【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 花紀行
  4. 愛知県大府市「星名池」のハス

コラム 花紀行

愛知県大府市「星名池」のハス

愛知県大府市「星名池」のハス

今年の7月は、
梅雨の湿っぽい気候に加えて、
新型コロナウイルスの影響による閉塞感や経済的ダメージ、
また各地で多発的に起こっている豪雨災害など、
試練が多いように感じます。

それでも気持ちを立て直して、
前進していくための心の栄養剤として、
身近な花たちが役に立ってくれるかもしれません。

この時期、
ぴったりの花が開花期を迎えています。
水辺に咲く大らかで優美なハスの花です。

その昔、
中国でハスは「名花十友」の一つに数えられており、
「浄友」という異名を持ちます(「浄」は清らかなという意味)。

もやもやと暗雲が漂うような心持ちのときに見るには
最適な花ではと思い、
愛知県大府市にある「星名池」に、
ハスを見に出かけてきました。

大府市の資料によると、
大きな河川がなく、丘陵の多い市域には昔からため池が多く、
都市化とともに減りはしましたが、現在でも76カ所あるそうです。

市北東部にある「大府みどり公園」の西には2つのため池があり、
南側にある北崎大池は面積が2万2,326平方メートルありますが、
すぐ北側にある星名池は4,779平方メートルで、小ぢんまりとしています。

↑「北崎大池」の案内看板。
 すぐ北にある「星名池」との位置関係がよくわかります。

↑北崎大池。
 緑の多い大きな池ですね。

↑「星名池」の案内看板。

市の観光協会の方にうかがうと、
2000年に市が実施した親水空間の整備の一環として、
星名池にハスの植栽が行われたのだそうです。

↑北東側から見た星名池。
 池の中央に四阿(あずまや)があり、
 両岸へ向かった水上遊歩道が延びています。

 この水上遊歩道は、一昨年末に改修されたそうです。
 

↑大賀ハスかな。
 ハスは全て同じ色で、濃いめのピンクです。
 

↑池の北西側は葉も小さく、
 花もほとんど付いていませんでした。

↑東側のハスたち。

↑これは開花3日目の花かな。
 花びらがよく開いてオシベも倒れ、
 花托に埋まっている種の頭が黒くなっています。

↑こちらは2日目っぽいですね。
 お昼に向けて花びらを閉じている最中のようです。

↑これもおそらく2日目でしょう。
 ちょっと横を向いてしまっていますね。

↑こちらは開花1日目と思われます。
 早朝にちょっと開いてすぐに閉じてしまったようです。
 

↑直径50センチ以上ありそうな大きな葉っぱ。
 真ん中にたまった水が涼しげで、
 これだけ見ていても飽きません。

↑ハス池にしては珍しく噴水も。

↑散策路に埋め込まれていたタイル。

↑星名池の周囲にはアジサイも多く、
 華やかな雰囲気が漂います。
 土壌の性質もあるのでしょうか、
 北西側のアジサイはほぼ全てピンク系
 (南東側のアジサイは青系)でした。

↑他に、印象的だった黄色い花たち。
 左から、ヤエヤマブキ、カタバミ、キンシバイ(推定)。
 梅雨らしく、降ったりやんだりの空模様だったため、
 いずれも雨水が滴って、みずみずしく見えます。

↑水辺の生物たち。
 左から、
 ミシシッピアカミミガメの赤ちゃん、
 コガマの穂、
 ハシリグモの仲間
 (いずれも推定)かな。

 特にミシシッピアカミミガメに関しては、
 ハスへの食害が問題になっているので、
 ちょっと心配です。
 他に、コイも見かけました。

星名池は、
隣接する北崎大池や大府みどり公園まで含めて、
散策路もきれいに整備されているので、
ハスや豊かな自然を楽しみながら
伸び伸びとウォーキングできるコースとしてもお薦めです。

最後になりましたが、
この度の豪雨で被災された方々へお見舞い申し上げるとともに、
新型コロナウイルスの一日も早い終息を祈ります。

取材日:2020年7月4日

DATA

星名池

愛知県大府市北崎町福池8
TEL:0562-45-6227(大府市観光協会)
※入場自由(無料)

交通アクセス

○公共交通機関
名鉄名古屋本線「前後駅」から大府市循環バス(東コースまたは北コース)に乗り「大府みどり公園」下車、北西へ徒歩約10分。
○車
名古屋高速3号大高線「大高」出口から南東へ約6km。
※無料駐車場有り。

取材担当プロフィール

まころーど
名古屋生まれ、名古屋育ち。
季節の移り変わりを観察するのが大好きなアラフィフ世代。新聞記事制作や、出版社にてガイド本等の制作経験あり。
現在は、旅や町ネタに関する記事を執筆しています。観光や販促のお手伝いも。

旅コラム
国内
海外