【本文】

  1. トップ
  2. イベントガイド
  3. 12月 中部お出かけガイド

12月 中部お出かけガイド

2019年11月25日

催祭遊花火スポーツ花

催

やきものワールド

4日(水)まで、名古屋市中区のドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)。全国の有名陶磁器産地から約150ブースが出展。有田焼や瀬戸染付焼に関する展示、新人アーティスト展やテーブルコーディネート展示、各種ワークショップなどの企画もある。入場料は中学生以上1000円、小学生以下無料。65歳以上の人、身体障害者とその介護者は当日窓口で購入の場合800円。(問)やきものワールド実行委員会=052(221)0955

カラヴァッジョ展

15日(日)まで、名古屋市中区栄の市美術館。16世紀末、西洋美術史上最大の変革を起こしたといわれているイタリアの天才画家カラヴァッジョ。迫真の写実や強烈な明暗の表現で人々を熱狂させた作品10点とその追随者らの作品合わせて40点を展示する。一般1600円、高大生1000円、中学生以下無料。(問)同館=052(212)0001

地球・爆-10人の画家による大共作展

15日(日)まで、名古屋市東区の愛知県美術館。国内各地域で活躍する10人の画家による絵画プロジェクト。20世紀以降の戦争が人類にもたらしたものをテーマとし、全長約200メートルにも及ぶ約150点の絵画連作を紹介する。月曜休館。一般1200円、高大生900円、中学生以下無料。(問)同館=052(971)5511

特別展「鏑木清方」

15日(日)まで、愛知県長久手市杁ケ池の名都美術館。東京画壇で活躍した美人画家・鏑木清方の初期から晩年までを振り返る。絵画作品のほか、生前の愛用品など資料類を展示し、その芸術の全貌を紹介。月曜休館。一般1000円、大学生700円、中高生500円。(問)同館=0561(62)8884

古九谷と加賀蒔絵(まきえ)の至宝-百万石大名の自負

22日(日)まで、金沢市出羽町の石川県立美術館。世界的に注目度が高い「古九谷」と「加賀蒔絵」にスポットを当て、工芸史に残るような独自の様式を創出した加賀藩主・前田家の美意識と、加賀藩の文化政策を再認識できる重要文化財などを展示。一般370円、大学生・65歳以上290円、高校生以下無料。会期中無休。(問)同館=076(231)7580

小森忍・河井寛次郎・浜田庄司-陶磁器研究とそれぞれの開花-

22日(日)まで、愛知県瀬戸市西茨町の市美術館。日本陶芸の発展に多大な功績を残し、「陶磁器界の三天才」とも並び称された3人が追い求めた美の形や表現方法を制作年代に沿って紹介する。一般500円、高大生300円、65歳以上と中学生以下は無料。10日(火)休館。(問)同館=0561(84)1093

愛知やきものセレクション-県指定文化財の陶磁器-

22日(日)まで、愛知県瀬戸市南山口町の県陶磁美術館。原始から現代にかけての多種多様な県指定の陶磁文化財を一堂に集め、愛知県の陶磁文化の豊かな世界を紹介。一般900円、高大生700円、中学生以下無料。(問)同館=0561(84)7474

ファミリン西山~光でつなぐ家族の絆

25日(水)まで、後5~9、福井県鯖江市桜町の西山公園噴水広場。多くの家族が願いを込めて装飾したツリー形のオリジナルモニュメントの明かりが夜の公園を美しく彩る。宝石をちりばめたような光のファンタジーを家族、友人、恋人たちと楽しめる。(問)市生涯学習・スポーツ課=0778(53)2256

発掘された日本列島2019、尾張の城と城下町

28日(土)まで、名古屋市瑞穂区瑞穂通の市博物館。近年の発掘調査で注目された全国の12遺跡を紹介するとともに、地域展として信長、秀吉、家康ゆかりの城や城下町の発掘調査によって分かった、戦国時代から江戸時代への変革をたどる。一般1000円、高大生600円、中学生以下無料。(問)同館=052(853)2655

内藤ルネ展

来年1月13日(月・祝)までの前10~後5、愛知県岡崎市高隆寺町の市美術博物館。同市出身のイラストレーター内藤ルネさん(1932~2007年)の大回顧展。岡崎ゆかりのエピソードを交え、貴重な原画や作品約300点を展示する。月曜(祝日の場合は翌日)と年末年始(12月28日~1月3日)は休館。入場料は高校生以上800円、小中学生400円。(問)同館=0564(28)5000

フランスに生きた日本人画家 木村忠太の世界

来年3月8日(日)まで、名古屋市東区葵のヤマザキマザック美術館。パリで活躍した木村忠太(1917~87年)が描き続けた南仏やパリの風景画を展示。一般1200円、小中高生500円。(問)同館=052(937)3737

ポップサーカス豊田公演=10月

ポップサーカス豊田公演=10月

ポップサーカス豊田公演

11月30日(土)~来年2月2日(日)、12月の休演日は24日を除く火曜日と7、23、30日。1日1~3回公演。公演時間は約1時間50分。愛知県豊田市の豊田スタジアム多目的広場の特設テントで、世界各国のトップパフォーマーが超人的肉体から迫力ある演技を繰り出す。アフリカン・ハンドボルテージ、ジャグリング、デスホイール、空中ブランコなど。自由席は大人(高校生以上)2600円、子ども1300円。当日券は各300円増し。(問)公演事務局=0565(41)5505

勇気の証言-ホロコースト展

4日(水)~9日(月)前10(初日は後2)~後8(最終日は後5)、名古屋市中村区のウインクあいち。ホロコーストの歴史や、アンネ・フランクと杉原千畝の人生についてたどる展示を行う。(問)「勇気の証言-ホロコースト展」実行委員会=052(521)7311

フィールドスタイル ジャンボリー

7日(土)正午~後7、8日(日)前9~後5、愛知県常滑市のアイチ・スカイ・エキスポ。アウトドアやライフスタイルに関するブースが450以上出展。製品を体験できるほかにも防災やエコについて学べるコーナーも。前売券は1000円。ローソン、ミニストップで販売中。当日券は1500円。小学生以下無料。(問)事務局=0565(28)0170

第45回東濃歌舞伎大会=昨年

第45回東濃歌舞伎大会=昨年

第45回東濃歌舞伎大会

8日(日)前10・30、岐阜県中津川市茄子川の東美濃ふれあいセンター歌舞伎ホール。800円。いずれも同市内の坂下歌舞伎保存会、常盤座歌舞伎保存会、東濃歌舞伎中津川保存会が出演。演目は同保存会の「恋飛脚大和往来 新口村」など。こども園の園児による客演もある。JR中津川駅と美乃坂本駅から無料送迎バスを運行。(問)市文化振興課=0573(66)1111

日帰りバスツアー「ダムを見に行こう」

19日(木)前8・30、JR名古屋駅出発。岐阜県八百津町名産の八百津せんべいの工場や「命のビザ」で知られる町ゆかりの外交官を顕彰する杉原千畝記念館を見学。昼食はダムカレーを味わい、同町にある国土交通省丸山ダムの内部を見て回る。1人4000円。定員40人。締め切りは2日(月)。(問)農協観光可児支店=0574(62)1070

スキー場開き=2017年

スキー場開き=2017年

スキー場開き

21日(土)前9・30、愛知県豊根村坂宇場の茶臼山高原。延長1キロのゲレンデを持つ県内唯一のスキー場。神事に続いて初滑りがあり、マスコットキャラクターのポンタが妙技を披露した後、来場者と交歓する。ポンタはスキー検定1級の腕を持ち、昨季のスキー場キャラクターグランプリ(全国から49体がエントリー)で1位を獲得している。(問)茶臼山高原協会=0536(87)2345

 
奥三河星空フェスタ2019=昨年

奥三河星空フェスタ2019=昨年

奥三河星空フェスタ2019

21日(土)後3~8、愛知県設楽町田口の奥三河総合センター。冬の星座の観望会やプラネタリウムによる解説、ワークショップ、ライブステージなど多彩な内容。五平餅、豚汁などの販売もある。駐車場に段ボールとシートを敷き、電気ごたつを並べた「屋外星空観察」は毎年人気を集めている。無料だが、車での来場者は駐車料金300円が必要。(問)町公共施設管理協会=0536(62)0991

 
こよみのよぶね=昨年

こよみのよぶね=昨年

こよみのよぶね

22日(日)後4~8、岐阜市の長良橋周辺。冬至の夜に、暦を表す「1」~「12」の数字をかたどったあんどんを屋形船に載せて長良川に浮かべ、幻想的な光を眺めながら過ぎ行く一年に思いをはせる。同市出身のアーティスト日比野克彦さんの発案で始まり、14回目。後6ごろ出船。(問)実行委事務局=058(294)7671

ハローキティのワンダーランド ~不思議アート~

25日(水)~1月6日(月)、名古屋市千種区の名古屋三越星ケ丘店。日本各地の名所でキティちゃんと記念撮影できるトリックビジョン、キティちゃんが登場する世界の名画、目の錯覚を利用した不思議アートを楽しめる。入場料は中学生以上600円、3歳~小学生300円。元日は休み。(問)同店=052(783)1111

祭

お火焚(たき)大祭=2016年

お火焚(たき)大祭=2016年

お火焚(たき)大祭

1日(日)前10、滋賀県東近江市の太郎坊宮。全国随一ともいわれる護摩たき祭り。各地から集まった数万本の護摩木が炎の中に投げ込まれると、境内はたち上る大量の煙に覆われる。(問)太郎坊宮=0748(23)1341

 
花祭り=昨年

花祭り=昨年

花祭り

愛知県奥三河地方に700年以上前から伝わる民俗芸能(国重要無形民俗文化財)。11月から翌年1月にかけて3町村の14会場で催され、豊作や無病息災を祈って鬼などが舞う。12月はいずれも東栄町の2会場で。7日(土)後1~8日(日)後6、中設楽生活改善センター。8日前8~後10・30、中在家(なかんざき)老人憩いの家明寿荘。(問)町振興課=0536(76)0502

鵜祭り

12日(木)~16日(月)、石川県能登地方。七尾市で捕らえられた鵜を3人の鵜捕部(うとりべ)が徒歩で3日間かけて、気多大社(羽咋市)までの約40キロを運ぶ師走の風物詩で「鵜様道中」と呼ばれる。気多大社で神前に放った鵜の動きから翌年の吉凶を占う。(問)気多大社=0767(22)0602

白山祭り=昨年

白山祭り=昨年

白山祭り

14日(土)前11~後1、愛知県東栄町振草古戸(ふっと)の古戸白山神社。800年ほど前に修験者が始めたとされ、花祭りのルーツになったといわれる。地元住民が「住吉の舞」や、錦に包んだご神体を抱いて舞う「お珠(たま)の舞」を奉納する。参拝客には、くりぬいたダイコンに満たした神酒とぼた餅が振る舞われる。神社は標高738メートルの白山山頂にあり、約1時間の登山が必要。(問)町振興課=0536(76)0502

 
伊勢太神楽=昨年

伊勢太神楽=昨年

伊勢太神楽

24日(火)後0・30~3・30ごろ、三重県桑名市太夫の増田神社境内。伊勢神宮に参拝できない人々の代わりに神楽を奉納する神事で、450年ほど前から続く。太鼓やかねの音に合わせた華やかな獅子舞や、皿回し、軽業などの曲芸が見られる。国の重要無形民俗文化財に指定されている。雨天でも神社内で行う。駐車場はないため、公共交通機関での来場を呼び掛けている。三重交通バス停「太夫」から徒歩3分。(問)市観光文化課=0594(24)1361

 

遊

敦賀港イルミネーション ミライエ=11月3日

敦賀港イルミネーション ミライエ=11月3日

敦賀港イルミネーション ミライエ

25日(水)までの後6~9(金、土は後6~10)、福井県敦賀市金ケ崎町の金ケ崎緑地。敦賀港に面する金ケ崎緑地が55万個の発光ダイオード(LED)の光で包まれる。樹木は色鮮やかなイルミネーションで装飾され、全長70メートルのアーチトンネルや機関車のオブジェなどで幻想的な空間を演出する。周辺には敦賀赤レンガ倉庫や人道の港敦賀ムゼウムなどの施設もある。(問)実行委=090(3290)4112

冬のイルミネーション

31日(火)まで、岐阜県海津市海津町油島の木曽三川公園センター。今年のテーマは「フラワー・ファンタジー」。「光のガーデン」やカラフルな花壇をイメージした「フラワーガーデン」など、60万の発光ダイオード(LED)電球が園内を華やかに彩る。4000個のシャンパングラスタワーもある。点灯は後4・30~9。(問)同センター=0584(54)5531

なばなの里イルミネーション

来年5月6日(水)まで、三重県桑名市長島町駒江のなばなの里。数百万の発光ダイオード(LED)電球を使う国内最大級のイルミネーション。高さ30メートル、幅155メートルのメインエリアのテーマは「さくら」で、里山の四季の表情に矢がすり、青海波など日本の伝統文様を織り交ぜた全12シーンを6分40秒で表現する。全国5500人の夜景鑑定士が選ぶ「第7回イルミネーションアワード」の「プロフェッショナルパフォーマンス部門」で1位に輝いた。(問)なばなの里=0594(41)0787

ナガシマカウントダウン&ニューイヤーズパーティー2020

31日(火)後8~来年1月1日(水・祝)前3、三重県桑名市長島町浦安のナガシマスパーランド。「ソナーポケット」ほか、人気アーティストのカウントダウンライブ、年明けを祝う1500発の打ち上げ花火がある。園内のアトラクションが乗り放題となり、併設の温泉施設「湯あみの島」にも無料で入館できる。前売り券は中学生以上5400円で、31日後9までコンビニなどで、後3までナガシマスパーランド窓口で販売。当日券は同5800円で、同日後8から窓口で販売する。(問)ナガシマスパーランド=0594(45)1111

花火

下呂温泉花火ミュージカル冬公演=昨年

下呂温泉花火ミュージカル冬公演=昨年

下呂温泉花火ミュージカル冬公演

7日(土)、14日(土)、21日(土)の後8~8・15、24日(火)後8~8・30、岐阜県下呂市の下呂温泉。下呂大橋周辺で、音楽に合わせて花火を打ち上げる。24日はクリスマスにちなんだ特別公演で、11000発の花火を打ち上げ、3000個のキャンドルを並べる。(問)市総合観光案内所=0576(25)4711

スポーツ

ロシアのニキータ・ナゴルニー選手=昨年の大会から

ロシアのニキータ・ナゴルニー選手=昨年の大会から

豊田国際体操

14日(土)後2、15日(日)後1、スカイホール豊田(愛知県豊田市八幡町)で開催される体操の国際競技会。ロシアのニキータ・ナゴルニー選手ら今年の世界選手権メダリストなどが出場予定。【14日】男子=床運動、あん馬、つり輪▽女子=跳馬、段違い平行棒【15日】男子=跳馬、平行棒、鉄棒▽女子=平均台、床運動 チケットは各日、アリーナ席・S席4500円、A席3500円、自由席一般2500円、同小中高生1000円。スカイホール豊田、チケットぴあ、中日新聞販売店で販売中。詳細はHP「豊田体操」で検索。(問)中日新聞社スポーツ事業部=052(211)4420(平日前10~後6)

スケートリンクでクリスマス

21日(土)後1・30、22日(日)前10、名古屋市中区の大須スケートリンク。各日先着100人に記念品をプレゼント。着ぐるみ、コスプレ、双子コーディネートでの来場者は滑走料半額。無料の初心者スケート教室開催。22日後2・15、フィギュアスケートのエキシビションも開催。(問)名古屋スポーツセンター=052(321)1591

 

花

越前海岸水仙まつり

14日(土)~来年1月20日(月)、福井県越前町、南越前町河野、福井市越廼(こしの)の水仙群生地。越前海岸は日本水仙の群生地として知られ、淡路島、房総半島と共に「日本水仙三大群生地」の一つで「越前水仙」と呼ばれる。期間中、これらの水仙群生地を中心に物産展など、さまざまな催しがある。(問)越前海岸観光協会連合会=0778(37)1234

 
※祭礼や催事は変更もあります。開花状況などは気候に左右されるので、お出かけの際は確認をお願いします。

旅コラム
国内
海外