【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From那覇 お気に召すまま 気のむくまま沖縄
  4. 海の上の空中散歩

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

ブログ 観光地ブログ

旅ブログ 観光地ブログ
From那覇 お気に召すまま 気のむくまま沖縄観光地ブログ

← 前へ 一覧

海の上の空中散歩

2021年9月30日

9月末になってもまだまだ夏の沖縄。今回は日本初の海越えジップライン「PANZA Okinawa」を紹介します。
今年のお正月の「有吉の冬休み」や、2019年のANAのCM、他にもいろいろな番組で紹介されたことがあるので、テレビなどで見られた方もいらっしゃるかもしれませんね。

このジップラインは、以前ぶらっ人の記事でアップした恩納村のリゾートホテル、シェラトン沖縄サンマリーナリゾートの中に2017年にオープンしたアトラクションで、宿泊客でなくてもビジターでも利用できます。
(以前のシェラトンの記事はこちら→https://tabi.chunichi.co.jp/blog/okinawa/2016/07/post-83.html

ジップラインは、スタートとゴール地点を結んで空中にかけられたワイヤーロープを滑車を使って滑って下りるアクティビティ。東海地方では岐阜や三重にあるようですが、ここのジップラインは日本初の海の上を越えていく全長約250mのコースです。
IMG-4027.jpg

スタート地点は13m、だいたい三階くらいの高さになります。ワイヤーロープは2本あるので、家族やお友達、カップルで一緒にすべることもできます。
IMG-4012.jpg

IMG-4004.jpg

それでは実際に体験してみましょう!
予約はできないので、直接サンマリーナの敷地内にあるビーチカウンターに行き、申し込みをします。
ホームページから事前登録をするとスムーズです。

手続きが終わると、まずはスタッフにハーネスとヘルメットをつけてもらいます。その後、注意事項など説明を聞きます。貴重品やスマホなどは持っていけません。アクセサリーもすべて外して、ロッカーに置いて行くので、できるだけ持っていかないほうがいいですね。服装は制限はありませんが、動きやすい服装で、脱げない靴がいいです。ビーチサンダルなどの場合は脱いで体験することになるので、誰かにゴール地点まで持っていってもらわないと帰りははだしで歩いて帰らないといけません。

IMG-4009.JPG

階段を上がってデッキまで行ったらいよいよスタートです。デッキに立ってみると高いだけに見晴らしは最高!スタッフがきちんと安全確認もしてくれるので、安心なのですが、高いところが苦手な私は、空中に飛び出す瞬間はちょっと勇気がいりました。しっかりロープを握っていざスタート!
DJI-0074.PNG

時速30-40キロで海に向かって滑り降りて行きます。スタートの怖さは一瞬だけで、スタートしたら気持ちよくて最高の気分!

DJI-0075.JPG

DJI-0077 (2).JPG

だんだん海が近づいてきます。
DJI-0078.JPG

透明な海の上を飛んでいるとさらに気持ちいい。
DJI-0080.JPG

ビーチの沖にのびる突堤にあるゴールまであと少し。
DJI-0084.JPG

ゴール地点ではスタッフが待ち構えていてくれます。あっという間に終わってしまって名残惜しい!
IMG-4034.jpg

約30秒の空中散歩を満喫した後は、海を眺めながら歩道を通って帰ります。ハーネスとヘルメットをはずしてもらって終了です。
DJI-0105.JPG

スマホやカメラは持っていけませんが、希望者はドローン撮影をお願いできます。
終了後、動画と画像はすぐデータで受け取ることができます。動画には音楽もついて、まるでCMのような素敵な映像に仕上がっていました。(料金は1グループ4400円)

他ではなかなかできない沖縄ならではの体験なので、ぜひチャレンジしてみてください!

年齢制限はありませんが、体重25-130Kgが対象です。小学生は保護者同伴、中学生は保護者の事前同意が必要です。
妊婦さん、飲酒している人、心臓に持病があったり、首や背中に障がいがある人などは参加できないので、事前にホームページで注意事項を確認してください。
なお、風が強い時や荒天時には中止になるので、ホームページで運行状況をチェックしてから行きましょう。

PANZA Okinawa
料金:宿泊者1320円、ビジター2200円(駐車場代500円/時別途)
所在地:恩納村冨着66-1 シェラトン沖縄サンマリーナリゾート内
電話:050-5236-7750

← 前へ 一覧

取材担当プロフィール

田辺 里美

南国リゾートが大好きで、2002年に家族で沖縄に引っ越し。
本島内を中心にくまなく遊びながら情報提供しているうちに、観光関係(特に家族旅行)を中心としたライターの仕事も受けるようになる。
趣味はシュノーケルと食べ歩きと旅行。食べ歩きのせいか、どんどん横に大きくなるのが悩みの種。離島へのミニ旅行が楽しみで、特に宮古島と阿嘉島が好き!
息子たちが巣立った後は、夫と小さい民宿を開くのが夢。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ