【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. アラフィフ・サラリーマンの山旅日記 頂上(てっぺん)へ行こう!
  4. 激走!富士登山競走(後編)

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 国内ブログ

旅ブログ 国内ブログ
アラフィフ・サラリーマンの山旅日記 頂上(てっぺん)へ行こう!国内ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

激走!富士登山競走(後編)

2013年7月28日

 さあ、スタートです!!!

 IMGP8572.JPG

しばらくは舗装路です。しかし、スタート直後から延々と登りが続きます。さらにこの暑さ・・・

正面には4時間半後に立つであろう富士山頂が見えています。

IMGP8576.JPG

しかし、ハンパない発汗量です。滝のように汗が流れ落ちます。地面を見ると、雨が降ったのかな?と思うほどのたくさんの雫の跡が・・・どうやら選手たちの汗のようです。みんなが苦しいんだと改めて気がつきました。

「絶対に完走できる!強気!強気でいこう!!」 自分に言い聞かせます。

やがて登山道の入口「馬返し」に到達。馬も引き返した・・という険しい道の始まりでもあります。

IMGP8579.JPG

ここから本格的な登りですが、ランナーが多すぎてなかなか前に出れない状況がずっと続きます・・・

IMGP8589.JPG

コースにはこのようなエイドステーションが所々にあり、選手をサポートしてくれます。ありがとー!!

IMGP8593.JPG

まもなく最初の関門である五合目です。

IMGP8595.JPG

五合目(標高2230m)です。ここまでの時間は2時間9分。スタート地点からの高低差はすでに1460m!

IMGP8598.JPG

なんとか 五合目まで辿りつきました・・・ しかし、ここからが富士登山競走の正念場です・・・

IMGP8599.JPG

見上げると空が青い! が、先はとてつもなく長い・・・!

IMGP8606.JPG

七合目の鳥居荘です。昨日に続きお邪魔しました。

しかし、今日はあんまりのんびりできません・・・

IMGP8609.JPG

七合目を過ぎると標高は3000mに近くなります。酸素は下界の3分の2の薄さです。このあたりからランナーたちに疲労と高山病が襲いかかります。

意識が朦朧としてふらふらしたり、しゃがみこむランナーも・・・ ここからは気力あるのみ!

IMGP8611.JPG

本八合目です。最後の関門です。ここまで3時間46分。吉田市役所から2630m登ったことになります。

IMGP8615.JPG

九合目の鳥居です。山頂まであと少し。足の筋肉疲労は限界、更に自分にも高山病が・・・

足がもつれだしました・・・集中力も切れかけてきました。

「前へ、前へ、上へ、上へ」、一歩一歩足を前に出し続けました。

IMGP8619.JPG

山頂が見えました!ほっとした気持ちと嬉しさで思わず涙が・・・

IMGP8620.JPG

EUWSrx5A4dFEGje1374987868_1374987894.png

先にゴールした選手たちの声援を受けながら一歩一歩登ります。

IMGP8627.JPG

「やったーーーー!!!!」

IMGP8629.JPG

ひと夏が終わったような気持ちになりました。たった4時間22分の夏・・・

IMGP8630.JPG

富士登山競走に出る選手は猛者揃いです。ゴール後、ほとんどの選手が何事もなかったかのようにさっそうと走って下っていきます。送迎バスのある五合目まで1時間ほどで下ります。

登ってくるときは後ろを振り返る余裕がありませんでしたが、こんな雲の上まで登ってきたんだなー

IMGP8634.JPG

帰路、富士山駅前のうどん屋に入りました。名物、吉田のうどんです。

IMGP8640.JPG

 うどん屋のおばちゃんが、「おじさんも登山競走に出たのー?」

「おじさん」にはちょっとムッとなりましたが、「出たよー」

「山頂まで行けたのー?」

「行ったよ」

「凄いねーー!若い人ももっとがんばらなきゃね!来年もおいでよ!」

「来年・・・どうかなー、ちょっと懲りたからなー」

そう返事をしましたが、心の中では「次はどんな凄いことに挑戦しようかな・・・」と考えてました。

 

取材日:2013年7月26日

※文章、写真、所在地などは取材時のものです。あらかじめご了承ください。
また、山の状況も取材時のものですので、お出かけの際にはご注意ください。

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

岳(たけし)

昭和38年、名古屋市生まれ。40代半ばから本格的に山歩きを始める。
20代の頃より今の方が体力も気力もある!と言い切り、旅行会社に勤務しながら、仕事で、プライベートで、
里山から3000m級の山々を軽やかに(?)駆け巡る日々を送る。
モットーは、「やる気と勇気と根気があれば、不可能はない!」
ちなみに、岳はれっきとした本名。

コメント(3)

登山競争完走おめでとうございます。
4時間22分!!!  まさに「やる気、勇気、根気」真似できません!
夏はまだ前半、しっかり疲れを取って次の過酷なレースに挑戦してください。

紅蘭 | 2013年7月29日 00:05

岳さん、完走おめでとうございます。!(^^)!
私は、20日に富士山登頂にチャレンジしました。
吉田ルート利用で登頂、お鉢巡り、剣が峰をめざす予定でした。
しかし、昨年同様、9合目で高山病発症(>_<)し、
山頂にも行けず、一人脱落下山でした。
相棒の香里さんは、見事、日本最高峰到達できましたよ。
1年間、富士山を目標にトレーニングもして、体調万全で挑んだのに・・・
帰宅してからも、残念無念で凹んでいました。
でも、この記事を読んで、ビックリ\(◎o◎)/!
まだまだ、修行が足らないと実感。
諦めずにまた、来年アタックします。
情けない私を、山旅で鍛えて下さい。

つんこ | 2013年8月 1日 10:25

紅蘭さん、つんこさん・・・

コメントありがとうございます!!!
なかなか辛いレースでしたが、ゴールしたときの達成感は今までの人生で最高でしたよ!
「やればできる!」を自分自身で証明できたような気がします。
トレランは来年も続けたいし、マラソンも記録更新を狙ってますますがんばります!

紅蘭さんもつんこさんも、是非目標を持っていろんなことにチャレンジしてくださいね!
「やる気と勇気と根気」があれば必ず達成できます!

岳 | 2013年8月 1日 12:45

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ