【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. 猫さんを探して
  4. わんにゃん

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 国内ブログ

旅ブログ 国内ブログ
猫さんを探して国内ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

わんにゃん

2014年4月 6日

猫好きの傾向として、特定の種類や自宅の猫さんだけではなく、どの猫さんも好きというのがあるかもしれません。
そうはいっても、やっぱり特別な存在はいるものです。

いつも同じ時間に同じ場所で待っていて、目が合うと「わんにゃん!」と言うキジトラ猫さん。
だから名前はわんにゃん

わんにゃん874.jpg

1歳ちょっとと思われるわんにゃんはいつの間にか4匹の子供を連れて来て紹介してくれました。
(近づくことは出来ないので遠くからですが)
でも、4匹揃っていたのはその時が最後。生き残りは2匹となり外の環境の厳しさを改めて思い知ります。
少ししての再会で、痩せたわんにゃんと子供が走って現れました。(※写真は太っている時のものです)
手持ちで何かないかと探し、とりあえず体に悪くなさそうな卵焼きをあげました。

子供たちは必死で食べ始めるのですが、わんにゃんはじっとこちらを見ていました。
あまりにも無防備に食べている子供たちの代わりに警戒してあげてるんですよね。。。自分も食べたいだろうに。。。

早くここの猫さんを助けよう
そう決心した瞬間でした。

 

わんにゃん875.jpg

避妊去勢をして同じ場所に戻し地域猫にするというやり方もあるのですが、交通量がすごく多く企業の施設が近い事もありここで生きることは色々と難しそうです。
保護して里親さんを探そう、見つからなければうちの子に!

 

わんにゃん877.jpg

少し時間がかかりましたが、なんとか保護できました。このあと避妊手術です。
翌朝、他数匹の地域猫の手術に便乗して送迎サービスに混ぜてもらうことにしました。
ちなみに、家で引き取る場合は地域猫ではなく飼い猫になるので耳先カットもしません。

 

わんにゃん878.jpg

「うちの先住猫さんとどうやって隔離しよう」
「先住ねこさんのストレスはどんなもんだろう」

「トイレはすぐに覚えてくれるかな」

など、保護できた安心と少しの不安が混じりながらも明日からのことを考えていました。
経験者にアドバイスを聞きました。
ケージに入れ隔離しつつ一ヶ月ほどかけて先住猫さんと匂いを同じにして慣らしていくとうまくいくことがあるのだそうです。
怒ったり威嚇したりするのは、匂いが違うことも原因なのだとか。


送迎の車に預けた後、ホームセンターに大きめのケージを見に行こうとしていたとき信じられないメールに目を疑いました。

「わんにゃんが逃げたって」

(つづく)

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

ねこせんせい

インターネットプランナー。大阪府在住。
ゲーム好きゆえ休日はだいたい廃人だが、猫への愛はひと一倍。
猫のために生き、里親になった家猫とともに暮らしている。
猫になつかれるための努力も欠かさず、散歩や旅の途中で出会った外猫が無防備な姿を見せてくれる瞬間が、至福のひととき。
将来の夢は、猫に囲まれてのんびり暮らすことと、外猫へのあたたかな視線が地域へ広がること。

コメント(16)

え?ほっとしたのに、、、。
とても心配なんですけど。。。
わんにゃんちゃん、どうなるの?
どうにか戻ってきて家猫さんになれますように。

seri | 2014年4月 6日 20:52

現在進行中ですか。。。
もしかして、既に良い結果がでてて後で更新かなって思っていたんですけど。

わんにゃんちゃんが見つかったら、ぜひともお早いお知らせ待ってます。

seri | 2014年4月 7日 21:23

ねこせんせいこんばんは。

こちら側は何とか保護して助けたいと思うのだけど当のねこさんは、捕まると思い、必死で抵抗するんですよね。

実はわたしの自転車の前かごに,生まれて10日前後のねこさんを子育て中のお母さん猫がいます、
自転車はのっとられて乗ることができないけど、元気に巣立つまで見守っていこうと思っています。

わんにゃん、無事に戻ってくるといいですね。
戻っておいで

チャスカ | 2014年4月 8日 18:32

初コメントです。

たまに、まとめ読みしてましたが
今回は、そのままにできませんでした。

我が家のオスのキジトラととてもよく似ている
“わんにゃんちゃん”の写真と
ウチの猫を交互に見てたら涙がジワッと・・・

帰ってきてーーーー!

薫風 | 2014年4月 9日 23:05

保護して下さり、ありがとうございます。

大きな決断が必要だったと思います。

今後の対応は大変でしょうが、

何とか頑張って猫ちゃんに幸せを!

ゆりとけい | 2014年4月10日 14:17

私もつい1か月前の吹雪の時期に6か月くらいの野良猫を保護しました。猫風邪をひいていて目も瞬膜が癒着して大変な状態でしたが検査・手術をして今は家猫と仲良く(ケンカしながら)元気に育っています。
今後も大変だと思いますが、わんにゃんさんが早く見つかることをお祈りしています。

cozy | 2014年4月11日 18:04

yahooにもメール送ってみましたがエラーだったので、こちらからコメしますね。
せっかく保護してくださったのに、逃げた…。う。っ。。私もその病院使ってるんですが。不安。
私も同じような経験したので、ねこせんせいの心配がどれほど苦しいかよくわかります。ちょくちょく前を通るので気をつけてみます。
わんにゃんちゃん、どうか無事でいて欲しい!!

ばすびー | 2014年4月11日 18:44

昨日あの病院行ったので、公園付近とか散策してみました。
受付さんとも話してみました。
これからもあのあたり通過する時は気をつけて見ておきますね!
どうか、あまり気持ちに無理をしないでくださいね。

ばすびー | 2014年4月20日 12:30

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ