【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 旅の達人
  4. 東海地方最大級の梅苑に咲き誇る 約4,000本もの梅の木々

[三重県いなべ市] いなべ市農業公園 代表理事 水谷 道夫さん(76) 東海地方最大級の梅苑に咲き誇る 約4,000本もの梅の木々

バックナンバー インタビュー一覧[三重県いなべ市] いなべ市農業公園 代表理事 水谷 道夫さん(76)

[三重県いなべ市]
いなべ市農業公園
代表理事
水谷 道夫さん(76)

お知らせ

いなべ市農業公園
0594-46-8377
http://www.inabe-nougyoukouen.com/

 三重県の最北端に位置するいなべ市は県内でも有数の豪雪地帯であり、今の時期は鈴鹿山脈の山々を美しい冠雪が飾ります。その麓に広がるいなべ市農業公園が今回の舞台。38ヘクタールの広大な敷地に広がる梅林や、パークゴルフなどの施設の管理・運営を担当する水谷さんに、公園の歩き方や施設の魅力についてお話を伺いました。

鈴鹿山脈との美しいコントラスト 木々を上から眺める見晴台

いなべ市農業公園梅林公園

いなべ市農業公園梅林公園

 「スローなまちづくり」を合言葉に、手作りによる農業公園事業整備の取り組みによって誕生した「いなべ市農業公園」。農業振興の他に高齢者福祉という側面を持ち、現在25人の地元シルバーさんたちが公園の運営を行っています。メンバーが知恵と力を出し合い、木を伐り、草を刈り作ったのがいなべ市農業公園であり、それを聞くと皆さん驚かれますね。当園ではそんな手作りの良さも感じていただけると思います。

 1999年より梅林公園の植栽が開始され、現在では約100種類、4,000本もの梅が咲き誇る、東海地方でも指折りの梅の名所となりました。見どころの一つとして、展望台から眼下に望む梅林の景色は人気がありますね。まつりの時期は残雪の残る鈴鹿山脈まで見渡すことができますので、梅林の鮮やかな絨毯に彩られた絵画のような佳景を楽しむことができます。

 ぜひ、ゆったりとした時間の流れる風光明媚な景色の中で、梅の花が告げる春の訪れを感じてください。

すべて手作りによる温かさあふれる公園

 毎年梅花の季節がすぎると実りの季節。当園では6月頃に実った梅の収穫や、その梅を使ったジュース等の製作を行うことができます。毎年この時期を楽しみにされている方もいますね。

(写真左)6月下旬ごろから始まる梅の収穫体験。収穫した梅は持ち帰ることができる。参加費1名1,000円(税込)/袋(約3kg) (写真右)梅の収穫体験とともにはじまる梅ジュース作り体験も人気。参加費 1名1,300円(税込)(容器込) ※シーズン限定200名

(写真左)6月下旬ごろから始まる梅の収穫体験。収穫した梅は持ち帰ることができる。参加費1名1,000円(税込)/袋(約3kg)
(写真右)梅の収穫体験とともにはじまる梅ジュース作り体験も人気。参加費 1名1,300円(税込)(容器込) ※シーズン限定200名

 5年前からツアー・オブ・ジャパンという自転車ロードレース大会の会場に当園が含まれたことから、競技自転車人口も増えてきたように思います。ご自身の自転車や、子どもたちが乗るランニングバイクなどを持ち込んでサイクリングもできますので、これから春にかけて、家族のお出かけにもちょうど良いのではないでしょうか。その際はぜひ、いなべ名物のそばも堪能してください。

おすすめ! お土産の達人

梅林公園で収穫した梅だけを使い、地域の高齢者が手づくりしている梅ジュース「うめじゅ」。
(1500本限定、売り切れたら販売終了)
 
500ml/濃縮タイプ…1,000円(税込)
 
 
 
 
 
 

2020年02月

旅コラム
国内
海外