【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. 猫さんを探して
  4. 動物の孤児院

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 国内ブログ

旅ブログ 国内ブログ
猫さんを探して国内ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

動物の孤児院

2014年3月 2日

能勢805.jpg

大阪、能勢の山奥にある、動物の孤児院ハッピーハウスさんへ取材に行ってきました。
雪でしたが、まだマシなほうなのかもしれませんね。

 

ハッピーハウス806.jpg

山道を進んで到着です。
安楽死はさせず天寿を全うするまで面倒を見るというポリシーのもと600匹近くとたくさんの命が暮らしています。
猫さん、犬君だけではなく、鳥さんやアライグマ君などもいらっしゃるのですよ!
病院やレントゲン室もあり、外来での診察もあるそうです。

 

ハッピーハウス猫さん807.jpg

こちらは猫エリアの1つ。
皆さん椅子はこういう感じで使われるのですね。
暖かくなったらきっとここで転がっているんだろうなあ。。

 

ハッピーハウス猫さん808.jpg

わらわら!!
手前の猫さんは初めて見る柄です。アメショーのシルバーとブラウンが混ざってしまったみたいな感じ?
最初から最後まで遊んでくれましたb
サビ猫さんと同じ理屈で、白以外の色が2色あるのでメスですね

 

ハッピーハウス猫さん809.jpg

部屋の中はちょうど掃除中の時間でした。
高いところが好きな猫さん用に絶妙なスペースが作ってあります!

 

ハッピーハウス猫さん810.jpg

美形の白猫さんたちが台の上でばったり出くわしてしまうのですが、力関係はみるからに明らか・・・イカ耳がすごい

 

ハッピーハウス猫さん811.jpg

「キャラが被るじゃないかー」
「そんな事言われましても、生まれつきこんな感じでして・・・」

 

ハッピーハウス猫さん812.jpg

「降りなさいよ!」
「ひ、ひどい」

  

ハッピーハウス猫さん813.jpg

勝者の顔です

 

ハッピーハウス猫さん814.jpg

ふと横を見ると、キジトラさんが猫専用通路を通って外からお戻りになりました。

 

ハッピーハウス猫さん815.jpg

いつかはこの通路が付いた家に住みたい!
それぐらい魅力的ですね。猫さんが楽しそうだと嬉しいから。

 

ハッピーハウス猫さん816.jpg

天井付近からみんなと掃除の様子を監視する3大巨頭。
ボスと取り巻きみたいな感じすらしますよ、この方々は!

 

ハッピーハウス猫さん817.jpg

そこへ空気を読まずに、乱入!?

 

ハッピーハウス猫さん818.jpg

ニヤリ
いや、こっちがボスだったかぁ!
みんな下むいちゃって・・・・。

このエリアには100匹弱いるそうなのですが、ベッドや箱・タワーも有りとみんな元気にくらしています。
毛並みも良く、表情も穏やか、それが全てを物語っていますね。
大変だと思いますが、スタッフの皆様お世話ありがとうございます。

 

ハッピーハウス猫さん819.jpg

帰り際に見かけた猫さん
外から猫エリアにからかいに来るのだそうです。
しっぽで釣りでもしているんですかー笑

ハッピーハウス猫さん820.jpg

そして、実はこの猫さんも去勢手術が終わっているのだとか。徹底してますね。

毎年約200匹は里親さんが見つかって卒業していくのですが、入ってくる動物も多いので(被災地関係などもありましたね)500から600匹ほどはいつも居るそうです。

場所も人も限りがあるので、救える命は限られています。
だから「動物を飼うときは里親になるのが普通」みたいな世の中になれば、不幸な命は減るんじゃないでしょうか。

そうなるようにこれからも応援しています!

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

ねこせんせい

インターネットプランナー。大阪府在住。
ゲーム好きゆえ休日はだいたい廃人だが、猫への愛はひと一倍。
猫のために生き、里親になった家猫とともに暮らしている。
猫になつかれるための努力も欠かさず、散歩や旅の途中で出会った外猫が無防備な姿を見せてくれる瞬間が、至福のひととき。
将来の夢は、猫に囲まれてのんびり暮らすことと、外猫へのあたたかな視線が地域へ広がること。

コメント(10)

ねこ先生。こんにちは。
地元新聞にて週末「犬猫殺処分場」の特集記事を拝見したばかりです。
この手の記事にはどうする事もできない歯がゆさについ目を背けたくなります。

>「動物を飼うときは里親になるのが普通」みたいな世の中
その記事にもこのような事が書いてありました。
出来る事なら全部の猫さん達を引き取ってあげたいと思いますが、
実際には限度があります。

このハッピーハウスさんの猫さん達は、とても大切にされてる事が
写真からもよくわかりますね。
里親会の皆様の活動も素敵ですが、このような施設ももっと広く
世間へ知れたらいいなと思います。

素敵な特集ありがとうございました。

noton76 | 2014年3月 3日 09:18

こんにちは こちらは遊びにいけるんですか?何か目的がないとダメなんでしょうか?
ボランティア登録とかしないといけないのでしょうか?
我が家にも3匹いて もう手一杯で連れ帰る事は したいけど、できないんです。

happru | 2014年3月 3日 11:05

我が家の長男と長女は、この施設から譲渡して頂きました。
次男、次女(元野良)は、ここで避妊・虚勢の手術をして頂きました。三女は、迷子札を作ってもらいましたよ。
スタッフさんも優しい方が多い印象でした。
知っている施設が紹介されると、何か嬉しいものですね。

5匹のボス | 2014年3月 3日 19:16

ねこせんせい、こんにちは。
動物の孤児院、初めて知りました。 でも、みんな、穏やかな顔をしています。

どんな、動物も、天寿を全うすることは、当たり前のことですよね。
600匹の子たち、お世話するのも、大変だけど、ずっと続いていってほしいです。

外猫さんの為に、何かをしたいという人もたくさんいると思います。けどなかなか、いろんな事情でできないんですよね。
もう少し心に余裕ができれば、お世話してくれる人が増えると思います。

猫さんに限らず、動物は心を癒してくれる、それがわかれば共生は可能なのに。
私は私で、今上の外猫さんのお世話を精一杯頑張ろう。

チャスカ | 2014年3月 5日 14:44

動物の孤児院ですか、、、初めて知りました。
素晴らしい活動ですね。
そして、体力的にも金銭面的にもとても大変なことだと思います。
頭がさがりますね。
こういう施設が日本全国にできればいいのにな。

みんな同じ命なのに、殺処分されてしまうなんて・・・どうにかならないものでしょうか?
殺して処分だなんて、漢字を見ただけでも悲しくなります。

seri | 2014年3月 7日 14:36

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ