【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From福岡 これぞ九州ばい!!
  4. 鹿児島・霧島を巡る 3回目

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

ブログ 観光地ブログ

  • 札幌
  • 東京
  • 京都
  • 那覇

旅ブログ 観光地ブログ
From福岡 これぞ九州ばい!!観光地ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

鹿児島・霧島を巡る 3回目

2010年5月25日

5月2回目の「ぶらっ人 from 福岡」は、鹿児島・霧島の旅で宿泊した「旅行人山荘」です。「旅行人山荘」は、四季折々の"表情"を見せる、美しい森の中にあり、5万坪の敷地を持ちます。

 

1アプローチ.JPG 2外観.JPG霧島温泉郷の中心街から外れ、山の小道を進みます(上)。途中、たくさんの歌碑が迎えてくれます。
坂を登り切ると到着。旅館というより、ホテルのような佇まいです(下)。

3談話室.JPG館内には、ロビーや談話室など休憩できるスペースもあり、ゆったり滞在できます。玄関、ロビーは2階になり、1階には大浴場、露天風呂があります。

4部屋.JPG通された部屋は202号室。2階の部屋3室は、すべて露天風呂付きです。3階・4階の部屋は、眺望が良く、天気が良いと桜島が望めるそうです。

5部屋露天.JPG 6テラス.JPG部屋のテラスにある石造りの露天風呂は、2人で入るには十分な広さ。単純泉の源泉かけ流しです(上)。
テラスの椅子に腰かけ、緑いっぱいの庭を眺めます(下)。

7赤松の湯アプローチ.JPG「旅行人山荘」には、「赤松の湯」「ひのきの湯」「もみじの湯」の貸切湯があり、宿泊者はそのひとつに無料で入浴できます。今回は、一番人気の「赤松の湯」を予約。森の中の道を下ると、脱衣場の建物が見えてきました。硫黄の香りが漂います。

8赤松の湯.JPG 9赤松の湯.JPG 10赤松の湯.JPGコーヒーのCMで、女優の原田知代さんが入浴したことでも知られている「赤松の湯」。屋根なし、囲いなしのまさに露天風呂です。広い湯船は二つあって、左の湯船が若干熱めです(上)。
うっそうとした森に囲まれ、たまに鹿が覗き(笑)にやって来るそうです。これほど開放感にあふれた露天風呂は、初めてです(中)。
硫黄泉の源泉かけ流し。木漏れ日が当たると、お湯の色が、薄いブルーに見えました(下)。

11夕食.JPG 12筍焼き.JPG夕食は、食事処で頂きます。お造りや煮物(上)のほか、採れたてのタケノコを、その場で焼いてくれて、旬を味わうことができました(下)。

13黒豚鍋.JPG 14ヒジキの炊き込みご飯 そば.JPGメインは、鹿児島名物・黒豚しゃしゃぶ(上)。ジューシーな黒豚に、野菜がたっぷりです。
締めに、ヒジキの炊き込みご飯、手打ちそば(下)。最後のデザートが食べれないほど、お腹いっぱいに?。


15夜の露天.JPG 17湯の花.JPG 16夜景.JPG部屋に戻ってから、露天風呂に入りました。夜はまた違った雰囲気に(上)。単純泉の湯船には、湯の花がいっぱいです(中)。
霧島市の中心・国分の街の夜景が遠望できます(下)。
次回は、「旅行人山荘」から向かった、「霧島アートの森」、湧水町をご紹介します。

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

東 淳二郎

1957年7月9日生まれ 北九州市門司区出身 56歳
印刷会社のサラリーマン生活を経て、1990年からフリーライターに。
雑誌の取材で、九州中の観光地を訪れ、グルメや温泉を堪能している。
また、もの心ついた時から鉄道ファンで、"乗り鉄"。国内はもちろん、海外でも時間をみつけては鉄道旅を楽しんでいる。

ぶらっ人お薦めツアー

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人編集部 @buratto_tabi