【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From那覇 お気に召すまま 気のむくまま沖縄
  4. 熱帯ドリームセンター

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

ブログ 観光地ブログ

  • 札幌
  • 東京
  • 京都
  • 那覇

旅ブログ 観光地ブログ
From那覇 お気に召すまま 気のむくまま沖縄観光地ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

熱帯ドリームセンター

2013年6月17日

 

  例年より短い梅雨があけた沖縄ではもう夏本番。今日は水族館のある海洋博公園の中の癒しスポット、熱帯ドリームセンターを紹介します。

 

 

沖縄で水族館に行ったことがある人なら、名護方面から水族館に向けて車を走らせていると、レンガ作りのような謎の建物を目にしたことがあるかと思います。その謎の建物こそが熱帯ドリームセンターの展望塔です。

 

 

 

DC02.jpg

 

熱帯ドリームセンター http://oki-park.jp/tropical/ は、亜熱帯の花や植物をテーマの施設。

お花でできたヤンバルクイナがお出迎えしてくれます。

DC01.jpg

 

  DC1.jpg

 

 

DC2.jpg

DC31.jpg

 

DC3.jpg

 

 

 

まずは洋蘭が咲く温室。色とりどりのたくさんの種類の蘭が展示され、ゴージャスです。

 

 

DC4.jpg

 

 

 

 

 

 

  DC5.jpg

DC6.jpg

 

 

 

 

 

 

 

DC7.jpg

あちらこちらに額縁が飾ってあり、立体的な絵のような花々や、または自分たちもその中に入って写真を撮ったりして楽しめます。

 

DC9.jpg

 

DC10.jpg

DC8.jpg  

 

DC11.jpg

温室外も南国ムード満点。あちらこちらにベンチが置いてあり、ゆっくりできるようになっています。水辺には鯉も泳いでいて、夏でも涼しげ。緑とのコントラストがとてもきれいです。

 

 

DC12.jpg

 

 

DC13.jpg

 

 

DC14.jpg

 

 

DC15.jpg

 

 

DC17.jpg

 

 

DC18.jpg

暑い夏や雨の日は、室内の休憩所がおすすめ。広々としていて、お弁当を持ち込んで食べてもOK。小さいパーラーもあり、トロピカルドリンクやアイスクリームを食べながら一休みはいかが?

 

 

DC19.jpg

 

 

DC20.jpg

 

 

DC21.jpg

 

 

DC22.jpg

遠見台へは、展示室からエレベーターであがり、そこから階段であがります。遠見台の上からは、伊江島、水納島、瀬底島など大パノラマが広がり、晴れた日は最高にきれいです。

 

 

DC24.jpg

 

 

DC23.jpg

 

 

DC25.jpg

 

 

DC26.jpg

 

 

DC27.jpg

果樹温室では、季節の珍しい果物などが見られます。

 

 

DC16.jpg

そして、最後にビクトリア温室。オオオニバスなどの熱帯の植物が生い茂り、子供を対象にハス乗り体験も行われています。

 

 

DC28.jpg

 

 

DC29.jpg

 

 

 

DC30.jpg

熱帯ドリームセンターの入館料は、大人670円、小人340円ですが、水族館入館券を持っていると半額で入館できます!ただし、水族館と熱帯ドリームセンターは歩くと遠いので、車を移動させるか、公園内のバスでの移動がおすすめです。

ドリームセンターのすぐ近くに駐車場があるので、こちらを利用すると便利です。

 

 

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

田辺 里美

南国リゾートが大好きで、2002年に家族で沖縄に引っ越し。
本島内を中心にくまなく遊びながら情報提供しているうちに、観光関係(特に家族旅行)を中心としたライターの仕事も受けるようになる。
趣味はシュノーケルと食べ歩きと旅行。食べ歩きのせいか、どんどん横に大きくなるのが悩みの種。離島へのミニ旅行が楽しみで、特に宮古島と阿嘉島が好き!
息子たちが巣立った後は、夫と小さい民宿を開くのが夢。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人編集部 @buratto_tabi