【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From福岡 これぞ九州ばい!!
  4. 世界文化遺産 軍艦島②

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

ブログ 観光地ブログ

旅ブログ 観光地ブログ
From福岡 これぞ九州ばい!!観光地ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

世界文化遺産 軍艦島②

2016年8月31日

1 P1130259.jpg

2 IMG_1711.jpg

世界文化遺産の端島、通称・軍艦島に上陸するためドルフィン桟橋へ向かいます(上)。上陸できる人数が限られているため、このツアー船が出向した後になります(下)。

 

2 P1130482.jpg

軍艦島ツアー代金と別に、見学施設利用料300円が必要です。

天気や波高から、軍艦島に上陸できるのは年間100日ほどだそうで、良かった~(笑)。

 

3 IMG_113859.jpg

見学通路は、周囲1,200mの軍艦島の三分の一ほどで、他は立ち入り禁止です。広場に集合して、スタッフから軍艦島の説明を受けます。

 

4 IMG_1730.jpg

明治時代から海底炭鉱として栄え、最盛期には5,000人以上が暮らしていた軍艦島。廃墟となった建物群は圧倒的な迫力です。1958(昭和33)年に建設された端島病院・隔離病棟。

 

5 IMG_1735.jpg

炭鉱の中枢であったレンガ造りの総合事務所。

 

6 IMG_1741.jpg

日本最古の鉄筋コンクリート造りの30号アパート。1916(大正5)年の建造。

 

7 P1130262.jpg

8 P1130266.jpg

9 P1130271.jpg

映画のセットやCGを見ているよう(上・中・下)。

 

10 P1130277.jpg

元炭鉱マンのボランティアが、軍艦島で暮らしていた頃の興味深い経験談を話してくれました。

 

11 P1130273.jpg

世界文化遺産の登録前に、ここでB’zのプロモーションビデオの撮影が行われたそうです。

 

12 IMG_121748.jpg

約1時間の見学を終え、再びマーキュリー号に乗船し、長崎港常盤桟橋へ。日影がないので、とにかく暑かった!

 

13 IMG_1751.jpg

13 IMG_1755.jpg

長崎港内に入ると、三菱長崎造船所にある日本初のハンマーヘッドクレーン(上)、世界文化遺産の小菅修船場跡(下)が見えました。

 

14 IMG_1756.jpg

常盤桟橋に到着すると、午後便を待つ人たちでいっぱい。

 

15 IMG_1769.jpg

路面電車に乗り、長崎駅に向かいます。

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

東 淳二郎

1957年7月9日生まれ 北九州市門司区出身 56歳
印刷会社のサラリーマン生活を経て、1990年からフリーライターに。
雑誌の取材で、九州中の観光地を訪れ、グルメや温泉を堪能している。
また、もの心ついた時から鉄道ファンで、"乗り鉄"。国内はもちろん、海外でも時間をみつけては鉄道旅を楽しんでいる。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ