【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. アラフィフ・サラリーマンの山旅日記 頂上(てっぺん)へ行こう!
  4. 憧れの山

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 国内ブログ

旅ブログ 国内ブログ
アラフィフ・サラリーマンの山旅日記 頂上(てっぺん)へ行こう!国内ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

憧れの山

2012年6月18日

山を登る人なら「憧れの山」を持っている人が多いのではないでしょうか?

まだ登っていなけどいつかは登りたい山、登ることはできないけど憧れている山・・・
そんな山をあなたはお持ちですか?
 
富士山でしょうか、槍ヶ岳や剱岳、ジャンダルムでしょうか、それともマッターホルン・・・?
 
 
さて、今回は山梨県の日本百名山・瑞牆山(みずがきやま)(2,230m)に登りました。
ツアー登山の引率です。
 
スタート時は前日からの雨がしとしとと続いていましたが、徐々に回復、初夏らしい爽やかな気候に変わってきました。
 
新緑と登山者のカラフルなウェアのコントラストが綺麗ですね。
 
IMGP2648.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6月の中旬の瑞牆山はアズマシャクナゲの名所です。
この日はちょうど見頃で、みずがきの森の中で可憐な花をたくさん咲かせていました。
IMGP2671.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
金峰山への縦走路の分岐点にある富士見平小屋です。
IMGP2657.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
トイレ(チップ制)があります。この日は売店も営業してました。近くには水場もあります。
 
 
 
 
 
山頂直下の急峻な登山道を登ると、
IMGP2684.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
山頂です。東に同じく百名山の金峰山がそびえます。
瑞牆山山頂は、快晴なら、富士山、南アルプス、八ヶ岳などの大パノラマが楽しめますよ。
 
直下には大ヤスリ岩が誇らしげに立っています。
IMGP2683.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回、一緒に仕事をした吉田律子さん(日本山岳ガイド協会認定登山ガイド)です。
IMGP2687.JPG
 
 
 
 
 
「吉田さんは憧れの山ってありますか?」
 
「特にないですねー。好きな山は全部登ってしまったから」
  
「・・・・。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ところで、自分の憧れの山は・・・「おさびし山」です。
ムーミンに出てくるあの山です。実在してないので、もちろん永久に登れません。
 
しかし、自分にとってここが「おさびし山」と思う山があればそこが「おさびし山」なのです。
 
あなたにとっても、ここが「マッターホルン」だと思う山があればそれでいいのではないでしょうか。
 
瑞牆山の山容です。
IMGP2703.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「おさびし山」のイメージに近いかなと思いますが、ここはちょっと違いますね。
 
いつか「おさびし山」に出逢う日が来るでしょうか・・・
 
 
 
取材日: 2012年6月17日
ルート: 瑞牆山荘前・・・富士見平小屋・・・瑞牆山・・・瑞牆山荘前

※文章、写真、所在地などは取材時のものです。あらかじめご了承ください。
また、山の状況も取材時のものですので、お出かけの際にはご注意ください。

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

岳(たけし)

昭和38年、名古屋市生まれ。40代半ばから本格的に山歩きを始める。
20代の頃より今の方が体力も気力もある!と言い切り、旅行会社に勤務しながら、仕事で、プライベートで、
里山から3000m級の山々を軽やかに(?)駆け巡る日々を送る。
モットーは、「やる気と勇気と根気があれば、不可能はない!」
ちなみに、岳はれっきとした本名。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ