【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. 猫さんを探して
  4. 桜と猫さん

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 国内ブログ

旅ブログ 国内ブログ
猫さんを探して国内ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

桜と猫さん

2016年5月22日

京都のさくら1961.jpg

桜の時期の京都にやってきます。
京都に来たらいつもの場所に向かわないといけませんね!

 

 

京都の猫さん1962.jpg

地下鉄の駅に謎の黒猫さんです。

 

京都の猫さん1963.jpg

桜が咲いていても猫さんはいつも通りです。
人が多いって思っているくらい?

 

京都の猫さん1967.jpg

いつも通り休んでいます!
ただ、造花の桜がいつもと違ってオシャレですね。

 

京都の猫さん1969.jpg

そんな中、茶白さんは始動。

 

京都の猫さん1964.jpg

「桜が一番美しいのは・・・」

 

京都の猫さん1965.jpg

「散る時だよな」

 

京都の猫さん1966.jpg

散った花びらの上で転がって遊んでいらっしゃいました。
機嫌がよさそうでなによりです!

 

京都の猫さん1968.jpg

最後に立派なキジトラさんに遭遇。思わず「フトシさん」と呼びかけたくなります。

 

京都の桜1970.jpg

帰るころには夜桜を楽しめます。

 

猫さんオブジェ1971.jpg

そして、駅へ向かう途中で、またしても黒猫さん。
水差しでしょうか、いい感じですね。

 

撮影:2016年4月2日

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

ねこせんせい

インターネットプランナー。大阪府在住。
ゲーム好きゆえ休日はだいたい廃人だが、猫への愛はひと一倍。
猫のために生き、里親になった家猫とともに暮らしている。
猫になつかれるための努力も欠かさず、散歩や旅の途中で出会った外猫が無防備な姿を見せてくれる瞬間が、至福のひととき。
将来の夢は、猫に囲まれてのんびり暮らすことと、外猫へのあたたかな視線が地域へ広がること。

コメント(10)

京都ですよね、えさをあげたら罰金って、時代に逆行というか冷たいというか、東京都調布市では外猫ちゃんはひとり五匹まで手術代を出してくれて、市をあげて猫ちゃんのことに取り組んでいます。手術したあとはしっかり生きていけるようにみんなで面倒をみます。外で生きていくのは大変きつく三年ぐらいしか生きられないのです。もちろん、わかってくれない人もいますが、市あげて、取り組んでいます。ねこは生きているのですから、粗末に扱うことは許されません。

まーちゃん | 2016年5月23日 13:01

同感です!!

ソン | 2016年5月23日 13:42

桜と猫ってあいますよね!散った花びらと共にコロンコロン気持ち良さそうで可愛いです(^^)

ジバニャン | 2016年5月23日 21:27

お返事いただけてたいへん うれしかったです。なみだが おもわずでました。いま 大変心配していることがあります。猫ちゃんブームです。育てたことの無い人が、かえないからといって 外にだして しまわないかと言う事です。一回家のなかで育った子は外で生きていけないのです。自分でえさもさがせないし、身をまもることもできずに死ぬまでフリーズしてしまうのです。誰かが声を大にしてさけばないと不幸な猫がいまよりもっとたくさんうまれてしまうのです。それが恐ろしくてたまらないのです
  
   
  

  
   


まーちゃん | 2016年5月25日 12:59

いつもの場所って結構、たくさん、猫さんが、休めるスペースがあるんですね。
きれいなねこさん、たくさんいますね。

皆元気に育っているんだ。

チャスカ | 2016年6月 2日 10:48

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ