【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. アラフィフ・サラリーマンの山旅日記 頂上(てっぺん)へ行こう!
  4. シリーズ・100名山を歩く!「恵那山」

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 国内ブログ

旅ブログ 国内ブログ
アラフィフ・サラリーマンの山旅日記 頂上(てっぺん)へ行こう!国内ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

シリーズ・100名山を歩く!「恵那山」

2013年4月26日

恵那山(標高2191m)といえば、名古屋で育った自分には身近な山のひとつです。付近にはキャンプ場や公園があり、宿場町、温泉などの観光地も多いところです。

しかし、これまで登ったことがない・・・!

近いからいつでもいける・・・ アプローチが悪い、行程が長い、眺望がよくない・・・ などのイメージが強く、正直、敬遠してきました。が、かの日本アルプルの父・ウエストンも登った山、そしてなんといっても100名山です。

まだ雪の残るこの時期、思い切って登ってみることにしました。

駐車場からしばらく舗装路を歩き、古いトンネルをくぐると登山口です。

IMG_7156.JPGIMG_7158.JPGIMG_7162.JPG

丸太の橋で沢を渡るとしばらく急な登りが続きます。

IMG_7165.JPGIMG_7169.JPG

誰かがつけたのでしょうか・・・現在地の目印の標識があります。

IMG_7175.JPG

標高を1700m超えたあたりから雪が多くなります。

IMG_7176.JPG

そして、尾根筋に入ると眺望がバッと広がります。御嶽、乗鞍が間近に見えます。

IMG_7207.JPG

東に南アルプスが広がります。右から、聖岳、赤石岳、荒川岳、塩見岳、間ノ岳、北岳、仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳・・・名峰がずらりと並び感動です!

IMG_7223.JPG

山頂まで雪を踏みしめながら急坂を歩いていきます。

IMG_7192.JPG

山頂です。誰もいませんでした。

IMG_7204.JPG

山頂に展望台があります。このあたりは新緑の頃にはほとんど眺望がないでしょうね。

IMG_7203.JPG

恵那山の最高地点は実は山頂の標識のある場所ではありません。山頂から少し北西に歩くと小さな祠があり、このあたりが最高地点(2191m)となるようです。

IMG_7210.JPG

 

この日はとにかく天気に恵まれました。眺望が悪いと思っていた恵那山でしたが、南アルプス、御嶽、北アルプス、飯田の街並・・・素晴らしい景色を堪能できました。

その後、下山。陽も傾きかけた午後、雪と影のコントラストが綺麗です。正面は中央アルプスです。この場所からは日本アルプスが大パノラマとなります。

結局、この日は他の登山者に会うことなく下山しました。

恵那山・・・深田久弥氏は「忘れられた山」と書いてましたが、「静かなる名峰」ですね!

IMG_7227.JPG

取材日:2013年4月25日

※文章、写真、所在地などは取材時のものです。あらかじめご了承ください。
また、山の状況も取材時のものですので、お出かけの際にはご注意ください。

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

岳(たけし)

昭和38年、名古屋市生まれ。40代半ばから本格的に山歩きを始める。
20代の頃より今の方が体力も気力もある!と言い切り、旅行会社に勤務しながら、仕事で、プライベートで、
里山から3000m級の山々を軽やかに(?)駆け巡る日々を送る。
モットーは、「やる気と勇気と根気があれば、不可能はない!」
ちなみに、岳はれっきとした本名。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ