【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. みきのトラベルトーク
  4. 最先端な都会の雰囲気に染まった旅 シンガポール

コラム みきのトラベルトーク

最先端な都会の雰囲気に染まった旅 シンガポール

最先端な都会の雰囲気に染まった旅 シンガポール

私事で恐縮ですが、このたび新しい命が宿りましたことをご報告させていただきます。
現在妊娠6ヵ月、年明け出産予定です。
今後は体調と相談しつつ、お仕事もさせていただきたいと思っておりますので、温かく見守っていただけますと幸いです。

さて今回は、妊娠発覚前に訪れたバリ島から日本へ帰国する際に、トランジットで1泊したシンガポールでの様子をご紹介します。
夕方に到着したので、早速晩御飯を堪能する為、街へ。
せっかくシンガポールに来たのだから、シンガポール料理を食べたいとなりリサーチした結果、
チョンバル地区から徒歩圏内のWarehouse Hotelに併設されている「Po」へ。
このホテルは元は倉庫だった所をリノベーションしたそう。
店内もなんだかお洒落でモダンな内観に心が踊りました。
「Po」は伝統的なシンガポール料理を現代風にアレンジした料理が食べられるお店。
数あるメニューから絶対食べたかった「ポピア」というプラナカン料理。
(プラナカンとはマレー語で混血という意味で、15世紀後半からマレーシアやシンガポールにやってきた中国系移民の子孫の事を言います。)
生春巻きの様に自分で様々な具材を巻いていきます。
(具材はレタスにもやし、お肉、ナッツ、卵にパクチーなどのハーブ類。)
そこにピリ辛なソースをかけていただきます。
野菜たっぷりでヘルシーですし、卵と小麦粉で出来た薄皮がほんのり甘く、そこにピリ辛なソースがいいアクセントになりこれはかなりハマる味でした。
他にもプラナカン料理の定番オードブル パイティーや、とっても見た目鮮やかなバラマンディというお魚のカルパッチョ。
鳥の丸ごとペーパーチキンに、もち米が入ったものなど、どれも流石なお味と見た目。
そして隣の席にいた方が頼んでいて、「なんともフォトジェニックな美しさ!」と感動しオーダーしたジントニック。
トニックウォーターを入れると色素が反応して色が紫色に変わるんだそう。
見惚れてしまう事間違いなしの一杯でした。

続いてはいま流行りのBar、The Fullerton Bay Hotelの中にあるランタン ルーフトップバーへ。
なんといってもここは対岸にある「シンガポールを代表するホテル」と言っても過言ではないマリーナベイサンズの夜景を綺麗に望むことが出来るバー。
エレベーターを降りると、ランタンの灯りで照らされたプールサイドが幻想的です。
店内もとても洗練されていて、夜風が心地よい空間。
私はLantern Slingsの中からクラシックシンガポールスリングをオーダー。
なかなかのお値段でしたがこの夜景を楽しめるなら言う事なしでした。
こちらでは毎晩開催されるマリーナベイサンズの光と水のショーを間近に見られるのでおススメですよ。

そしてもう少しシンガポールの夜を堪能したくて、最後は思い出作りにマリーナベイサンズのBARへ。
マリーナベイサンズ内にはBARやクラブが20件以上もあるのですが、その中でも展望台と同じ階にあるセラヴィーへ。
地上200m、57階から広がるこれぞシンガポール!な夜景に胸が高まりました。
思わずお酒を呑むのを忘れてしまうほどの絶景。

バリから急に都会にタイムスリップしてきたようで戸惑いを隠せない自分もいましたが、
1泊という短い滞在のシンガポールで最先端な都会の雰囲気にすっかり染まり、満足して日本へ帰国したのでした。

こちらがプラナカン料理のポピア。お野菜もたっぷりとれてヘルシーな一品。また食べたくなるお味間違いなし!

こちらがプラナカン料理のポピア。
お野菜もたっぷりとれてヘルシーな一品。
また食べたくなるお味間違いなし!

うっ美しいっ!!フォトジェニックなジントニック。

うっ美しいっ!!フォトジェニックなジントニック。

マリーナベイサンズをバックに一枚。一杯約2500円となかなかのお値段ですが、この夜景を楽しめるのですから言うことナシです。こちらのバーは大人気なので予約してから行くことをおすすめします。

マリーナベイサンズをバックに一枚。
一杯約2500円となかなかのお値段ですが、この夜景を楽しめるのですから言うことナシです。
こちらのバーは大人気なので予約してから行くことをおすすめします。

こちらはマリーナベイサンズのバー。宿泊者以外も利用できるので観光客に人気のスポットです。地上200mの57階から見下ろす“これぞシンガポール!”な夜景。

こちらはマリーナベイサンズのバー。
宿泊者以外も利用できるので観光客に人気のスポットです。
地上200mの57階から見下ろす“これぞシンガポール!”な夜景。

取材担当プロフィール

白石みき
3歳よりモデルとしてデビュー。以来、ファッション誌や広告をはじめ、ドラマ出演、映画、舞台、雑誌、ラジオなど多方面で活躍。
現在TBS系「世界ふしぎ発見!」ミステリーハンターとして世界を巡る。

旅コラム
国内
海外