【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. 猫さんを探して
  4. Qsmet(くすめっと)様

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 国内ブログ

旅ブログ 国内ブログ
猫さんを探して国内ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

Qsmet(くすめっと)様

2017年1月 8日

Qsmet2287.jpg

大阪市の阪急上新庄駅近くにある、里親募集型の保護猫カフェ、Qsmet(くすめっと)様に訪問です。
ちなみにQsmetとはトルコ語で「ご縁」という意味だそうでピッタリですね。

 

Qsmet2288.jpg

二階の入り口へ向かうとこんな感じです。

 

Qsmet2289.jpg

扉の横には杉本彩さんのポスター。色々な人に見ていただいて、知ってもらいたいですね。

 

Qsmet猫さん2290.jpg

清潔感のある店内にはキャットタワーがたくさん。
思い思いの場所でくつろいでいます。
上下にこういった場所があると、猫さんたちも空間を広く使えますねb

 

Qsmet猫さん2291.jpg

10歳を超える大型の茶トラ「寅次」さんは完全に落ちています。

 

Qsmet猫さん2292.jpg

窓際で日向ぼっこする猫さんたち。

 

Qsmet猫さん2293.jpg

こちらの猫さんも・・・落ちてますね!

 

Qsmet猫さん2294.jpg

テーブルの中心に猫さん用の窪みがあり、そこにセットされたベッド!
ちゃんと使っていただけているところがいいですねb
こういうテーブルで仕事したい・・・・。

 

Qsmet猫さん2295.jpg

一方で、寝ていないのは遊び盛りの子猫さんたち!
狙ってますね。

 

Qsmet猫さん2296.jpg

飛んだ!!
たくさん遊んでもらいました。

 

Qsmet猫さん2297.jpg

のんびり幸せそうに暮らしている猫さんたち、みなさん保護猫さんです。
まだオープンから1年経っていませんが19匹がもらわれていき、6匹が里親さん内定しているとのことでした。(2016/12/22当時)
目が見えず耳も聞こえない猫さんが譲渡第1号だったそうで、そういった猫さんでもちゃんと家族が見つかるという事は素敵な話ですね。
ここで穏やかに暮らしていたり、新しい家族が見つかったり、みなさんこれからもお幸せに!

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

ねこせんせい

インターネットプランナー。大阪府在住。
ゲーム好きゆえ休日はだいたい廃人だが、猫への愛はひと一倍。
猫のために生き、里親になった家猫とともに暮らしている。
猫になつかれるための努力も欠かさず、散歩や旅の途中で出会った外猫が無防備な姿を見せてくれる瞬間が、至福のひととき。
将来の夢は、猫に囲まれてのんびり暮らすことと、外猫へのあたたかな視線が地域へ広がること。

コメント(2)

某店の事件

先日、某猫カフェを訪れていたら、
煩い未就学児を連れた親子が来店してきた。

親の言い分、未就学児が煩いのは、仕様ない。
私の考え、猫の極度のストレスになる。仕様ないとは、全く非常識。

速やかに退店させない店が悪い。
抑々、入店させない店もある。

 その某店は、来年から入店させないルールに改める。
 一言、遅い!理解している店は、疾うに理解していた。

 逆に、入店させる事に改悪した店もある。
 退化している。

単なる猫好きと本当の猫好きがいる。
人間優先か、猫優先か、スタンスの違い。

 前者は、可愛いー!と、寝ている猫を起こしたり、無理矢理抱っこしたり。
 後者は、寝顔を愛しむ。極まると、猫愛護ボランティアを始める。

根底にあるのは、日本人の精神性か。
法律上、未だに動物は、物扱い。虐待・虐殺しても、器物破損、執行猶予。

脳に傷があるから、金切り声を出すのか。
金切り声を出すと、脳に傷が付くのは、確か。
ソプラノ歌手は、晩年に精神を患う人もいる。
欧米は、親が子に金切り声を出させない、常識。

P. | 2019年1月 3日 14:51

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ