【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From福岡 これぞ九州ばい!!
  4. 王貞治ベースボールミュージアム

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

ブログ 観光地ブログ

  • 札幌
  • 東京
  • 京都
  • 那覇

旅ブログ 観光地ブログ
From福岡 これぞ九州ばい!!観光地ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

王貞治ベースボールミュージアム

2016年6月 7日

1 P5184564.jpg

先日、ヤフオクドームのホークス戦試合前、「王貞治ベースボールミュージアム」に行ってきました。2010年に開館した王さんのミュージアムですが、ドームに何度も足を運んでいるのに、訪れたことがありませんでした。王さん、申し訳ないです(笑)。

 

2 P1120793.jpg

3 P1120790.jpg

入場料は大人1,000円。入場券を購入すると、パンフレット(上)と限定プレゼントのピンバッジ(下)を頂きました。

 

4 P5184562.jpg

入館すると、親会社のロボット”ペッパーくん”がお出迎え。

 

5 P5184475.jpg

観戦券を購入すると、カウンターシートやミュージアムシートでホークスの応援もできます。

 

6 P5184478.jpg

館内は、王貞治記録館、王貞治歴史館、89スタジオに分かれています。

 

7 P5184479.jpg

8 P5184481.jpg

現役生活22年間の中で、王さんが築き上げた栄光の記録の数々が展示されています(上・下)。

 

9 P5184483.jpg

若手時代、一本足打法を習得するため、畳が擦り切れるほどバットを振り続けた逸話も残っています。

 

10 P5184494.jpg

11 P5184500.jpg

数え切れないほどのトロフィーや表彰盾が展示されています(上・下)。

 

12 P5184490.jpg

13 P5184495.jpg

ライバルたちとの名勝負も(上)。中日ドラゴンズのエースピッチャーだった星野仙一さん(下)。

 

14 P5184539.jpg

歴史館は、王さんが大活躍した昭和へタイムスリップ。

 

15 P5184514.jpg

王さんの生家・中華五十番の暖簾をくぐって中へ。

 

16 P5184527.jpg

早稲田実業の投手として甲子園に出場、優勝の思い出も。

 

17 P5184560.jpg

18 P5184561.jpg

プライベートの王さんの写真も飾られていました(上・下)。

 

19 P5184505.jpg

20 P5184510.jpg

21 P5184511.jpg

89スタジオは、プロの投手が投げるボール(上)、バッティングスピード(中)、牽制球(下)など、野球の楽しさが体感できます。

 

22 P5184512.jpg

王さんやホークスのグッズ、お土産を販売するショップもあります。

見ごたえ十分の、王さんのミュージアムでした。

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

東 淳二郎

1957年7月9日生まれ 北九州市門司区出身 56歳
印刷会社のサラリーマン生活を経て、1990年からフリーライターに。
雑誌の取材で、九州中の観光地を訪れ、グルメや温泉を堪能している。
また、もの心ついた時から鉄道ファンで、"乗り鉄"。国内はもちろん、海外でも時間をみつけては鉄道旅を楽しんでいる。

ぶらっ人お薦めツアー

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人編集部 @buratto_tabi