【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From東京 新人ライターの大好きTOKYO
  4. 【湯島】旧岩崎邸〜湯島天神

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

ブログ 観光地ブログ

旅ブログ 観光地ブログ
From東京 新人ライターの大好きTOKYO観光地ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【湯島】旧岩崎邸〜湯島天神

2013年9月12日

今回は、歴史的建造物がたくさんある
『湯島』駅から『本郷三丁目』の界隈をお散歩です。
 
まずは湯島駅から徒歩三分。
1987年に建てられた重要文化財であるの三菱財閥の本家があります。
見学料は一般で400円。
 

写真 2013-09-07 12 45 37.jpg

 
施主は三菱三代目の岩崎久彌。
建築家はイギリス人のジョサイヤ コンドル。
ジョサイヤ コンドルは、岩崎家と深く関わりがある建築家で、
三菱一号館なども設計しています。
 
明治以降の日本建築界の基礎を築いたと言われており、
有名作には『鹿鳴館』(1940年に解体)があります。
 
 
 
写真がNGなので、素敵な館内の写真を載せる事ができないのが残念ですが、
壁紙は、キラキラの金唐革紙という日本の伝統工芸である高級壁紙。
床は、寄せ木細工。
食器はオールドバカラ。
ベランダにはミントン社のヴィクトリアンタイル。
トイレはイギリスのドルトン社の陶器。
...という高級なものばかりで、今見てもとてもお洒落で素敵です。
 
窓は(私の憶測ですが...)ガラスが微妙に歪んでいたので、
昔の吹きガラスのものがまだ残っているのかもしれません。
 
今の時代にこのような建築を作ろうと思ったら、
高額すぎて作れないのではないでしょうか。
 
こんなに素敵な洋館ですが、
岩崎ご一家は、普段はとなりの和館で暮らしていて
こちらは外人のお客様が来たときなどに使用したそうです。
写真 2013-09-07 13 18 56.jpg
 
 
こちらは離れのビリヤード場。
ロッジのようで素敵ですね。
これもジョサイヤコンドルの設計。
写真 2013-09-07 13 19 07.jpg
 
 
元々は15000坪の敷地だったそうですが、
現在保存されているのは、大体三分の一程度。
他は国有財産と変換されて、現在は最高裁判所になっています。
隣に最高裁判所の建物が隣接しているのは、ちょっと変な感じがしますが...。
写真 2013-09-07 13 18 59.jpg
 
 
 
続いて、元岩崎邸の敷地だったところに建っている湯島ハイタウン。
昭和44年施工。古いマンションですが今でも活躍中です。
 
何かが変だな〜と思っていたら、ベランダがない。
間取り図を見ると代わりに部屋の中にサンルームがあるようですが、
当時はそれが流行っていたのでしょうか...?
写真 2013-09-07 13 35 23.jpg
 
その湯島ハイタウンの1階にある雑貨屋『nico』さん。
アジアや中東などの雑貨を取り扱っていて可愛いお店です。

写真 2013-09-07 13 45 34.jpg


 
 
さて続いて、湯島ハイタウンのすぐ向かいにある『湯島天神
菅原道真公を祀っていて、学業の神様として有名です。
写真 2013-09-07 13 48 53.jpg
 
池にカメがいました。岩と同化している。
写真 2013-09-07 13 50 42.jpg
 
おみくじもあります。
良い事が書いてありました!!
写真 2013-09-07 13 57 10.jpg
 
写真 2013-09-07 13 57 17.jpg
 
 
次は本郷まで歩きます。
また次回〜!
 
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

ゆい

いつまでも未熟なひよっこライター。
美味しいご飯と美味しいお酒が好物。
デザイン、出版系のお仕事を主に。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ