【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. 猫さんを探して
  4. 田代島の旅 -さよならするのは辛いけど-

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 国内ブログ

旅ブログ 国内ブログ
猫さんを探して国内ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

田代島の旅 -さよならするのは辛いけど-

2012年11月25日

時間なのでしかたがないんです・・・。泣

二日目、だんだんと帰りの船が来る時間が近づいてくる
フェリーは一日に数本だし、元々昼下がりの最終便で予定していたため「もうちょっと後で」が通用しない

となれば取る行動は一つ!
「急いで写真を撮る」である

帰り支度をしているときに名残惜しくなって急いで外に出ました

image68.jpg

民宿の前で食事中のみなさんに遭遇
オヤツかな?

image69.jpg

かっこいい猫さん発見

image70.jpg

「そうかー、今日帰るんだ。シケたツラしちゃって!」

image71.jpg

「次にくるときはウチの子も大きくなってるよ」

image72.jpg

最後に撮った猫さん

image73.jpg

港に来ると、帰るという実感が湧いて寂しくなる

image74.jpg

ここの賑わいは相変わらず・・・。
奥には牡蠣の養殖が再開されているのが見えました。

image75.jpg

編隊してる方々に、クッキーの欠片をあげると見事にキャッチしていました

image76.jpg

これが狙いでついて来てたのかぁ
結構もらってるみたいですね

 

また来ようと心に誓いながらも、
次に来たときどれくらいの猫さんと再会できるのだろうか
カラスに襲われずに無事に暮らせるかな?
東北の冬は寒そうだけど暖かい所探したり、みんなで団子になって乗り切ってください
等と心配事が尽きないのです。

それが外猫さんとの付き合いかた。
でも好きだからやめない

 

おまけ
今回思ったこと

田代島の猫さんに、三毛猫・茶トラは居ない!?

image77.jpg

メジャーは白黒、黒

image78.jpg

同じくらいサバトラ

image79.jpg

普段はよく見かけるキジトラもココでは少数派
キジトラっぽくても、どこかに白が入っている方が多かったです
(手足に白ソックス履いてたり)

黄色の毛の遺伝子が田代島にはないのかも?と思いました
見かけてないだけかもしれないですけどね

そう、再度調査が必要なのです!

という事で、田代島特集ひとまず終わりです
次どうしよう。。。

 

撮影2012年8月

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

ねこせんせい

インターネットプランナー。大阪府在住。
ゲーム好きゆえ休日はだいたい廃人だが、猫への愛はひと一倍。
猫のために生き、里親になった家猫とともに暮らしている。
猫になつかれるための努力も欠かさず、散歩や旅の途中で出会った外猫が無防備な姿を見せてくれる瞬間が、至福のひととき。
将来の夢は、猫に囲まれてのんびり暮らすことと、外猫へのあたたかな視線が地域へ広がること。

コメント(4)

こんばんは、シモです。
田代島特集お疲れ様でした。
島の存在自体始めて知りましたが、興味深く拝読させて頂きました。
ただ、ウチのヨメが早くも次の展開はどうなるのかと気になり出しています。
楽しみにしております。。。

シモさん | 2012年11月25日 23:42

こんにちは。はじめまして^^
私は京都に住んでいますが、田代島には震災後、8回行きました。
港に下りてくると帰る実感が湧いて寂しくなる・・・・私もいつもそうです。
田代島には、今、パステル三毛が二匹います。(大泊にも飼われている三毛が今でもいればいるはずです)
でも他の土地から来た子です。今、田代の猫たちは、黒白です。(外から来た長毛、グレーもいますが)
漁師さんの話では、昔は茶色、三毛が沢山いたらしいのです。でも、どんどん黒と白になっていったと言われていました。
獣医さんに遺伝的に黒と白が残るのかを聞いたのですが、分かりませんでした。
今日、初めてブログを発見いたしました。これからも楽しみにしています。
たくさんの猫たちのお写真を見せてください。

たむ | 2013年2月 2日 21:44

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ