【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. みきのトラベルトーク
  4. オススメレストランをご紹介 トルコ・イスタンブール

コラム みきのトラベルトーク

オススメレストランをご紹介 トルコ・イスタンブール

オススメレストランをご紹介 トルコ・イスタンブール

今回は、アジアとヨーロッパが交わるトルコ・イスタンブールを旅してきました。
みなさん、トルコと聞くと具体的にどんな国かすぐに思いつきますか?
よく耳にするのはトルコ料理は世界三大料理のひとつである。という事ですが実際トルコ料理ってどんなもの?と聞かれてもピンときませんよね。
私もその一人だったのですが、今回、食してみて世界三大料理と呼ばれる理由に納得!
お野菜やお肉、お魚料理とメニューもとっても豊富でヨーロッパ、中央アジア、ペルシャ、アラブと様々な国の食文化が融合しているからこそ、ひとことでは言い表せないとても深みがある味付けにすっかり私は虜になってしまいました。
ということで前置きは長くなりましたが、トルコ・イスタンブールのオススメレストランをご紹介します。

まず街を代表するメインストリート、イスティクラール通りを歩いてみて下さい。
1900年代に建てられた欧風スタイルのレトロな建物が並ぶ約1.6kmのイスティクラール通りはトルコ最大の繁華街。
いつもすごい人で溢れかえっていて、一緒にいたスタッフさんは人酔いしちゃうよーと嘆いていたほどパワーがある通りです。
この通りにはトルコといえば、ケバブ屋さんから老舗レストランやお菓子屋さんなどあらゆるお店が揃っていて、その通りの真ん中には真っ赤な路面電車が走っています。
そんな賑やかな通りにあるロカンタ。(ロカンタとは大衆食堂の事。)「ASMALI CAVIT」
ここは地元の方、しかもおじさま方に人気のロカンタ。
この日も店内にはおじさましかいらっしゃいませんでした。
やはり人生経験豊富なおじさま方に愛されるお店だけあって、どのメニューも悶絶するほどの美味しさ。
ショーケースの中に前菜がズラッと並んでいて、その中から自分で前菜を選びます。
やはり人気なのはムール貝のピラフ詰めや臓物のトマト煮など、どれも本当に美味しくて前菜でお腹いっぱい食べたいほどでした。
メインではキョフテと呼ばれるスパイシーなミニハンバーグや、羊のレバーの炒め物。
こちらの羊のレバーはクセが強くなく、隣に添えてある生オニオンと一緒にたべればレバーが苦手な方も大丈夫かと。
(クルーの中にもレバー苦手なスタッフがいたのですが、これは美味しいと食べてましたよ。)
そして絶対頼むべき!いわしのグリルです。
やはりトルコは海に囲まれているので、魚料理が豊富。
油が乗ったいわしにトルコの地酒ラクが合います。
ラクとはぶどうから作られた蒸留酒の一つで、アニスで香り付けされていて、水で割ると白く濁ります。
かなりアルコール度数は高いのでお水も挟んで呑んでいただきたいです。
おじさま方が集うこちらの居心地の良いロカンタ。
2週間ある旅ロケで2度も通うほどの大好きなお店でした。

その他にこちらのお店はいかがでしょうか。
トルコを代表する写真家、アラ・ギュレルの作品をコンセプトにしたカフェ。「ALA KAFE」
アラ・ギュレルは2018年に90歳で亡くなったのですが、生前はあのピカソやダリなどを撮っていた有名な写真家で店内には彼が撮ったトルコの街並みの写真などが飾られています。
一枚一枚とても雰囲気ある写真で見入ってしまいます。
お客さんもカメラマンを目指している方や、流行に敏感な若い方が多く、その空間にいるだけで刺激をもらえます。
生前、彼はよくフラっとカフェに来ていたようで、私もぜひお会いしてみたかったなぁ。
こちらのカフェはお料理も評判が良く、ひよこ豆ペーストにしたフムスもなんだかフォトジェニックでした。

いかがでしたでしょうか?
私がトルコ料理にハマった理由が少しでも分かっていただけたら嬉しいです。
次回はトルコの美しいモスクなどをご紹介します!

イスティクラール通り。一日中、この賑わい!常に活気が溢れています。

イスティクラール通り。
一日中、この賑わい!常に活気が溢れています。

ロカンタの前菜のショーケース。毎回全部頼みたいぐらいどれも美味しかったです。

ロカンタの前菜のショーケース。
毎回全部頼みたいぐらいどれも美味しかったです。

脂の乗ったイワシにラク!この組み合わせは最強です。アニスの香りが口の中をサッパリさせてくれます。

脂の乗ったイワシにラク!
この組み合わせは最強です。
アニスの香りが口の中をサッパリさせてくれます。

ひよこ豆をペーストしたフムス。色合いがなんだか可愛くて写真におさめたくなります。ピタパンにつけていただきます!

ひよこ豆をペーストしたフムス。
色合いがなんだか可愛くて写真におさめたくなります。
ピタパンにつけていただきます!

取材担当プロフィール

白石みき
3歳よりモデルとしてデビュー。以来、ファッション誌や広告をはじめ、ドラマ出演、映画、舞台、雑誌、ラジオなど多方面で活躍。
現在TBS系「世界ふしぎ発見!」ミステリーハンターとして世界を巡る。

旅コラム
国内
海外