【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 熱湯コラム「いで湯のあしあと」
  4. 岐阜・馬瀬川温泉

コラム 熱湯コラム「いで湯のあしあと」

岐阜・馬瀬川温泉

岐阜・馬瀬川温泉

 それで、今回もさくさくと入浴を済ませるため、300円を払って「美輝の湯」に入った。日がまだ高いこともあり、思った通り貸し切りだった。ここのもうひとつの魅力は、なんと言ってもしっとりとした化粧水のような湯質である。9.98という超高いPH値!!地元のおじいちゃんが「ここの湯はすべらっこいでえーやろ。」と云うのも納得。そう、ここの湯は、「つるつる」でもなく「すべすべ」でもない・・・まさに「すべらっこい」のである。この湯質で300円というコストパフォーマンスの高さ。リピートする意味がおわかりだろうか・・・。

 3箇所しかない洗い場は、掘っ立て小屋みたいな崩れそうな壁で仕切ってあって、極寒の冬でもかろうじて風除けになる程度であるが、ちゃんとシャンプーやボディソープなんかも備えてあって、必要最小限で入浴できてしまう。今回のように明るいうちに入浴すると、馬瀬川対面の道路から来るドライバーにチラ見されてしまうスリルさもあったりするため、低めの仕切りから見えないように、中腰で露天風呂まで小走りする必要もあるが、それもまた楽しい・・・かも。

 貸し切りですべらっこいお湯をたっぷり堪能し、帰りはせせらぎ街道の木漏れ日を浴びながら走った。途中で立ち寄った蕎麦屋で、大きな秋茄子の天ぷらがのった温蕎麦を食べ、想像以上に美味だったことに満足し、色づき始めた紅葉を楽しみながら、帰路についた。

 帰ったころには日も暮れており、湯冷めしてちょっと風邪をひいてしまったのは、オチでもなんでもない。

 しかし、翌朝の化粧のりは相変わらずとてもよかった。すべらっこい湯は無敵なのである。

【南飛騨馬瀬川温泉 美輝の湯】
住所: 岐阜県下呂市馬瀬村西村蔵野1695
アクセス
 車の場合:
 (1)名古屋~R41にて下呂市方面へ - 飛騨萩原(約12km) - 馬瀬
 (2)名古屋~R41 - 飛騨金山(岩屋ダム方面へ約30km) - 馬瀬
 (3)せせらぎ街道 - パスカル清見(約25km) - 馬瀬
マップ: http://www.mikinosato.co.jp/access/access.html
温泉地名: 南飛騨馬瀬川温泉(源泉)
泉温(源泉): 31.9℃(PH値 9.98)
泉質名: アルカリ性単純温泉
効能: 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、うちみ、くじき、疲労回復、痔疾、冷え性、慢性消化器症、病後回復期、健康増進
料金:
 美輝の湯 大人¥300、小人¥200
 スパー美輝 大人¥700、小人¥400
公式HP: http://www.mikinosato.co.jp/miki_yu/miki_yu.html

2009年10月23日

コラムフォト

ページ : 1 2

取材担当プロフィール

みなもといずみ
近場から遠出まで、行く先々に温泉マークを見つければすぐに飛び込んでしまうほどの温泉女。出張先ですら、温泉があればタオルとパンツを持ってでかけます。女である以上、温泉に癒される人生は永遠です。行き当たりばったりの旅が大好きな私のあこがれは、スナフキン。点々と旅を続けながらいで湯を求め、足あとを残していきたい!
旅コラム
国内
海外