【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ぽぷかる通信 〜愛知ぽぷかる聖地化計画〜
  4. 【愛知・名古屋】おざわゆき『あとかたの街』複製原画展を開催しました。

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

カルチャーブログ

旅ブログ カルチャーブログ
ぽぷかる通信 ~愛知ぽぷかる聖地化計画~ カルチャーブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【愛知・名古屋】おざわゆき『あとかたの街』複製原画展を開催しました。

2014年11月18日 ぽぷかる

先日開催したぽぷかるパーティにて、

父親が体験した過酷なシベリア抑留の様子を描く「凍りの掌 シベリア抑留記」で第16回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人受賞した

おざわゆき先生による新たな戦争記である『あとかたの街』の複製原画展を開催しました!

 

ozawa.jpgozawa2.jpg

 

『BE・LOVE』(講談社)にて現在連載中の「あとかたの街」。

太平洋戦争末期の昭和19年、名古屋。優しい父と強い母、そして四姉妹の女系家族。木村家次女・あいは、国民学校高等科1年生。
 

青春真っ只中にいるあいの関心は、かっこいい車掌さんに出会ったことや、今日の献立のこと。自分が戦争に参加しているなんて気持ちは、これっぽっちもなかった――。しかし、米軍にとって名古屋は、東京や大阪と並んで重要攻撃目標だった。
少女・あいにとって、戦争とは、空襲とは、空から降り注いだ焼夷弾の雨とは、一体何だったのだろうか。

 

ozawa1 (3).jpg

ozawa1 (1).jpg

ozawa1 (2).jpg

 

当日は即売会会場である体育館入口にて開催され、多数の来場者に足を止めて見てもらうことができました。

原画を1枚1枚丁寧に眺めている方々が多かったです。

 

終戦後60年が経過し、戦争の記憶が風化していく中で漫画を通して戦争について知ることができる展示となりました。

 

おざわゆき先生公式サイト:http://www.geocities.jp/yukinabe01/

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

文化の妖精 ぽぷかる 愛知・長久手育ちの文化の妖精ぽぷかると申します♪文化の妖精には、2つの役割が御座います。新しい“文化の香り”を見つけ、育てること。古き良き熟成された“文化の香り”を皆様にご紹介すること。ここでは、わたくしが時間を超えて出会った様々な時代の素敵な作品や人々をご紹介するとともに、皆様と一緒に新しい“文化の香り”を見つけていきたいと存じます。文化には、地域に根付き生まれてきた食べ物や文学など……興味深いことがいっぱいです。今、興味を持っているのは、アニメやゲームなどの最新ポップカルチャー♪わたくしに、皆様が見つけた“文化の香り”教えてくださいね(*´ω`*)
愛知の鳥 コノハズクン 俺は愛知・鳳来町出身のコノハズクン。フクロウ科の中では一番小さいけど……オトナだからな!小さいからってぽぷかるみたいに俺を子ども扱いするなよ?芝居を観るのが趣味だけど、最近面白いのは戦隊もの!特にヒーローは格好良くって大好きなんだ!

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ