【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From福岡 これぞ九州ばい!!
  4. ゆふいんの森号&プチ湯布院散策

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

ブログ 観光地ブログ

  • 札幌
  • 東京
  • 京都
  • 那覇

旅ブログ 観光地ブログ
From福岡 これぞ九州ばい!!観光地ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

ゆふいんの森号&プチ湯布院散策

2016年3月22日

1 筑後川.jpg

博多駅を9時24分に出発した「ゆふいんの森1号」は、鹿児島本線を南下し30分ほどで筑後川を越え、久留米駅から久大本線に入り、進路を東に取ります。

 

2 P1120396.jpg

「ゆふいんの森1号」は、3号車にビュッフェがあり、軽食やスイーツ、お土産などを販売しています。ただ、満員で待っている人も多くカウンターに近づけませんでした。

 

3 P1120583.jpg

4 P1120584.jpg

ビュッフェで記念乗車証を頂けます(上・下)。

 

5 P1120402.jpg

大きな窓のサロンで、気分転換もできます。

 

6 P1120400.jpg

化粧室はホワイトカラーで統一されています。

 

7 P1120383.jpg

8 P1120388.jpg

9 P1120385.jpg

博多駅で買った駅弁を頂くことに。佐賀県唐津市呼子の名店・萬坊製いか三昧弁当(上)。名物いか焼売はじめ、いか尽くし(中)。人気駅弁だけあって、どの品もすごく美味しい(下)。

 

10 耳納連山.jpg

11 三隈川.jpg

耳納=みのう=連山(上)、筑後川の上流・三隈川(下)など、のどかな車窓が続きます。

 

12 P1120416.jpg

大分県天瀬町と玖珠町の境にある、二段式の慈恩の滝では、列車は徐行してくれます。

 

13 P1120420.jpg

玖珠町の中心駅・豊後森駅を出発すると、豊後森機関庫跡が見えて来ます。1934(昭和9)年に造られた扇型機関庫で、内部には太平洋戦争の米軍機機銃掃射による弾痕が残っています。現在、鉄道公園としての整備中です。

 

14 湯布院盆地.jpg

15 P1120427.jpg

博多駅を出発して2時間弱、「ゆふいんの森1号」は由布院盆地(上)に入り、11時36分に由布院駅到着(下)。

 

16 由布院駅.jpg

17 P1120437.jpg

建築家の磯崎新氏がデザインした由布院駅(上)。駅前から雄大な由布岳を望むことができます(下)。

 

18 P1120445.jpg

由布見通りから、湯の坪街道を通り、ちょっと湯布院散策。びっくりしたのが、ほとんどが外国人旅行客・・・昔の湯布院の田舎っぽさは、まったくありませんね(笑)。

 

19 P1120455.jpg

20 P1120456.jpg

金鱗湖も、各国の言葉が飛び交っています(上)。金鱗湖に隣接する共同浴場・下ん湯(下)。これだけ人が多いと、よほどの勇気の持ち主でないと入浴は難しいかな。

由布院駅に戻り、レンタカーで別府へ向かいました。

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

東 淳二郎

1957年7月9日生まれ 北九州市門司区出身 56歳
印刷会社のサラリーマン生活を経て、1990年からフリーライターに。
雑誌の取材で、九州中の観光地を訪れ、グルメや温泉を堪能している。
また、もの心ついた時から鉄道ファンで、"乗り鉄"。国内はもちろん、海外でも時間をみつけては鉄道旅を楽しんでいる。

ぶらっ人お薦めツアー

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人編集部 @buratto_tabi