【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From福岡 これぞ九州ばい!!
  4. 九重を巡る~筋湯温泉・ふるさと旅館

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

ブログ 観光地ブログ

  • 札幌
  • 東京
  • 京都
  • 那覇

旅ブログ 観光地ブログ
From福岡 これぞ九州ばい!!観光地ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

九重を巡る~筋湯温泉・ふるさと旅館

2009年5月25日

今回の「ぶらっ人 from 福岡」は春から初夏に向かう九重を巡ります。

県道40号.JPG福岡から日田-小国-瀬の本を経由し筋湯温泉を目指します。途中、有名な黒川温泉を抜け、緑が美しい県道40号の登り坂を進んで行きます。

八丁原地熱発電所.JPG九重森林スキー場を過ぎると下りになり、九電・八丁原地熱発電所が見えてきます。日本最大の地熱発電所で、地下の蒸気を利用したクリーンな発電を行っています。火力発電は火を燃やしますが、地熱発電所はマグマの熱を使っているのがエコですね。

案内図.JPG福岡から約2時間30分。到着した筋湯温泉は九重・湧蓋山麓、標高約1000mの地に27軒のホテル、旅館が立ち並んでいます。

筋湯温泉街.JPG筋湯温泉は、九重九湯のひとつで、958年に開湯し、1658年に温泉地になった古い歴史を持ちます。泉質は単純温泉ナトリウム塩化物泉。温泉街は、昔ながらの湯治場の雰囲気が漂い、のんびりしています。

名水.JPG 筋湯 温泉.JPG温泉街には、ミネラルたっぷりの九重の名水や温泉を、飲んだり汲める所が数か所あります。

打たせ湯.JPG

共同浴場は4か所。中でもうたせ湯は有名で「日本一のうたせ湯」と称されています。物凄い勢いのお湯が落ちて来るので、肩のこりもあっという間にすっきり。もうもうの湯気で写真は断念しました。
 

足湯.JPG温泉街のいこいの広場にはかけ流しの足湯があります。大きめの湯船に浸かり、川の流れを聞きながらゆったりできます。

ふるさと旅館前.JPG 玄関.JPG今晩宿泊するのは、温泉街を少し登ったところにある「ふるさと旅館」。

 

看板.JPG6部屋の小じんまりした宿で、リーズナブルな料金とアットホームな雰囲気が魅力の宿です。

部屋.JPG 眺め.JPG清潔な部屋から、温泉街や地熱発電所の水蒸気が見えます。

かけ流し.JPG

鶏地獄蒸し.JPG

ここは温泉と料理も魅力です。

まず、温泉は展望露天、大きめの露天風呂に加え、切石と丸石、檜の5つ温泉すべてに鍵がかかる家族湯です。チェックアウトまで、かけ流しの温泉にいつでも入浴できます。

料理は季節の旬のものを使った手作り料理。また、温泉熱を利用した、鶏や野菜を蒸した「地獄蒸し」が味わえます。

次回は「ふるさと旅館」の温泉と料理を詳しくレポート。また、周辺の観光スポットもご紹介します。

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

東 淳二郎

1957年7月9日生まれ 北九州市門司区出身 56歳
印刷会社のサラリーマン生活を経て、1990年からフリーライターに。
雑誌の取材で、九州中の観光地を訪れ、グルメや温泉を堪能している。
また、もの心ついた時から鉄道ファンで、"乗り鉄"。国内はもちろん、海外でも時間をみつけては鉄道旅を楽しんでいる。

ぶらっ人お薦めツアー

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人編集部 @buratto_tabi