びます。西鉄天神大牟田線・福岡天神駅や福岡市地下鉄空港線・天神駅、七隈線・天神南駅、天神バスセンターなど交通の要衝でもあります。写真は国体道路で、那珂川を渡ると歓楽街の中洲になります。

福岡観光スポット 第2弾 02 福岡の台所・柳橋連合市場では、魚介類、野菜が安く買えます。明太子屋さんもあるので、お土産の買い物にはおすすめ。魚屋さんの2階で海鮮丼や寿司が食べれるお店もあります。

福岡観光スポット 第2弾 03福岡観光スポット 第2弾 04 福岡を代表する食べ物のもつ鍋。新鮮なもつ(ホルモン)にキャベツ、ニラがたっぷり入っています。有名店は「楽天地」「やま中」「おおいし」「那の川」「万十屋」「越後屋」など多数。店によって、しょうゆ味、みそ味など工夫をこらしています。学生時代に初めて「楽天地」に連れて行かれた時、タワーのようになったニラを見て「これ、生で食べるの?」と絶句しました。徐々に鍋の中に沈んでいくのを知らなかったのですね(笑)。1人前が¥1000前後で、女性でも2人前は軽くいけますよ。締めはチャンポンかご飯を入れて雑炊に。

福岡観光スポット 第2弾 05 福岡周辺には好漁場が多数あり、鯛やサバ、アジ、イカなど魚好きにはたまらない街です。魚料理専門店ほか、居酒屋でもその日仕入れた魚料理を提供してくれます。私のお勧め店は「柳町 一刻堂(福岡市中央区清川2-9-4 TEL092-522- 8177 18:00~翌5:00 火曜休)」、「上四十川 舌心=したごころ(福岡市中央区渡辺通1-9-15 TEL092-518-2939 18:00~24:00 日曜休)」。九州は甘目の溜まり醤油なの で、刺身に軽く付けて食します。

福岡観光スポット 第2弾 06 福岡では屋台もいいのですが、安さでは焼鳥屋が一番です。メニューは鳥以外にも豚や牛のほかイカ、エビ、ホタテなどもあり、全国的に見ると炉端焼き的な品揃えですね。元屋台で、天神長浜公園横の「山ちゃん」や「呉朝明」など路面店もあり、こちらもいいですよ。

福岡観光スポット 第2弾 07 定番メニューの、まずラーメン。長浜にある福岡魚市場の人たちに屋台でラーメンを提供したのが始まりと言われています。小腹が空いた時に手軽に食べれ(足りない時は替え玉)、細麺なのですぐ茹で上がるなど、せっかちな博多っ子にぴったり。とんこつ味に細い麺、ほとんどが固麺を注文しますが、バリ固、針金、生など超固麺にも応じてくれます。値段は500円前後(それ以上のラーメンはNGですねぇ)で、私の住んでる街には、今でも学生達のために100円ラーメンを提供している店があります。

福岡観光スポット 第2弾 08 こちらはドテ焼き。ホルモンをみそ味で煮込んでいます。ビールにぴったり!

福岡観光スポット 第2弾 09 焼きラーメンは屋台の「小金ちゃん」が発祥。ラーメンの焼そばって感じですね。ラーメンスープを加えたり、店によって味付けが異なります。

福岡観光スポット 第2弾 10 福岡市に来られて、時間があるようでしたら海の中道にも寄って下さい。志賀島に続く道路を挟み、博多湾と玄界灘が見えるシーサイドドライブです。周辺には海浜公園や水族館も。福岡空港から都市高速を使って30分ほどです。

福岡観光スポット 第2弾 11 博多湾越しには、前回紹介したシーサイドももちの福岡タワーやドーム、シーホークが遠望できます。

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

東 淳二郎

1957年7月9日生まれ 北九州市門司区出身 56歳
印刷会社のサラリーマン生活を経て、1990年からフリーライターに。
雑誌の取材で、九州中の観光地を訪れ、グルメや温泉を堪能している。
また、もの心ついた時から鉄道ファンで、"乗り鉄"。国内はもちろん、海外でも時間をみつけては鉄道旅を楽しんでいる。

ぶらっ人お薦めツアー

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人編集部 @buratto_tabi