【本文】

  1. トップ
  2. イベントガイド
  3. 10月 中部お出かけガイド

10月 中部お出かけガイド

2019年09月30日

催祭スポーツ募集

催

陶工・河井寛次郎展

20日(日)まで、愛知県瀬戸市南山口町の県陶磁美術館。京都国立近代美術館が所蔵する川勝コレクションより、初期から晩年にいたる河井寛次郎作品と交友関係のあった浜田庄司、バーナード・リーチ、富本憲吉の作品を展示し、河井の創作活動を振り返る。一般900円、高大生700円、中学生以下無料。月曜(祝日の場合は翌日)休館。(問)陶磁美術館=0561(84)7474

没後60年 北大路魯山人

12月1日(日)まで、滋賀県甲賀市信楽町の県立陶芸の森・陶芸館。北大路魯山人ゆかりの料亭として知られる八勝館が所蔵する作品と世田谷美術館の塩田コレクションを中心に、同時代の陶芸家たちの作品や中国大陸、朝鮮半島、日本の古陶磁もあわせて展示。会期中一部展示替えあり。月曜(祝日の場合は翌日)休館。一般800円、高大生600円、中学生以下無料。(問)陶芸館=0748(83)0909

第29回秋の新そばまつり

1日(火)~11月4日(月・休)、長野県松本市奈川地区。標高1200メートルのソバの産地で、紅葉を楽しみながら地区内のそば店6店と宿泊施設10カ所で新そばが味わえる。(問)ながわ観光協会=0263(79)2125

たけふ菊人形「花ひらく童話の世界」

4日(金)~11月4日(月・休)前9~後5、福井県越前市高瀬の武生中央公園。約2万株の菊花や菊人形が会場を彩る。OSK日本歌劇団のグランドレビュー(平日2公演、土日祝3公演、23日は休演)きくりんガーデン・菊のアートガーデン、遊具(有料)ご当地グルメのフードコート。入場無料、OSK観劇券は高校生以上2000円、中学生以下無料。(問)実行委=0778(21)0175

石川の地酒と美食の祭典サケマルシェ

5日(土)前10・30~後5・30、金沢市広坂のしいのき迎賓館。石川県内の27の酒蔵から「天狗舞」「加賀鳶」「手取川」などの地酒と、名店と呼ばれる30を超える飲食店などが集まるイベント。飲食用チケット(22枚つづり、グラス付き)は前売り3500円、当日4000円。(問)実行委=076(251)2115

常滑焼まつり

5日(土)、6日(日)、愛知県常滑市新開町のボートレースとこなめを主会場に計4会場。常滑焼の即売をはじめ、陶芸実演、日本茶を味わう体験教室などがある。「朝食スタイル」を常滑焼と地元食材を使って提案する企画も。(問)協賛会=0569(34)3200(平日の前9~後5)

越前秋季陶芸祭

5日(土)、6日(日)、福井県越前町小曽原の越前陶芸村。焼き物の魅力を感じられるテント市を開催し、全国の焼き物が一堂に会する。過去最大規模の約120店舗が出展。5日後5~8はナイトイベント(陶あかりイルミネーション、ライブステージ=1500円)がある。JR武生駅から無料シャトルバスを運行。(問)実行委=0778(32)2174

小森忍・河井寛次郎・浜田庄司-陶磁器研究とそれぞれの開花-展

5日(土)~12月22日(日)愛知県瀬戸市西茨町の市美術館。生涯にわたり交友を持ち続け「陶磁器界の三天才」とも並び称されたそれぞれが追い求めた美の形や表現方法を制作年代に沿って展示し紹介する。一般500円、高大生300円、65歳以上と中学生以下は無料。第2火曜日休館。(問)同美術館=0561(84)1093

奥三河つぐ高原マルシェ

6日(日)前10~後4、愛知県設楽町津具のつぐ高原グリーンパーク。地元の若手農業者らが農産物や特産品、五平餅、ジビエの加工食品などを販売。伝統芸能「花祭り」の実演、野外ライブ、オリエンテーリング体験会、餅投げもある。入場無料。(問)渡辺さん=090(5853)6771

熊川いっぷく時代村

6日(日)前9~後4、福井県若狭町熊川の鯖(さば)街道熊川宿。平成の名水100選に選定された前川で、ニジマスつかみどり(前10、後1)、ブリキの金魚レース(前11、後2)=いずれも当日先着予約=が開かれるほか、射的、菓子まき(後0・20ごろ)縁日、昔遊びなどがある。(問)実行委=0770(62)0135

第34回風景の会絵画展

8日(火)~20日(日)、愛知県豊川市桜ケ丘の市桜ケ丘ミュージアム。東海地方の画家たちが会派を超えて出品する恒例の展覧会。今回は「平成の残したい風景」をテーマに、愛知県内に取材をした新作を展示する。入場無料。(問)同館=0533(85)3775

八幡堀まつり=昨年

八幡堀まつり=昨年

八幡堀まつり

12日(土)後6~9、滋賀県近江八幡市の八幡堀周辺と町並み一帯。手作りの明かりやガラスコップの明かりをともして、八幡堀や、商家が立ち並ぶ町並みを彩る。かわらミュージアムの夜間特別開館や普段は入ることができない町屋の一般公開、コンサートなどもある。(問)近江八幡観光物産協会=0748(32)7003

坂のまちアートinやつお2019

12日(土)~14日(月・祝)、富山市八尾町の町屋や通りなど40カ所程度にアートを飾り、散策しながら楽しめる。(問)事務局=076(455)1184

関市刃物まつり

12日(土)、13日(日)前10~後5、岐阜県関市中心部の本町通り一帯。市内の刃物メーカー41社が出展する廉売市、国内外のカスタムナイフを展示する関アウトドアズ・ナイフショーなどがあり、多彩な刃物を安く購入できる。居合切りや古式日本刀鍛錬の実演も充実。(問)実行委=0575(22)3131

絵本でコミュニケーション

12日(土)前10~11・45、名古屋市中村区のウインクあいち。児童文学作家でノートルダム清心女子大教授の村中李衣(りえ)さんが記念講演。本の「読みあい」活動などを紹介する。参加費1000円。定員54人。(問)主催する東海子どもの本ネットワークの世話人、近藤洋子さん=ファクス052(801)5794、メール kon18115@mb.ccnw.ne.jp

紅葉ライトアップ=昨年

紅葉ライトアップ=昨年

紅葉ライトアップ

12日(土)~11月4日(月・休)の土、日曜日と祝日、愛知県豊根村の茶臼山高原。後5から3時間点灯し、一帯の紅葉を光の中に浮かび上がらせる。高原は標高1200メートル前後。愛知県内で最も早く紅葉が始まり、カエデやベニドウダン、カツラ、ミズナラなどが赤と黄色のグラデーションを描く。(問)茶臼山高原協会=0536(87)2345

ぎふアジア映画祭

13日(日)~11月30日(土)、岐阜市の市民会館、市文化センター、シネックス。「バジュランギおじさんと、小さな迷子」(インド)、「ゲンボとタシの夢見るブータン」(ブータン)や、タイ版アカデミー賞ともいわれるスパンナホン賞で史上最多の12部門を受賞した「バッド・ジーニアス危険な天才たち」(タイ)など計15作品を上映する。1回券800円、3回券2100円、10回券5000円。(問)市文化センター=058(262)6200

岐阜・加茂郡などへの日帰りバスツアー

13日(日)前8、JR名古屋駅出発。岐阜県白川町で野菜の収穫やピザ作りなどを体験。郷土料理の昼食後は同県川辺町の老舗蔵元「平和錦酒造」を見学し、美濃加茂市のぎふ清流里山公園を散策。帰着は後6ごろ。中学生以上4000円、小学生2000円、幼児(食事なし)1000円。定員45人。締め切りは4日(金)後5。(問)農協観光可児支店=0574(62)1070

オープンハウス

14日(月・祝)前10、愛知県日進市米野木町南山のアジア保健研修所。アジア各国の料理の提供、サリーの着付け体験、舞踊や音楽の披露など。アジアの研修生との交流、民芸品の販売も。入場無料だが、料理などは有料。(問)同研修所=0561(73)1950

備える!中日サバイバルキャンプ・オリエンテーリング

14日(月・祝)前10、名古屋市北区の名城公園。スタンプラリーをしながら災害時に役立つ知識や技術を学ぶ。先着100人。無料。雨天中止。(問)中日新聞社会事業部=052(221)0955

春日井まつり=昨年

春日井まつり=昨年

春日井まつり

19日(土)、20日(日)前10~後4、愛知県春日井市役所庁舎とその周辺。同市で生まれたとされる小野道風、歌人の小野小町らにふんした男女が平安時代の衣装でパレードする「道風平安朝行列」、音楽に合わせてパフォーマンスしながら揮毫(きごう)する「Kasugai ザ 道風」、市消防本部救助隊員による庁舎12階からのロープ降下、大道芸を競う「エネルフカップP-1グランプリ春日井」など多彩な催し。(問)市市民活動推進課=0568(85)6622

いしかわスイーツ博2019

19日(土)、20日(日)前10~後5、金沢市広坂のしいのき迎賓館。石川県内の人気和洋菓子店が勢ぞろい。菓子の販売や職人が手ほどきする菓子作り体験などを通じて本物の菓子文化を堪能してもらう。(問)県観光企画課=076(225)1542

第27回つけち全国レディース・クラフトフェアー

19日(土)と20日(日)前10~後4、岐阜県中津川市付知町の道の駅花街道付知イベント広場。100人を超える女性クラフト作家が全国から集合。木工やガラス、布製品などの手作り品を販売。体験コーナー、屋台もある。(問)実行委=090(5854)0844

第30回蛭川歌舞伎公演=昨年

第30回蛭川歌舞伎公演=昨年

第30回蛭川歌舞伎公演

20日(日)前11~後5・30ごろ、岐阜県中津川市蛭川の蛭子座(蛭川公民館)。地元の保存会員や有志、子どもたちが6題を演じる=写真、昨年。演目は小学3年生による「蛭子座勢揃」、中学生の「青砥稿花紅彩画 稲瀬川勢揃の場」など。無料。弁当や飲み物の販売、くじ付きの餅投げもある。(問)蛭川総合事務所=0573(45)2211

名城公園わんこフェスティバル

20日(日)前10、名古屋市北区の名城公園北園。ドッグステージショー、ふれあいコーナーなど。入場無料。(問)名城公園フラワープラザ=052(913)0087

国宝松本城で古式砲術演武

20日(日)後1・30、長野県松本市の松本城本丸庭園。松本城鉄砲隊や愛知県古銃研究会鉄砲隊など3団体が、火縄銃で空砲などを披露する。松本城古城太鼓の演奏もある。無料。(問)松本城管理事務所=0263(32)2902

中山道中津川ふるさとじまん祭・菓子まつり

25日(金)~27日(日)、岐阜県中津川市茄子川の東美濃ふれあいセンター。中津川栗きんとんなど、市内の銘菓を割引で販売。栗ぜんさいの振る舞いや栗きんとん絞り体験、B級グルメ屋台村、工芸菓子の展示もある。前10~後4・30(26、27日は前9・30から、27日は後4まで)。(問)市観光センター=0573(62)2277

「法悦のマグダラのマリア」1606年、個人蔵

「法悦のマグダラのマリア」1606年、個人蔵

カラヴァッジョ展

26日(土)~12月15日(日)名古屋市中区栄の市美術館。16世紀末、西洋美術史上最大の変革を起こしたといわれ、迫真の写実や強烈な明暗の表現で人々を熱狂させたカラヴァッジョの作品10点ほど(帰属作品を含む)とその追随者らの作品30点ほどを展示する。一般1600円、高大生1000円、中学生以下無料。25日(金)まで販売の前売り券は各200円引き。(問)同館=052(212)0001

やっとかめ文化祭初日

26日(土)、名古屋市北区の愛知学院大名城公園キャンパス。歌舞伎、狂言といった伝統芸能の公演を特設ステージで行い、名古屋の歴史や文化を紹介する。(問)事務局=052(262)2580

祭

新湊曳山(ひきやま)まつり=一昨年

新湊曳山(ひきやま)まつり=一昨年

新湊曳山(ひきやま)まつり

1日(火)、富山県射水市新湊地区。江戸時代の1650年に始まったとされる放生津八幡宮の例大祭。13基の山車が日中は豪華な「花山」、夜は幻想的な「提灯(ちょうちん)山」に装いを変え、「イヤサー」の掛け声とともに町を練る。狭い街角を曲がるときの勇壮さや、夜の提灯が川面に映る姿が見どころ。(問)市観光協会=0766(84)4649

 
ほうらい祭り=昨年

ほうらい祭り=昨年

ほうらい祭り

5日(土)、6日(日)正午~後10、石川県白山市鶴来地区。800年の歴史があるとされる同市鶴来日詰町の金剱宮(きんけんぐう)の秋季祭。5日正午に同宮を出発したみこしを先頭に、邪気を払う棒振りの役目を果たす獅子方2組と高さ5メートルの巨大な人形を載せた「造り物」6基の行列が地区内を練り歩く。無料休憩所「横町うらら館」を開放し、笹寿司(ささずし)や地酒などの振る舞いがある。(問)市観光連盟=076(259)5893

僧兵まつり

6日(日)後3~10、三重県菰野町菰野の御在所ロープウエイ駅前広場。16世紀後半に織田信長の兵と戦った三嶽寺(さんがくじ)の僧兵をたたえ、住民が僧兵の姿を再現する。後3から開会式が開かれる。重さ約600キロのみこしに108本のたいまつをつけ、僧兵にふんした地元の男衆60人が担いで、三嶽寺から御在所ロープウエイ広場までを後8から1時間半練り歩く。後9・30からは打ち上げ花火もある。入場無料。(問)実行委=059(392)2115

秋の高山祭=昨年

秋の高山祭=昨年

秋の高山祭

9日(水)、10日(木)、岐阜県高山市の中心部。地元の桜山八幡宮の例祭で国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産。両日前9~後4ごろに屋台の曳(ひ)き揃(そろ)え、9日後1・30~4に4台の屋台の曳き回しがある。9日の正午と後2、10日の前11と後1からは、からくり人形の演舞が披露される。9日後6からの宵祭りでは、100個ほどのちょうちんをともした屋台が街を巡る。(問)市観光課=0577(32)3333

 
小代(こじろ)の子供三番叟(さんばそう)=昨年

小代(こじろ)の子供三番叟(さんばそう)=昨年

小代(こじろ)の子供三番叟(さんばそう)

12日(土)後7~7・45、愛知県設楽町清崎小代地区の巌嶽(いわたけ)神社。山あいの小さな集落に16世紀末から続く伝統行事。「踏み子」と呼ばれる地元の子どもが拝殿の床を踏み鳴らしながら三番叟を舞い、氏子の家内安全や豊作を祈願する。(問)町観光協会=0536(62)1000

 
大津祭=昨年

大津祭=昨年

大津祭

12日(土)夕~後9、13日(日)前9~後5・30、大津市の天孫神社一帯。湖国三大祭りの一つで、からくりを載せた13基の曳山(ひきやま)が市内を彩る。12日は宵宮で、曳山や通りに飾られたちょうちんに明かりがともり幻想的な雰囲気に。13日の本祭では、巧妙なからくりを演じながら曳山が巡行する。(問)NPO法人大津祭曳山連盟=077(525)0505

十万石まつり

13日(日)前9・20~後4、岐阜県大垣市の大垣駅通り一帯。前11に大垣商高吹奏楽部やスポーツ少年団のパレード。正午に大垣城鉄砲隊の演武。後1から地元の子どもや企業などのみこしが練る。大垣藩主の戸田氏をまつる常葉神社の例祭が起源。(問)実行委(大垣観光協会)=0584(77)1535

 
坂下の花馬祭り=昨年

坂下の花馬祭り=昨年

坂下の花馬祭り

13日(日)正午~後3・30ごろ、岐阜県中津川市坂下の坂下神社周辺。色とりどりの短冊でできた花串を背負った木曽馬を中心とした行列が、JR坂下駅前から市街地を経て神社までを練り歩く。祭りは県重要無形民俗文化財で800年続くとされる。フィナーレでは、馬の背から参拝者が縁起物の花串を取り合う。(問)花馬祭り実行委=0573(75)4444

スポーツ

体育の日に氷上体験

14日(月・祝)、名古屋市中区の大須スケートリンク。前11までに入場の幼児、小学生は滑走料無料(貸靴料400円必要)。氷上綱引きや50メートル走記録会、フィギュアスケート・アイスホッケーのエキシビションに加え、参加無料の初心者スケート教室など。(問)名古屋スポーツセンター=052(321)1591

募集

「お六櫛」職人の担い手

長野県木祖村の伝統工芸品「お六櫛」の担い手育成のため、町による3年間の技術指導と就業支援事業。募集は1人で18歳からおおむね40歳。住宅支援と年最大216万円の支給を受け、来年4月から実習する。4年目以降は村内での就業が条件。申し込みは10月31日(木)までの平日。村役場商工観光課に申込書、履歴書、健康診断書を提出。(問)村商工観光課=0264(36)2001

中日ドラゴンズファンフェスタ

11月23日(土・祝)後1・30、名古屋市東区のナゴヤドーム。(1)グラウンド入場証(2人一組)=ステージ観覧(2)スタンド入場券(4人一組)=芝生ウオークへの参加、紅白戦観戦、お楽しみ抽選会。抽選で計5000人を招待。申し込みは、はがきに〒住所、氏名、年齢、性別、希望の券種を書き、〒461 0047 名古屋市東区大幸南1の1の51「中日ドラゴンズファンフェスタ」係へ。10月15日(火)必着。中日ドラゴンズ公式HPでも受け付け。全席自由。(問)中日ドラゴンズ=0570(017)319(平日前10~後6)

浜名湖マラソン

11月3日(日・祝)前9(前7・30から受け付け)、静岡県湖西市新居町のボートレース浜名湖周辺道路。10、5、3キロの3コースで、浜名湖の絶景を楽しめる。湖西市特産品付きで10キロ3500円、5、3キロ3000円(小中学生は1500円)。「ランネット」のHP、もしくは大会要項から郵便振替で申し込む。11日(金)締め切り。(問)事務局=053(576)1124

 
※祭礼や催事などは変更もあります。お出かけの際は確認をお願いします。

旅コラム
国内
海外