【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. みきのトラベルトーク
  4. ジンバランをめいっぱい満喫 インドネシア・バリ島

コラム みきのトラベルトーク

ジンバランをめいっぱい満喫 インドネシア・バリ島

ジンバランをめいっぱい満喫 インドネシア・バリ島

今回はGWを利用してインドネシア・バリ島へ行ってきた様子をご紹介いたします!
訪れたのはデンパサール空港から車で南に15分ほど行った高級リゾートと漁村が共存する海側エリアのジンバランとジンバランから東に車で約2時間、緑豊かなウブドエリアへ。
バリ島ジンバランへは夜に到着しその日はゆっくりして、翌日から行動開始!

まずはコーディネーターさんオススメの寺院「タナロット寺院」へ。
タナロット寺院はバリ6大寺院の一つであり、16世紀に海の守護神を祀る寺院として建立されたそうです。
ヒンドゥー教ならではの門が特徴的。
こちらはチャンディ・ブンタール(割れ目門)と言って、ぱかっと山を割ったような形は、悪い魂が門をくぐろうとすると左右の門が閉じ侵入を阻止するという意味があり、この門を通ると悪いものを落とすという想いが込められているそうです。
門をくぐりしばらくすると海に浮かぶ岩島の上に建てられた寺院が見えてきます。
寺院内部には異教徒が立ち入る事は出来ないのですが、寺院下まで参拝へ行く事は可能です。
干潮時は歩いて渡る事が出来ると言う事で、早速トライしてみました。
最初は波も穏やかで足首ぐらいまでしか浸かってなかったので余裕を見せていた私。
あれれ?!いざ渡り始めたら波の勢いが増してきたではありませんか!
日頃の行いが関係しているのか、いやそんな事は思いたくもありませんが太ももまで波が押し寄せてきました。
最終的には下着までびしょ濡れになりながらも、なんとか到着。
少し前に行った友人は全く濡れてなく、なぜ私だけ?!と思いましたが気を取り直してお坊さんに聖水でお清めしていただきました。
最後に額に生のお米をつけていただきます。
このお米は自然に全部とれるまで自分で払ってとってはいけないのだそうです。
タナロット寺院はサンセットの名所としても有名なので、そちらもおススメです。

続いてはジンバランでのお土産探しは「Jenggala」で。
バリ島を代表するテーブルウェアブランドで、ホテルで使用する為の食器が始まりとされています。
バリらしい南国をモチーフにしたデザインが可愛いのです。
ジェンガラといえばモスグリーン色だそう。落ち着いている色合いでとても素敵です。
中でも人気のデザイン、プルメリアモチーフの平皿と祖母には湯呑みを購入。
丁寧に梱包もしてくれるので、飛行機での持ち帰りも安心です。
毎月新しい商品が作られているそうなので、バリへ行く度に足を運びたくなる場所になりそうです。

ジンバラン最後は、コーディネーターさんオススメディナースポット「Nyoman cafe Jimbaran 」へ。
ジンバラン湾の美しいサンセットを見ながらシーフードをいただけるお店。
店先で魚介類をチョイスして料理方法を決めていきます。
そうこうしている間にサンセットがいい感じになったので急いで砂浜に出て記念撮影!
波打ち際には沢山の人が思い思いに記念撮影していました。
日が沈むのを眺めながら、イカのフリットや、エビ、白身魚の炭火焼などなどインドネシアのBBQスタイル、イカンバカールで堪能!
ヤシの実の殻の炭で香ばしく焼くからこそ、身が全てふっくら!
お店オリジナルのタレが後引く旨さでご飯が欲しくなってしまいました笑

丸一日かけてジンバランをめいっぱい満喫!
次回はウブド編に続きます!

海に浮かぶタナロット寺院をバックに。この時水位は足首までだったのに、寺院に近づくにつれ波が高くなりびしょ濡れになってしまいました。

海に浮かぶタナロット寺院をバックに。
この時水位は足首までだったのに、寺院に近づくにつれ波が高くなりびしょ濡れになってしまいました。

額にお米をつけていただきました。なんとこのお米、最後の一粒がとれたのは晩御飯を食べ終えたあと!粘り強く行きなさいという事ですかね?!

額にお米をつけていただきました。
なんとこのお米、最後の一粒がとれたのは晩御飯を食べ終えたあと!
粘り強く行きなさいという事ですかね?!

こちらがジェンガラ。色別にわけてあり、とても広々とした店内。どれも使いやすい形で、色合いも上品でお気に入り。

こちらがジェンガラ。
色別にわけてあり、とても広々とした店内。
どれも使いやすい形で、色合いも上品でお気に入り。

サンセットを眺めながらのディナー。ずっと見ていたくなる忘れられない一日となりました。

サンセットを眺めながらのディナー。
ずっと見ていたくなる忘れられない一日となりました。

取材担当プロフィール

白石みき
3歳よりモデルとしてデビュー。以来、ファッション誌や広告をはじめ、ドラマ出演、映画、舞台、雑誌、ラジオなど多方面で活躍。
現在TBS系「世界ふしぎ発見!」ミステリーハンターとして世界を巡る。

旅コラム
国内
海外