【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From仙台 東北女の丸かじり!!
  4. 武将隊バスツアー

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

ブログ 観光地ブログ

  • 札幌
  • 東京
  • 京都
  • 那覇

旅ブログ 観光地ブログ
From仙台 東北女の丸かじり!!観光地ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

武将隊バスツアー

2011年1月 9日

新年おめでとうございます。

2011年最初のブログ記事は、年末に参加した「武将隊バスツアー」をご紹介したいと思います。

御存じ、我らが「伊達武将隊」の各武将ゆかりの地を訪ねるバスツアーです。

 

bus.JPG

集合は朝9:30。仙台駅前を出発したら、まずは政宗公の霊廟である「瑞鳳殿」へ。

 

 

P1120066.JPG

学芸員さんの丁寧な解説で瑞鳳殿の魅力を再発見!

息子もかぶりつき(?)です。

 

aun.JPG

 

独眼竜の名の通り、

竜のモチーフもあちこちに。

きちんと、「阿吽」になっているのは

今回お話をうかがうまで

気づきませんでした。

 

 

 

 

P1120078.JPG

瑞鳳殿を後にしたら、

バスに揺られて10分ほどで

仙台城跡へ。

なんと、片倉小十郎殿と

伊達成実殿がお出迎え。

車内も「きゃー!」っと

黄色い声に包まれます。

 

 

 

 

 

 

 

P1120121.JPG

仙台城跡では、特等席で武将隊の演武を見ることができます。

こんな、いい場所で見るの、はじめてかも。

息子も「何度見てもカッコイイよね」と。まったくその通り!

 

P1120131.JPG

演武を堪能し、記念撮影を行ったら、塩釜に向けて出発じゃい。

武将隊のみなさんもお見送りを受け、しばしバスに揺られます。

 

P1120142.JPG

塩釜に到着!

昼食は完全にフリーなので、私たち親子は、塩釜市場名物の「勝手丼」にトライ。

「勝手丼」とは、市場で好きな魚介類を購入し、食堂のご飯セット(300円)に

乗せて自分だけのオリジナル丼がつくれてしまうもの。

P1120141.JPG

 

息子は「特別な日ですから」と

大トロとウニをチョイス。

 

贅沢者めがっ!

 

 

でも、試食させてもらったら

確かに美味い。

 

P1120138.JPG

 

こうしてできあがった「勝手丼」。ほかのツアー参加者の方から

いくらのおすそわけまでいただき、果てしなく豪華な丼になりました。

 

marinegate.jpg

おいしいお昼をいただいたら、バスに揺られて数分。

マリンゲート塩釜に到着です。

ここでは、支倉常長殿と足軽の与六殿が迎えてくれました。

「マリンイーグル号」改め「サンファンバウティスタ号」に乗りこみ、いざ出帆!

 

P1120165.JPG支倉殿と与六殿の

 

軽快なトークで

船内は和やか。

 

「あれが夫婦岩で...」

なんて、

さすが支倉殿は

海の男じゃの。

 

 

 

 

 

 

P1120166.JPG

松島に到着すると、御屋形様こと伊達政宗公と、おひな殿がお出迎え!

と、ここで息子が「ねえ、あそこに誰かいるよ...」。

 

 

P1120171.JPG

 

遠く、観瀾亭に目をやると、そこにはなんと、漆黒殿が!

目元に「してやったり」な光を見たのは私だけ?

 

tea.jpg

 

かつて政宗公が太閤秀吉公から拝受した茶室である観瀾亭。

ここで漆黒殿を交え、政宗公をはじめとする武将隊のみなさんと御抹茶を

いただきながらしばし談笑。松島湾の景色も素晴らしい!

 

P1120219.JPG

ティータイムが終わったら、バス乗り場までみなさまでお見送り。

ここでバイバイ...かと思いきや、最後には仙台駅で衝撃のお出迎えサプライズが!

サプライズすぎて写真間に合わず!!!!

この、「武将隊バスツアー」は、毎回おもてなししてくれる武将もサプライズもかわるのだそう。

1月は、16日(日)、22日(土)、30日(日)も開催されますゆえ、

どうかご参加くだされい。

 

おっと。

このブログを書いている1月9日。

なんと、名古屋のおもてなし武将隊のみなさまが仙台にお越しくださいました!

 

 

 

nagoya.jpg

ZeppSendaiでの競演は素晴らしく、私は一目で名古屋武将隊のみなさまの

 

 

ファンになってしまいました♪

 

 

 

 

 

 

nagoya2.jpg

 

 

 

 

これからも、名古屋と仙台の交流が続かんことを願って!

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

岡沼 美樹恵

高校生の時に仙台の地を踏む。当時”ガンズ・アンド・ローゼス”のギタリスト・スラッシュのヘアスタイルにするほどロックにのめり込む。
大学卒業後、東京での出版社勤務を経て、仙台でフリーライターに。
テレビ誌、地元情報誌などでアーティストインタビュー、映画レビューなどを担当。ほぼ毎日のように届く音楽サンプルに埋もれ、あれもこれもと手を出すうちに、どんなジャンルが好きなのか分からなくなって、現在カオス状態。
かつては、かなりの酒豪を自認し、寝酒に焼酎をラッパ飲みしていたが、年齢とともに衰え、今では数杯で大トラに(まわりのみなさん、ごめんなさい!)。
趣味は、帽子集め&休日のお出かけ。
アウトドア、グルメなど楽しいことを求めて、愛車のマーチ号改め、ノートを走らせている。
夢は「世界グルメツアー」に出ること。
これでも一応、一児の母。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人編集部 @buratto_tabi