【本文】

  1. トップ
  2. イベントガイド
  3. 6月 中部お出かけガイド

6月 中部お出かけガイド

2019年05月27日

催ホタル花スポーツ祭募集

催

ロイヤルコペンハーゲン《釉下彩仲良し犬置物》1900-03年、塩川コレクション

ロイヤルコペンハーゲン《釉下彩仲良し犬置物》1900-03年、塩川コレクション

ロイヤルコペンハーゲンのアール・ヌーヴォー

8月25日(日)まで、名古屋市東区葵のヤマザキマザック美術館。デンマークの歴史ある陶磁器メーカー、ロイヤルコペンハーゲンが19世紀末から20世紀初頭に釉下彩という技法で生産した犬や猫をはじめとする動物をかたどった磁器作品を紹介する。一般1300円、小中高生600円。(問)同館=052(937)3737

 
小瀬鵜飼

小瀬鵜飼

小瀬鵜飼

10月15日(月)まで、関市小瀬の小瀬鵜飼乗船場。6月まで後6・50、7、8月は後7、9月以降は後6・40に乗船。1000年以上続く伝統の鵜匠の技を暗闇と静寂の中で間近に見ることができる。事前に電話か公式HPで予約が必要。(問)関遊船=0575(22)2506

 
金沢百万石まつり=昨年

金沢百万石まつり=昨年

金沢百万石まつり

5月31日(金)~6月2日(日)、金沢市中心部。金沢の基礎を築いた加賀藩祖・前田利家の偉業をしのんで開催。メインの百万石行列は1日(土)後2にJR金沢駅東広場前を出発。今年は利家を俳優の加藤晴彦さん、お松の方をタレントの藤本美貴さんが務める。そのほか茶会や薪能など。(問)実行委=076(220)2194

写真焼納祭

1日(土)後1・30、岐阜市金町の金神社。簡単に処分できない思いのこもった写真を供養する。神社と岐阜県写真材料商組合が2002年から毎年開き、18回目。アルバムやファイルの金具・台紙などからは外して写真のみ納める。(問)金神社=058(262)1316

豊田市美術館リニューアルオープン

1日(土)、愛知県豊田市小坂本町。改修工事で休館していた同館のリニューアルオープンを記念し、同館コレクションで構成する展示会「世界を開くのは誰だ?」を30日(日)まで開催。前10~後5・30(最終入場は後5)で月曜休館。観覧料は大人300円、高大生200円、中学生以下無料。ただし1日、2日(日)は全員が無料となり、園庭ではマルシェが開かれる。(問)市美術館=0565(34)6610、5月31日(金)までは0565(34)6748

明治座クラシックコンサート・田中千香士音楽祭

1日(土)後5、2日(日)後2、岐阜県中津川市加子母のかしも明治座。地元の歌舞伎などが演じられる築125年の芝居小屋で、東京芸術大出身者や学生、院生らによる「レボリューションアンサンブル」が演奏。曲目はシューベルトの「管楽八重奏曲D・72よりメヌエットとフィナーレ」、ベートーベンの「交響曲第1番ハ長調作品21」など。前売り券は一般2500円(当日3000円)、高校生以下1200円(同1500円)。(問)加子母総合事務所内、実行委事務局=0573(79)2111

パラミタ陶芸大賞展

1日(土)~7月28日(日)前9・30~後5・30(最終入場は後5)、三重県菰野町大羽根園松ケ枝町のパラミタミュージアム。全国の美術館や評論家が推薦した「時代を代表する陶芸家」6人の作品を展示する。7月7日(日)までは大賞を決める投票も受け付ける。一般1000円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料。

二代目萬屋(よろずや)仁兵衛展-伝統からくり人形の世界

1日(土)~7月28日(日)前9・30~後5・30(最終入場は後5)、三重県菰野町大羽根園松ケ枝町のパラミタミュージアム。からくり人形師の萬屋さんの「女石橋」が同館に設置されたのを記念し、萬屋さんの作品などを展示。一般1000円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料。(問)パラミタミュージアム=059(391)1088

木曽川うかい

1日(土)~10月15日(火)、愛知県犬山市の木曽川。鵜匠の乗る鵜舟1隻ごとに観覧船が最大3隻つき、鵜飼いの様子を間近で眺める。乗船場は名鉄犬山遊園駅そばにあり、8月までは後7に集合する。乗船料は12歳以上3000円、4~11歳1500円。追加料金の食事付きプランや昼の鵜飼いもある。予約は先着順。(問)遊覧船運航の木曽川観光=0568(61)2727

あづち信長まつり=昨年

あづち信長まつり=昨年

第35回あづち信長まつり

2日(日)前10~後3、滋賀県近江八幡市安土町一帯。活津彦根神社で開会セレモニーと出陣式が行われた後、信長や秀吉などの三英傑に扮(ふん)した武将や姫、侍女など総勢400人の参加者が隊列を組み、2.1キロ離れた安土小学校まで約2時間かけて練り歩く。JR安土駅前から安土郵便局までの通りは歩行者天国になり、模擬店などが出展する。無料シャトルバスも出る。(問)安土学区まちづくり協議会=0748(46)2346

尚美ウインドオーケストラ特別演奏会

一宮公演が8日(土)後2、愛知県一宮市朝日の一宮市民会館。岐阜公演は9日(日)後2、岐阜市薮田南のサラマンカホール。尚美ミュージックカレッジ専門学校(東京)の選抜メンバーで構成されるオーケストラの演奏会。汐沢安彦さんの指揮でショスタコービッチ「祝典序曲」、ホルスト「吹奏楽のための第1組曲」、バーンズ「交響的序曲」などを演奏。全席一般2000円、高校生以下1500円、未就学児入場不可。(問)同校=03(3814)8761

 
めがねフェス=昨年

めがねフェス=昨年

めがねフェス2019

8日(土)、9日(日)、福井県鯖江市新横江のめがねミュージアム周辺。めがね供養やめがねづくしのイベントが開かれる。めがねステージには、つじあやのさん、福井出身のシンガーソングライター・武田舞彩さん、双子キッズモデル・りんあんちゃんらが登場。物販やワークショップ、1分間に何個めがねをかけられるかを競うメガネリンピックなども。(問)実行委=0778(52)9111

「智恵子抄」詩人 高村光太郎と智恵子~本田和の語り

17日(月)後7、金沢市大和町の市民芸術村ドラマ工房PIT2。詩集「智恵子抄」に描かれた2人の愛の軌跡を語りと林口真也さんのチェロ演奏で表現。チケット前売り2000円、当日2500円。(問)きくはなすの会=090(2373)5458

 
「ピーナッツ」原画(部分)1985年2月14日 (C)Peanuts Worldwide LLC

「ピーナッツ」原画(部分)1985年2月14日 (C)Peanuts Worldwide LLC

スヌーピーミュージアム展

22日(土)~9月1日(日)、名古屋市瑞穂区瑞穂通の市博物館。スヌーピーファンの聖地として知られるアメリカのシュルツ美術館が所蔵する貴重な原画作品をはじめ、ビンテージグッズなど約200点を展示。月曜、第4火曜休館。一般1300円、高大生900円、小中生500円。(問)同館=052(853)2655

寒狭川広見ヤナ開き

23日(日)前10・30、愛知県新城市只持。ヤナではアユのつかみ取りを楽しんだり、アユ料理を味わったりできる。(問)寒狭川鮎ヤナ組合=0536(36)0201

湖西歌舞伎

23日(日)前10・30、静岡県湖西市新居町の新居地域センター。湖西歌舞伎保存会が40年目の節目を迎える。「寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう)」「三人吉三 巴白浪(ともえのしらなみ)」「釣女」「伽羅(めいぼく)先代萩 御殿の場」を上演する。湖西太鼓ゆめ昴の演奏も。入場無料。(問)市文化協会=053(578)1700

ホタル

榊原温泉の蛍灯

1日(土)~23日(日)、津市榊原町。温泉郷に流れる川辺で蛍が舞う様子を楽しめる。「清少納言」と「神湯館」の2旅館では蛍をイメージしたイルミネーションの展示や、ホタル観賞地への案内もある。近くの射山神社でも7月7日(日)まで、蛍にちなんだイルミネーションや参拝者への恋占い花火のプレゼントがある。(問)榊原温泉振興協会=059(252)0017

花

大池寺のサツキ=昨年

大池寺のサツキ=昨年

大池寺のサツキ

見頃は上旬まで、滋賀県甲賀市の大池寺。境内の庭園は、小堀遠州の作とされる枯れ山水の名園。大小の波や宝船、七福神を刈り込んで表現したサツキの低木を、ピンクの花が彩る。(問)大池寺=0748(62)0396

関市板取あじさいまつり

上旬~7月上旬、同市板取地区一帯。21世紀の森公園、国道256号から県道52号の板取川沿い24キロをアジサイ10万株が彩る。22日(土)~30日(日)の「あじさい村」期間中は地区の協賛店で各種催しがある。(問)市観光協会=0575(23)6726

ゆりフェスタ-ばら園との共演

1日(土)~30日(日)、福井県坂井市春江町のゆりの里公園。園内には15万輪のユリと100種類250本のバラが咲き、期間中、後7から公園がライトアップされる。15日(土)前10には約100段の階段を上り、高さ20メートルの農村タワーから絶景を楽しむ企画がある。16日(日)前10からカメラ講座も。入場無料。(問)同公園=0776(58)0100

第33回あわら北潟湖畔花菖蒲(はなしょうぶ)まつり

8日(土)~16日(日)、福井県あわら市北潟の北潟湖畔花菖蒲園。江戸・伊勢・肥後・外国系など300種20万本のハナショウブが次々と咲き、見頃を迎える。ハナショウブの株やメロン、スイカなど地元特産物の販売も。(問)実行委=0776(73)8029

スポーツ

愛知・豊田ラグビーフェスタ2019

8日(土)、9日(日)、愛知県豊田市千石町の豊田スタジアム。9月開幕のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の機運を盛り上げるため、8日はトヨタ自動車ヴェルブリッツ-日野レッドドルフィンズ(後0・30)など3試合、9日は愛知県学生選抜-豊田通商ブルーウィング(後1・30)など3試合を実施。観戦無料。(問)市ラグビーワールドカップ2019推進課=0565(34)6786。

祭

多賀大社のお田植え祭=昨年

多賀大社のお田植え祭=昨年

多賀大社のお田植え祭

2日(日)後1、滋賀県多賀町の多賀大社。五穀豊穣(ほうじょう)を祈る本殿祭に続き、後2からお田植え神事が行われる。田植え歌と田植え踊りに合わせて、菅笠(すげがさ)にはかま姿の早乙女が手植えをする。お田植え神事の拝観料は500円。(問)多賀大社=0749(48)1101

 
御印祭(ごいんさい)=昨年

御印祭(ごいんさい)=昨年

御印祭(ごいんさい)

19日(水)、20日(木)、富山県高岡市金屋町。高岡開町の祖である加賀前田家2代当主前田利長の遺徳をしのび、高岡銅器の隆盛に感謝する。19日の前夜祭で、鋳物師の作業歌「弥栄節(やがえふ)」に振り付けた踊りを法被姿の男性が練り、浴衣姿の女性が流し踊りを披露する。(問)市観光交流課=0766(20)1301

 
清水のちょうちん祭り=昨年

清水のちょうちん祭り=昨年

清水のちょうちん祭り

30日(日)後6~9、愛知県設楽町西納庫の清水地区。夏の悪疫封じを祈願する伝統行事。神火でともしたちょうちんを屋台のササに飾り、はやしとともに津島神社まで引き回す。フィナーレは住民による「ちょうちん取り」で、ササを倒してちょうちんを奪い合う。(問)町観光協会=0536(62)1000

募集

とやま帰農塾

NPO法人グリーンツーリズムとやまは11月まで、富山県内10カ所で農作業や田舎暮らしを中心とした「帰農塾」を開催し、参加者を募集。費用は1泊2日が8600円(学生5800円)、2泊3日が1万5000円(同1万円)で、現地への交通費は参加者負担。名古屋市中区栄の久屋中日ビル3階の県名古屋事務所で、要項を配布中。申し込みは実施日の2週間前まで。(問)同法人=076(482)3161

阿寺渓谷ウオーキング

1日(土)前9、長野県大桑村の阿寺渓谷。受け付けは前8・30からフォレスパ木曽あてら荘。エメラルドグリーンの渓谷沿いに遊歩道を歩く。弁当、飲み物持参。500円(保険料など)。未就学児無料。申し込み締め切りは5月28日(火)まで。(問)大桑村観光協会=0264(55)4566

設楽城砦(じょうさい)めぐり=3月

設楽城砦(じょうさい)めぐり=3月

設楽城砦(じょうさい)めぐり

8日(土)前9~後3、愛知県設楽町田峯の田峯城。1年がかりで9つの城跡を探訪し、戦国時代に思いをはせる町観光協会企画ツアーの第1回。郷土史に詳しい奥三河ふるさとガイドの加藤博俊さんがガイドを務める。中学生以上が対象で定員20人。参加費300円。申し込みは6日(木)後5まで。(問)町観光協会事務局=0536(62)1000

赤沢森林セラピーウオーク

9日(日)前10・15、長野県上松町の赤沢自然休養林。受け付けは前9・45から第4駐車場テントで。ヨガ体験、森林鉄道乗車など内容別に4コースを設定。参加費は一般1000円、小中学生500円、未就学児無料。ほお葉ずしなどの参加賞がある。森林鉄道コースは定員30人で、別に一般500円、子ども(4歳~小学6年生)300円が必要。申し込み締め切りは5日(水)。(問)上松町教委内の実行委=0264(52)2111

里山体験ツアー

23日(日)前8・30、名古屋市のJR名古屋駅からバスで出発。岐阜県白川町のクオーレふれあいの里でほお葉ずし作りやマスのつかみ取り・調理を体験し、同県美濃加茂市のぎふ清流里山公園を散策する。同町の芝居小屋「東座」のアートイベントを見学する別コースもある。両コースとも後6ごろに帰着予定。参加費は中学生以上4000円、小学生2000円。14日(金)までに申し込む。(問)農協観光可児支店=0574(62)1070

 
※祭礼や催事は変更もあります。開花状況などは気候に左右されるので、お出かけの際は確認をお願いします。

旅コラム
国内
海外