【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From福岡 これぞ九州ばい!!
  4. 由布院を巡る 2回目

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

ブログ 観光地ブログ

  • 札幌
  • 東京
  • 京都
  • 那覇

旅ブログ 観光地ブログ
From福岡 これぞ九州ばい!!観光地ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

由布院を巡る 2回目

2010年1月20日

「ぶらっ人 from 福岡」は、前回に続いて"由布院を巡る旅"2回目をお届けします。

1母屋.JPG 2周辺.JPG 3宿内.JPG今回の由布院の宿は「ゆふいん椿」。大分自動車道・湯布院ICにほど近い高台にあり、"豊後富士"と称される由布岳や、由布院の街並みが一望できます(上)。中心街から少し離れていますが、落ち着いた大人の宿といえます。宿の周辺は自然にあふれ(中)、敷地内は木立に囲まれています(下)。

4離れ.JPG 5玄関.JPG 6部屋.JPG7つの部屋はすべて離れで、メゾネット5部屋とフラットタイプ2部屋が用意されています(上)。私が宿泊したのは、メゾネットタイプの"夕顔"(中)。玄関を入ると、広い二間の和室(下)で、奥の階段を降りると展望風呂があります。一昨年オープンしたばかりですので、清潔感いっぱいの部屋です。
 

7展望風呂.JPG 8展望風呂から眺め.JPG檜の展望風呂は、もちろん源泉かけ流し(上)。窓を開けると、露天風呂感覚です。湯船からは、夕暮れの由布岳が見えました(下)。泉質は、アルカリ性が強く、肌がすべすべになる美人の湯です。

9造りと椀.JPG 10焼物.JPG 11浅利寿司.JPGお待ちかねの夕食は、豊後水道鍋会席。まず、小鉢に続き、焼き甘鯛の霙仕立の椀物、お造りは関鯖と鯛(上)。焼き物の、真名鰹の味噌柚子庵焼き(中)を食した後は、浅利寿司(下)。どれも上品な味で美味しい。適度な量も私好みでした。

12鍋具材.JPG 13鍋.JPG 14雑炊.JPG豊の海近海鍋は、豊後水道で獲れたピチピチの魚介の鍋です(上)。新鮮な鯛は、しゃぶしゃぶ風で頂きました(中)。締めは、魚介の旨味がたっぷり出たスープを使った雑炊(下)。

15デザート.JPG最後は、プリンの上にモンブランがのったデザート。スタッフの接客もすごく良くて、お腹も、心も満腹に?。

16夜景.JPG 17朝の由布岳.JPG美しい月灯りの下の、由布岳と由布院の街並み(上)。湯煙りも見えます。
さわやかに目覚めた朝は、由布院名物の朝霧もたなびいていました(下)。

18家族風呂.JPG宿内には、丸石の温泉家族風呂があり、無料で利用できます。

19朝食.JPG 20白米.JPG 21十六穀米.JPG滋味たっぷりの朝食(上)。前日に白米(中)か十六穀米(下)を選び、土鍋でほかほかのご飯が頂けます。

アットホームな雰囲気の中、部屋付きの温泉に何度も浸かれて、とてもリラックスできました。由布院でお気に入りの宿になりました。

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

東 淳二郎

1957年7月9日生まれ 北九州市門司区出身 56歳
印刷会社のサラリーマン生活を経て、1990年からフリーライターに。
雑誌の取材で、九州中の観光地を訪れ、グルメや温泉を堪能している。
また、もの心ついた時から鉄道ファンで、"乗り鉄"。国内はもちろん、海外でも時間をみつけては鉄道旅を楽しんでいる。

ぶらっ人お薦めツアー

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人編集部 @buratto_tabi