【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From那覇 お気に召すまま 気のむくまま沖縄
  4. 渡嘉敷島でシュノーケル三昧

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

ブログ 観光地ブログ

旅ブログ 観光地ブログ
From那覇 お気に召すまま 気のむくまま沖縄観光地ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

渡嘉敷島でシュノーケル三昧

2010年9月21日

9月になってもまだまだ沖縄は海水浴シーズン。アップが遅くなりましたが、毎年家族旅行で行くケラマの渡嘉敷島を紹介します。渡嘉敷島はケラマ諸島の有人島の中で一番那覇から近く、高速船で35分、フェリーで70分。日帰りでもシュノーケルを楽しめます。島に着いたら、宿泊施設の送迎バスか、日帰りの人は島のバスなどに乗ります。島は、港のある渡嘉敷と、ビーチがある渡嘉志久(とかしく)と阿波連(あはれん)の3つの地域に分かれます。

 

とかしくは、オンザビーチの「とかしくマリンビレッジ」http://www.tokashiku.com/があり、部屋からすぐビーチに出てシュノーケルできるというケラマ一番の好立地。 10tokasiku4.jpg 施設もきれいで、快適に過ごせます。(日帰り利用の場合は、施設使用料を払って事前に申し込めばOK)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここのビーチは手前のほうは砂地が続くけど、ウミガメが住みついているので、ラッキーなときは足がつくくらい浅いところでウミガメに会えることも!そして、沖はサンゴの根に熱帯魚がいっぱい♪ 手軽なミニシュノーケルツアーも出ています。 10tokasiku2.jpg   10tokasiku1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10tokasiku3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  あはれんビーチもとてもきれいなビーチ。パラソルやシュノーケルセットのレンタルのお店もあります。島一番のにぎやかなビーチだけど、広々としているので、一番のハイシーズンでも下の写真くらいの混み具合です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

          ぶらっと渡嘉敷4.jpg  

ここは日によって濁りが入りやすいけど、海に入って岸から近いところにすぐシュノーケルポイントがあり、熱帯魚もたくさん。サンゴもかなりきれいです。

 

 

ぶらっと渡嘉敷2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶらっと渡嘉敷3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、あはれんビーチから目の前に見える小さな無人島 ハナリ。(シブガキ隊の像があり、シブガキ島とも呼ばれます。若い人にはわからないかな...)あはれんビーチからグラスボートなどで渡ることができます。

ここはとても透明度が高く、海に入ってすぐサンゴや魚が見られます。

 

 

ぶらっと渡嘉敷1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

10hanari1.jpg 10hijuisi5.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はハナリで小さいウミガメにも会えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10hanari2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渡嘉敷島は日帰りでも楽しめますが、私はぜひ泊まりでの滞在をお勧めします。日帰りの海水浴客の人たちが帰った後のゆったりとした島の時間。海辺や集落を散歩していると聞こえてくる三線の音、地元のおばあちゃんや他の観光客の人たちとおしゃべりしたり、夜には満天の星を見たり、俗世を忘れてリフレッシュできます。昔ながらのアットホームな民宿や、設備が整った新しいプチホテルもあるので、自分のスタイルで楽しめます。

 渡嘉敷島については、村の公式HPがとてもわかりやすくて参考になります。http://www.vill.tokashiki.okinawa.jp/

 

*渡嘉敷村含むケラマ諸島に行くときの注意

・乗船する那覇の泊港は、フェリーの南岸(とまりん)と高速船の北岸があり、北岸はさらに渡嘉敷村と座間味村(座間味島と阿嘉島)に分かれています。南岸と北岸は約400m、駐車場から北岸まで約800mと離れていることと、平日朝は大渋滞する場所なので、時間にはかなり余裕を持って行きましょう。

・台風が来たり、波が高い時には高速船が欠航することもあります。台風が来た時には、島に渡っても何もできない、島のために食事なども限られることもあるので、台風が来そうな時には無理に島に渡らず、キャンセルすることも考えておきましょう。船はキャンセル料は不要です。また、天候不良の時にはキャンセル料を取らない宿が多いので、宿泊施設に相談しましょう。

・シュノーケルポイントではサンゴの上に立ったり、サンゴをフィンで傷つけないように気をつけましょう!  

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

田辺 里美

南国リゾートが大好きで、2002年に家族で沖縄に引っ越し。
本島内を中心にくまなく遊びながら情報提供しているうちに、観光関係(特に家族旅行)を中心としたライターの仕事も受けるようになる。
趣味はシュノーケルと食べ歩きと旅行。食べ歩きのせいか、どんどん横に大きくなるのが悩みの種。離島へのミニ旅行が楽しみで、特に宮古島と阿嘉島が好き!
息子たちが巣立った後は、夫と小さい民宿を開くのが夢。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ